神泉町のガレット屋さん

d0094416_23574652.jpg
蔦がくるくると絡まる。
此処の建物は知っている。
ずっと前、通勤路だった道沿いに、けれどその中は変わっていて、いまはガレットリアというクレープリー。
先日音楽を聴きに行った時、開演前に寄ってみました。
なんだか懐かしいような、不思議な感じで。
d0094416_01238.jpg
フランスの田舎町に来たような。
なんて、フランスになんて行ったこともないのですけれど(笑)。
でもそんな雰囲気。
d0094416_015849.jpg
燭台、そう呼びたい。
白い壁に木の温かみのあるテーブルと椅子。
2階の窓からちらりと見える景色の方が違和感を感じてしまいそう。
此処のインテリアは、すぐ近くのインテリアショップで取り扱っているものなのだそうです。
統一感のある場所は落ち着きます。
時間も時間で、それほど混み合っていなかったので余計にそう思うのかもしれません。




d0094416_065313.jpg
ガレット!
久し振りです。
くちゅっと黄身を潰して頂きます。
トロット美味しい。
ガレット、クレープだから、なんて思っていると大変です、充分空腹を満たしてくれます。
此処、ランチセットでお食事ガレットとデザートクレープ、ドリンク付のセットとありましたが、きっとそんなに食べられません…。
でもちょっと嬉しいのが、ちょこっとした小皿があること。
ラタトゥユやピクルス、そんなもの。
そう、勿論頂きましたよ、シードルも。
オーガニックシードル。
やっぱりガレット食べる時には欲しくなっちゃいますね。



知っている場所が知らない場所になる瞬間がある
君が知らない人になる瞬間があるように


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-09-10 00:00 | 食道楽なこと


<< 再び美術館へ誘われて 車でGO! >>