洗練されてなんかいなくたっていいんです!

d0094416_21464996.jpg
知らない町でたまたま入ったお店が思いの外美味しいと、とっても幸せな気分になりませんか?
そんな気分のお話です。
ある友人と町歩きをしたのです。
生憎の雨、でも町並みを楽しみながら結構ご機嫌でした(笑)。
傘を差しながら歩いていて、最初に目に留まったのは「絹うどん」の看板。
そして美味しそうな出汁の匂い。
「どうする?行ってみる??」
店の前には手打ち蕎麦の看板も。
お店に入って、最初に「あ!」と思ったのは、此処の水の美味しさ。
まろやかで美味しい。
軟らかいお水。
そして私は鴨南蛮蕎麦。
友人は鶏卵とじ蕎麦。
ご覧の通り、田舎蕎麦。
量もたっぷり!
ちょっと甘めの出汁、不揃いな太めの蕎麦。
よく見ると色々なものが入ってました。
隠元やら椎茸やら(笑)。
お腹いっぱいになりました。
美味しかった!
何も知らずに偶然見付けた美味しいお店、ちょっとした嬉しいこと。
この日は色々な良い偶然が重なって、とても良い日になりました。
さて。
私はどちらの町へ行ったのでしょう?



何もない
空っぽの箱
何も入らない
大きな箱
小さな箱に
入る箱


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-23 00:00 | 食道楽なこと


<< 見世蔵の町 戦利品はないけれど、こんな日も... >>