館山からの贈り物

d0094416_16471651.jpg
ちょっと館山のことを書いたのでそのまま続きを。
もう先月半ばのことですが(笑)。
「車で何処かに行きたい」と言う相方さんと、ちょっと海を渡って千葉まで行ってきました。
快晴、とはいかなかったけれど、それなりに気持ち良く走りました。
d0094416_16494721.jpg
館山の、小さな灯台。
d0094416_16504653.jpg
その先の海。
んー、相模湾とは違う気がします(笑)。
だってやっぱり広いかな、太平洋!
この時の千葉、一人じゃなかったのに色々な人に声掛けられてた気がします。
駐車場の警備員さんとか、店のおばちゃんとか。
そうそう、素敵なわらしべも!
d0094416_16533256.jpg
これ!
大きさは分かりにくい、かな。
50㎝はある筍。
ふらりと立ち寄った海近くのお食事処で、食後、車に向かう途中のこと。
恐らくお孫さんとおじいちゃん、という二人連れに「可愛いなあ」と何気なく手を振って車に乗り込んだところ、
『とんとん』
と、窓ガラスを叩く音!
びっくりして窓を開けるとそのおじいちゃんが!
「何処から来たんだい?」
「あ、ええーと、〇〇からです」
「そうかあ。……筍持っていくか?」
「…え?」
「持ってくるからちょっと待ってなさい」
「あ、いえいえ、行きます!!」
慌てて車を降りて着いて行きました(笑)。
おじいちゃん、さっきのお店の裏の方へと行きます。
「おおーい!お客さんに筍やるから、何処だあ?」
あら?
此処の方?
「はいはい、あらあら、其処に袋があるでしょー?」
とおばちゃんの声。
あ、さっきお食事処にいたおばちゃんだわ。
「何人?お二人?じゃあこれでいいかしら?これねえ、さっき社長が山で採って来たばっかりなのよ。ねえ」
あら、おじいちゃん、社長さん?
社長さん、お孫さんの子守だったのね。
そういえばこの子、さっき其処の道路で遊んでいたような…。
「筍、分かるよね?」
と、茹で方とか調理とか色々教えて下さって、にこやかに見送ってくれました。
可愛いお孫さんと一緒に。
んー、びっくりラッキー(笑)。
車中、相方さんには
「何かを貰うの、得意技だね」
……なんで??
こんな大きな筍、茹でる鍋どうしよう?とか色々考えながら気分はわくわくでした(笑)。
その日は早速筍ご飯。
勿論、まだまだあります、筍。
暫くは色々筍料理を楽しめました。
嬉しい千葉の幸です。
ありがとう。




d0094416_1775471.jpg
そして、先日の花瓶の坊主と姫。
花摘みさせて頂きました。
ポピー畑。
d0094416_1784790.jpg
d0094416_1793976.jpg
d0094416_1710784.jpg
「咲いていない蕾を摘んで下さい」
と看板が立っていました。
そうですね、あっという間に咲いてしまいましたもの。
こうして咲いている姿を見ると、またちょっと格別。
摘んでしまうのも可哀相な気もしたけれど、我家でもう一花咲かせてね、と、幾本か。
翌日には窓辺を飾ってくれました。
なかなか楽しかった千葉。
フランス旅行記も中途半端だけれど、千葉がもう一回、続くかも(笑)



過ぎ去る景色
もう過去のこと
だから鮮やかに色濃く残る


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-05-06 00:00 | 旅先のこと


<< 空を飛びたい、かな? 坊主は姫の仮の姿 >>