なんだかこの空が恋しい

d0094416_22181399.jpg
夏の名残さえもないままに急に秋のように涼しくなって。
けれど時折感じるむっとする暑さはやはり夏そのままの、湿気を孕んだ空気。
不可思議なほどに不安定な天気、あんなに暑さを拒んでいたのに、その暑ささえも懐かしく感じてしまうのは、人の我儘さなのでしょうか。
夏は短い。
あっという間に過ぎていく。
今年こそは、氷屋さんで美味しいかき氷を食べようと思っていたのに、またしてもその機会はないままに、暑い夏の日は終わってしまうのです。
酔っ払って帰った夜の「ガリガリくん梨味」が寧ろこの夏一番氷っぽかった…。
天然氷の宇治、いちご、また来年の楽しみに。
d0094416_22234751.jpg
シーサーの周りに散らかってしまった欠片たち。
片付かないままの夏の終わり。
あの陽射はもう来ないかな。
子供たちのプール遊びももうお仕舞いかな。
ずるずると先細ってしまったような夏休み。
なんだか寂しいような気もするけれど、でも9月になってまた暑くなるなんて、それはそれでまた大変なんだから。
結局どうしたって色々言いたくなっちゃうの。
なんだかんだで夏は楽しみだから。



ボールを蹴って帽子を飛ばして
多分空までも飛んで行けた
イカロスの羽がなくても


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-08-29 00:00 | 或いはヒトリゴト


<< 清涼一滴 とろっとしてふわっとしてあちっ! >>