人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

紫色

d0094416_23194757.jpg
綺麗に咲きました。
夏の野菜。
家庭菜園をする気はなかったのですが、いつの間にやら置いてきぼりでは仕方ありません。
ちょっと朝水をあげ忘れると、途端に萎れ気味になってしまうので、気が気ではありません(笑)。
さて、これからちょっと時間がたって、見慣れた姿に変身です。
d0094416_23235342.jpg
まだ小さいけれど。
もっと大きくなる予定。
他にも花は咲いていましたし。
実になるって、やっぱり嬉しいものかも。
今朝、獅子唐の花も咲いていました。
白い花。
初めて見ました。
これもいつしか見慣れた姿に変っていくのでしょう。
ちょっとだけ、楽しみ。
でも家庭菜園はこれくらいで(笑)。


どんなにどんなに思っていても
伝わらなければ
曲解されてしまっても仕方がない
言葉だけでは伝わらない
では何で伝える?
姿勢?
それでも駄目なら?
やっぱり言葉


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-10 00:00 | 色々な風景

横浜って結構良いところ

d0094416_5281196.jpg
久し振りの横浜夜景。
友人に誘われて。
行ってみたのはHappy Aperitif in横濱
6月の第一木曜日はアペリティフの日。
そんなことで、横浜のレストランやホテルのアペリティフと美味しいワインやシャンパンを頂いてきました。
立食のパーティで、カクテルやアペリティフはチケット制。でも、ワインは無料(笑)。
予想外にお腹がいっぱいになりました。
それでもまだ話し足りない、時間が足りない私たち。
彼女に連れられて、次に向ったのは、横浜一野菜が美味しいお店。
d0094416_5394269.jpg
美味しそうでしょう?
美味しいのです。
ここの店主が契約農家の畑から、ご自身でその日に使う分だけを収穫してくるのだそうです。
ここの野菜を食べると幸せになれます。
こんなに野菜って美味しいのねって。
蕪なんて、齧ったらジューシーすぎて果物かと思うくらい。
さりげなくぼんっと飾ってある花が春菊や水菜の花だったり(笑)。

こんなものが目印です
by shiki_cappa_m | 2007-06-09 00:00 | 色々な風景

やっぱり好きです

d0094416_1321280.jpg
きっとずっと古いもの。
でもこの龍の顔が好きだったりします。
元来、龍、好きなのです、きっと。
こういうものを身近に置けることが楽しいこと。
雨かと思って、ちょっと諦めかけていたのに、この日は晴れ。風は強かったけれど、予定通り、久し振りに着物でお出掛けです。
d0094416_1375170.jpg
先程の龍はここにいます。
帯締めで。
そういえば、今年初の単衣着物。
でもすぐに薄物の季節になってしまいそう。
帯締め、実は頂き物が多いのです。これも相方さんの実家から頂いたもの。
使う人に使って貰った方がいいから、と。
しっかり活用です(笑)。
着物は高いしお金がかかる。
そう思われがちですけれど。
こうしてずっと使えるものもありますし。大事に着れば、沢山着ればそんなこともない。
こうしたものがなくなってしまうことの損失の方が怖い。
古いものが必ずしも良いものばかりではないけれど、取り戻せない何かを孕んでいるものがあることを、どこかで感じていたいのかもしれません。
普通に生活をして、ごく普通に過ぎていく日常の中に、ちょっとだけでも「昔からあるもの」を含んでいたいのかもしれません。
ただ好きなだけ。
それだけでも十分。
私は着物が好きです。
和物が好きです。
そういう自分ですから(笑)。
さ。
次はいつ着ようかな。
それだけでもわくわくです。


漆黒の闇
それは存外に居心地の良いものかもしれない
漆黒
私には馴染みの深い色だから
光すら邪魔者


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-08 00:00 | 和を愉しむ

伊豆旅行の帰り道はここを通らないとね

d0094416_0125650.jpg
伊豆方面へ旅行へ行くと、帰りにほぼ必ず寄ってしまいます。
そんなにしょっちゅう行く訳ではないのに、こんなミラーやちょっとした交差点が見慣れたもののように感じてしまいます。
d0094416_0131650.jpg
昼前には到着。
沼津港。
まだ観光客もそれほど多くはない。
仕事を終えた漁師さん。
定食屋さんにはそんな人や早くからいる地元の人、そして私たちのような観光客がちらほら。
ここに来て、何かしら買って帰るのが好き。
そう、こんなもの。
d0094416_0321766.jpg
大振りの金目鯛の開き。
d0094416_0331078.jpg
するめやエイヒレも。
干物だけじゃなく、鮮魚もあるけれど、帰り道の時間を考えるとどうしても干物がメインになる。
こういう場所が好きらしいです。
港や市場。
この時は、尾赤鯵の干物としこ鰯の丸干し、小さめな鯵の干物、メローの焼物、黒はんぺん、エイヒレ、桜海老。
少しずつ違うお店で。
何度か行くと好みの店も出てきます。
次に行くのはいつだろう。
ゆっくりのんびり。
市場、港。
きっと色々な事がある。
地元ではないから、その細かい変化も手に取るようには分からないけれど。
またきっと行くでしょう。
また、沢山干物を買いに。


