祝いの席の幸せな時間

d0094416_1653239.jpg
ほろ酔いで訪れたのは、rさんの友人宅。
その友人tさんのパートナーの誕生日祝いの席に初対面の私も同席してしまう展開。
tさん自ら腕を振るって魚を捌く。
心地良い酔っ払いの私たちは勝手にハッピーバースデーを歌う(笑)。
d0094416_16102324.jpg
美しいサヨリ。
d0094416_16105850.jpg
そしてほうぼう。
これを煎り酒で頂く。
煎り酒、江戸の頃には醤油よりも一般的に使われていたとも言う調味料、初めて刺身を煎り酒で頂いたのですが、これがまた美味しい。
後日、早速自宅で作ってみた。
しばらくはこれにはまりそうな予感。
d0094416_16132260.jpg
そしてとびうおのたたき。
柚子と胡麻が利いてこれもお酒に合う。
魚って美味しい。
他にも、蓮根煮、こづゆ、豆腐の味噌漬け、ああ、等々卓に乗り切らないほどいっぱいのご馳走。
楽しく沢山飲んで食べて、なんだかとても満たされた時間を過ごしました。
心地良かったなあ。
ちくたく響く壁時計の音も何処かノスタルジックで薄明るい灯りがまた色々なものをやわらかくしてくれていた。



うすぼやけて行く貴方の背中
記憶なんてどこまでも頼りにはならない儚い頼みの綱なのに
すがりたくなるのは私の弱さ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-04-01 00:00 | 鎌倉にて


<< 雨のち桜 蕎麦屋に行ったのに! >>