わんぬうちなーたいむ~難攻不落のグスク

d0094416_22373239.jpg
きっと今回、私が一番好きな場所。
また来てしまうであろう場所。
此処が私にとって沖縄になってしまいそうな(笑)。
今帰仁城跡へ。





d0094416_22402470.jpg
とは言え何から…。
周囲を城壁に囲まれ、その眺望の素晴しさは溜息が零れます。
d0094416_22435188.jpg
この城壁の美しさったら!
恐らく、可能な限り一番端っこまで駆け上っていたのは、私だけでした(笑)。
確かにね、足場は悪いし道はなかったけれど。
あそこからでも十分その景色は味わえるけれど。
此処の方がもっといいのに。
勝手に私はそう申しておりました(笑)。
勿体無いなあ、なんで皆来ないのでしょう。
だって。
d0094416_22461495.jpg
見上げるだけじゃきっと分からないもの。
此処が美しいのなんて。
圧巻のこの美しさ。
見上げればそびえる壁があり、足許の急な勾配のその先には更に城壁と深い森。
触れないと。
出来ることなら、あの城壁の上の部分を歩いてみたい、そう思ってしまいました。
d0094416_22491480.jpg
城がなくなった後も此処は聖なる場所として参拝者が絶えない。
それも何処かで理解出来るような。
火の神を祭る祠があり、御嶽として信仰を集める場所。
d0094416_2255225.jpg
海と空が混ざる点。
城の横を流れる川の先に。
この山の向こうに。
d0094416_2312282.jpg
ゆっくりと旧道を下ります。
なんだかとても名残惜しくて。
でも下れば下るほど、今の空気が濃くなって。
志慶真門郭や大庭で感じたものがずっと遠くに感じてしまったけれど。
いつから此処に建てられたのか、それさえも分からない今帰仁の城。
辿れない琉球。
来て良かったなあ、沖縄。
それは此処があるからかもしれません、私には。
城マニアですし、私(笑)。
なんて満たされた時間。
d0094416_2393435.jpg
おまけ。
出口付近のほんまもんのジュースやさん。
サトウキビ、自分で絞って飲むんです。
勿論機械でですけれど!
ほんまもん、ですね。



見る映像は同じだとしても其処から得るものは人其々に違うのだから
例えば美しいと思うかおぞましいと思うかそれは紙一重
同じ感性なんてありえないことを念頭に生きていけば少しは幸せになれるかもしれない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-05-07 00:00 | 沖縄にて


<< わんぬうちなーたいむ~花便り わんぬうちなーたいむ~愛しの愛... >>