一生一度は~一番願ったかもしれない

d0094416_10232356.jpg
おはらい町を通り抜け、次に向かったのは此方、猿田彦神社
みちひらきの神、この先も良い方向へ進んで行かれますように。
向かい合うのは佐瑠女神社、芸事と縁結びの女神さま。
ひっそりとしっかりと、誰かさんの縁を祈願して(笑)。
d0094416_10283083.jpg
裏手に回ると御神田がありました。
d0094416_10293316.jpg
稲穂も美しく。
豊かに実る、気持ちも豊かになる気がしますね。
d0094416_10303713.jpg
そして更に歩いた先、それは月讀宮、内宮の別宮です。
此方も静かな森に囲まれた静かな場所。
月讀尊、月讀尊荒御魂、伊弉諾尊、伊弉冉尊が、並んで祀られています。
此方の空気、私は好きだったな。
伊勢を巡るのももう終わり、そう思うとなんとなく淋しい気にもなる。




d0094416_10402843.jpg
再び電車に乗って移動!
折角来たのだから、もう少し足を伸ばそう。
d0094416_10414622.jpg
良い眺めでしょ?
2泊目の宿は鳥羽湾に浮かぶ
伊勢湾の海の幸を満喫させて頂こうと、今回は夏の岩牡蠣と赤雲丹をお目当てに(笑)。
d0094416_1046118.jpg
手の込んでいる洗練された料理じゃないけれど、猟師町の素材を贅沢に楽しむ品々、これでもかの海の幸攻撃に、久し振りにはち切れそう(笑)。
相方さんは倒れ込んでいましたね。
いやあ、美味しかった!
静かな島、夜は暗く静かで星が綺麗。
良い島。
島、色々不便もあるだろうけれど、いいな、と思ってしまうのは観光客の勝手なのでしょうね。
でもいいな!



ぐるんぐるん
転寝のちょっとした隙間に見た夢で目覚めた私は目が回っていた
夢は覚えていないのに


施基


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-17 00:00 | 旅先のこと


<< 一生一度は~伊勢湾もいい 一生一度は~おかげさまおかげさ... >>