旧岩崎邸庭園・倭の巻

d0094416_0275824.jpg
洋館から和館に続きます。
太い梁のある渡り廊下から、中庭を。
がらりと雰囲気が変わります。
d0094416_0282830.jpg
実っているのは、小さな柿の実。
んー、渋そうです(笑)。
d0094416_0292633.jpg
座って中庭を眺めていましたが、障子の隙間からちょうど陽射が。
ほのぼのと気持ちが良い。
d0094416_0304091.jpg
書院造りの和館は、完成当初は550坪のお屋敷だったそうで!
想像がつきません、550坪…。
もう大分色褪せてきてしまっていますが、襖絵はきっと見事なものだったことでしょう。
洋館も素敵だけれど、こういう和風建築、大好きです。
だって、いつかの夢は平屋で広い縁側のあるの日本家屋、勿論庭付きに住むことだったのですから(笑)。
d0094416_0342447.jpg
広い庭に出て、まず目に付いたのがこのモッコクの木。
この実が気になって。
なんだか可愛らしい。
d0094416_0361344.jpg
「ハイジのおじいさんの家みたい」
友人の直感は当たらずとも遠からず。
スイスの山小屋をイメージして作られた撞球室、ビリヤード室です。
中には何もありませんが、此処は地下道で洋館と繋がっているそうです。
地下道…。
それだけでわくわくした気分になりませんか?
d0094416_0383540.jpg
この長椅子だけがなんだかオールドアメリカンな雰囲気でちょっと違和感だったのですが…。
d0094416_0401045.jpg
最後にもう一度、撞球室から洋館を。
なかなか楽しい庭園散歩。
此処はあまり庭園という感じではありませんでしたけれど。
建物探訪、楽しめました。



朝が早いと夜が長い
いつもの時間を持て余してしまう
得した気分を味わえないのは何故だろう
夜はまた早々にやってくる
朝もまた


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-09-29 00:00 | 観ること


<< 身体が嬉しい食事 旧岩崎邸庭園・洋の巻 >>