人気ブログランキング |

一つのお仕舞い

d0094416_18555041.jpg
今年一番の衝撃且つ悲しかったこと、と言って過言ではないと思う。
彼是もうかなり長い間、何処にお持たせしても間違いがないと思っている洋菓子店が35周年を持って閉店してしまった。
知人からその数週間前に知らされた私、密かにさよならフレイ週間が始まった。
まあ、名残惜しんでケーキを買って楽しむ、と言うだけなのですけれどね。
いつもそこにあって、何かの時には頼りにしている、大事な店がなくなるというのは、淋しいし悲しい。
もっともっと買いに行けばよかった、あの日の誕生日ケーキ、クリスマスは此処だから、なんて思わずに此方にすればよかった(だってクリスマスケーキはもうないのだから)。
でも仕方がない。
せめてちゃんと覚えていよう。





d0094416_1924778.jpg
本当に最後の最終日、ショーケースには何もない。
焼き菓子もチョコレートも。
予約済のケーキの横に、ささやかにパンプキンプティング2個とコルネがあった。
「ひょっこ奥から出てきたのよ」
それにかすかなご縁を感じつつ、プティングとコルネを買う。
感傷的になって泣きそうになってしまう。
でもマダムはどこか清々しく朗らかだ。
また何かの機会に巡り会えることに期待を残し、ありがとうございます、と感謝の思いを込めて。



施基
by shiki_cappa_m | 2014-12-09 00:00 | 或いはヒトリゴト


<< 今年は虎ノ門ヒルズ 温泉と景色と食と~松崎から仁科... >>