待つ
ただ待つ
ひたすら待つ
そして朽ちる


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-07 00:00 | 旅先のこと

マイナスとマイナスはプラス

d0094416_2346544.jpg
ちょっと苛々したり、嫌なことがあって何をするのも嫌な時。
そういう時もあります。
何もしたくない。
ご飯を作るのも嫌、片付けるのも嫌。
それが限界近くにまでなってしまったら。
何もしません(笑)。
ちょっと一息ついて、ぐちゃぐちゃのテーブルを、自分の目に映る場所だけ片付けて。
ちょこっとチーズとクラッカーを置いて。
クラシックの音楽をボリューム高めで流し。
塗ります(笑)。
そう、塗り絵。
其処だけが明るいテーブルの上。無言でちょこちょこ塗ります。
以前見つけた玩具と一緒に出てきた、数十年前の12色入り色鉛筆で。
たまにグラスのテキーラを。
そしてまた塗ります。
ちょっとだけ、すっきり。
集中するということが、負の心の負担をなくしてくれるのでしょうか。
一見細かい作業は苛々しそうだけど、こんな時はちょうどいいのかもしれない。
マイナスとマイナスをかけるとプラスになるように。

そしてこんなこともしてみます
by shiki_cappa_m | 2007-06-06 00:00 | 色々な風景

情景

d0094416_2333828.jpg
こんな場所も子供には遊び場だった。
きっと昔からそうだったのでしょう。
死者が眠る場所。
其処は子供が笑う場所でもあったのでしょう。
だからこそ、自然と先人を敬う気持ちも備わっていたのでしょうか。
春、桜が舞う頃に撮った1枚です。
お酒を飲みながら桜を愛でている大人たちと、墓地の間を走り回って笑っている子供たち。
其処に眠る人たちは煩くてかなわなかったでしょうね。
それでも苦笑いしてくれているでしょうか。
自分たちもそうだったなあ、と。
きっとずっと昔から変らない風景。
日本だな。
そんな感じ。


貴方に分からない私の暗闇
貴方以外の誰かにそこを曝け出して癒して欲しいと思うことは
貴方を傷つけるのでしょうか


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-05 00:00 | 色々な風景

咲く

d0094416_655892.jpg
d0094416_655214.jpg
咲きましたね。
其処にはいっぱいの匂い。
花の持つ生命力。
d0094416_6562551.jpg
咲いてしまうと、あとは散るだけかと思うと寂しさも感じますが、それもまた良いのでしょう。
立てば芍薬。座れば牡丹。歩く姿は百合の花。
やっぱり私は芍薬が好きですね。


いつか見た風景
そう思うことそのものが幻
幻と現の境目は
すぐ其処に転がっている


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-04 00:00 | 色々な風景

夏に向けた萩

d0094416_0525238.jpg
屋久島萩、というらしいですよ。
綺麗な色です。
d0094416_054640.jpg
ポストの横に咲いています。
私好みの色でした。
でも本当は、夏に咲くらしいのに、もう咲いて…。
早いです。
嬉しいのか、その早さに疑問符なのか。
何も考えなければ嬉しいのです。
考えるのをやめてしまいましょうか。
花は綺麗なうちに愛でた方がいいと。
そうでしょうか。


貴方の代わりはいないという簡単な事実
誰よりも
貴方がその事実に気付かないという
簡単な現実
重く圧し掛かる不安は
其処から生まれるの


施基
by shiki_cappa_m | 2007-06-03 00:00 | 色々な風景

Present for Me~誰か私に花束を!!

私は誰でしょう。
d0094416_2322961.jpg
すぐお分かりになりますよね。
d0094416_2322333.jpg
d0094416_23224243.jpg
この時期に欲しくなる。
もう何年もずっと訴えているのですが、一度も買って来てくれたことはありません。仕方がないからまた自分で買ってきてしまいました(笑)。
芍薬。
真っ白な芍薬の花束が好きなのです。
大きな白い芍薬の花束貰うのが夢なんだけどな。
男性が花束抱えて歩くのも素敵だと思うのですよ。背筋をピン、と伸ばして颯爽と歩くのが。
もっと男性が普通に花を買ってくれればいいのに。
特別じゃなくても。
普通の日になんとなく。
いい男はきっとそういうことも出来る筈!
なんて。
そんないい男はそういないのでしょうね。

花束で
by shiki_cappa_m | 2007-06-02 00:00 | 色々な風景

せんげんさんちのお友達

d0094416_23551037.jpg
此方は浅間さんの信玄桜。2代目だそうですよ。
此方は武家の信仰も篤い神社だそうで、信玄公が寄進した桜だそうです。2代目とは言え、現代まで生き続けているのですね。
浅間さん、鶏も放し飼いでした(笑)。何処からともなく現れるのです。
池には水鳥もいましたし。
d0094416_003456.jpg
なかなか美人でしょう?
何処を見ているのでしょうね。
d0094416_013956.jpg
ここにも男前な子が。
いえ、なんだか食いしん坊にも見えますね。男前と言うよりはやんちゃ坊主、でしょうか。
d0094416_025839.jpg
此方の方が男前!
ちょっとだけ老獪なような。でも本当は若い子だったら、どうしましょう(笑)。
そして。
d0094416_054959.jpg
何処でも同じなのでしょうか。一袋50円の鳩の餌。それを持つ子供の周りはいつしか鳩だらけ。
ちょっとだけ怯えながらも餌を撒く姿は愛らしいですね。
隣にいたおばあちゃんに餌の撒き方指導、されていました(笑)。

そして勝手にショータイム!
by shiki_cappa_m | 2007-06-01 00:00 | 旅先のこと