さくらんぼコンサート

d0094416_6572624.jpg
「急なのですが、この日は空いてますか?」
そんなメールを頂いたのは数日前。
勿論喜び勇んで出掛けます。
注目の若手ピアニスト、ダニール・トリフォノとの、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番。
事前の解説で「熱い」と言っていたのが分かるなあ。
ピアノ壊れちゃうよ?くらいに激しく、最終的には第3楽章、とても楽しそうに幸せそうに弾いていたのが印象的。
若い(笑)!
これからが楽しみ。
そしてブラームス交響曲第2番。
激しさよりも雄大さ。
ブラームスはやはり好き。
たまに、あれ?という音もあったけど、まあ、ご愛敬の範囲内。
冒頭の、山形交響楽団40周年記念委嘱曲の、弦楽のための悲のメディテーション、これはちょっと不思議な感覚。
最初のヴァイオリンの音で、なんと言うか、脳をくるくると細い棒でかき回されるような、不快ではないけれど不可思議な感覚。
でも弦だけの音、それはまた一つの世界観があるのだな。
何はともあれ満喫!
やっぱり生はいいなあ。
誘ってくれてありがとう。




d0094416_8571426.jpg
生と言えば(笑)!!
一緒に行った友人もお酒は大好き(笑)。
ちょっと軽くね、少しだけ。
ブリティッシュパブでちょっとだけよ。
d0094416_8583513.jpg
大好きなヒューガルデンもあるわ。
結局飲み足りない気持ちを引きずりつつ、終電ちょこっと前で帰宅の途。
久しぶりに美味しいビール。
楽しい時間。
おしゃべりも尽きず。
良い時間!
実はこのコンサート、抽選でさくらんぼが当たるのですが、友人はしっかり手中に収めていきました。
私?私は…くじ運弱いのです(笑)。



気付くと距離が近くなる
そんなもの
遠くなるのもそんなもの


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-06-28 00:00 | 音を聴く


<< 久しぶりすぎてちゃんと着られる?? これからもどうぞご利用下さいまし… >>