伊豆吉奈・朝の膳

朝御飯は出来ればきちんと食べたい。
でもいつもは朝は品数が少ない。だって、早起きしてそんなに沢山作れない。
旅館の朝御飯って、普段食べていなくても食べられてしまうのは何故だろう。
d0094416_23571298.jpg
d0094416_23572540.jpg
ちょこちょこ沢山。
これが理想的かもしれない。
この山葵漬けが美味しくて。
この梅干は自家製だそう。敷地にある梅の木から。
d0094416_23593973.jpg
やっぱり鮭は嬉しい。パリッと皮まで頂きます。
d0094416_003627.jpg
甘い味噌の田楽。
d0094416_01944.jpg
この茶碗蒸し!
出汁がいいのでしょうね。するりと滑らか。
d0094416_02780.jpg
d0094416_022453.jpg
上の器にはきんぴらごぼう。
そして下のお鍋はきしめん。
シンプルに白菜とお豆腐とつくね。
これだけでも凄い量。お腹いっぱい。
でもさらに白いご飯と蟹の味噌汁があるのです。食べましたけれど、何か?
不思議なもので、旅館のご飯は食べてももたれないので、しっかり食べられます。
朝御飯の前と後に温泉に入るので、消化も早いのでしょうか。暫く何も食べなくてもいいや、と思うのですが、昼過ぎにはいつも通り。
山葵漬はお土産に買って帰りました。
やっぱり温泉はいいですね!


静かな夜
静かな朝
車の音もなく鳥の声もない
ただ聞こえるのは
波の音


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-05-18 00:00 | 旅先のこと


<< 真っ赤で美味しくてきらきらしたもの 朝と夕方 >>