くつくつ煮たもの

d0094416_950963.jpg
少し小粒でやや傷ありだけど、それくらいで良い。
シャリシャリと皮を剥く。
d0094416_9513741.jpg
毎年懲りずに、毎年作りたくなる。
そして毎年入れるものが少しずつ違うし分量も違う。
出掛ける前の午前中、くつくつと煮る。
甘酸っぱい匂いだ。




d0094416_9541144.jpg
翌朝早速パンに乗せる。
ジャム作ったんだからパン買わないと!と、前の日夕方、パン屋に駆け込んだ。
酸味がちょっと効いているかな、と最初瓶詰め時は思ったけれど、寝かせて落ち着くとそうでもない、丸くなる。
甘すぎず、を目指しても、ある程度の砂糖は必要。
いつも、こんなに入れるっけ?と思いながら作っているけれど、それを思うと市販されているものってどれだけの糖分が入っているのだろう。
最近は色々なジャムも売っているから一概には言えないけれどね。
d0094416_9593229.jpg
まずは7瓶。
幾つかは友人宅へ。
また美味しいパンを買いに行かないと。
最近、朝食はパンが多いなあ。



多分本当に大事なことはたった一つなはずなのに
そこに行き着くプロセスが多すぎてそれが大事な何かを霞んで遠く朧げなものに姿を変える


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-03-12 00:00 | 食道楽なこと


<< いよっ!待ってました、六代目っ!! 揚げる難しさ >>