そんな宿ご飯

d0094416_17242116.jpg
夜はやっぱり日本酒(笑)。
伊豆の地酒。
お楽しみのお食事は幾つか抜粋。
d0094416_17252123.jpg
まずはお造り。
ホントはその前に前菜でマリネがあったのですけれど。
鮪、真鯛と…何だっけ??
不覚!!
そして金目鯛のお造りは別皿で。
やはり海のものは美味しい。
d0094416_1729298.jpg
伊勢海老黄金焼き。
ちょっと冷めていたのが残念でした。
でも海老味噌はやはりくーっと日本酒が進みます(笑)。
d0094416_17302610.jpg
この辺が和洋折衷。
浅利のフラン仕立てに金目鯛。
洋風茶碗蒸し、といった風かな?
口にすると、浅利の風味がふわっと。
d0094416_17334645.jpg
和牛のステーキ、伊豆牛ではないのかな?
なんてちょっと意地悪なことも考えたりしてしまうのは、ちょっと意地悪なのかなあ、私(笑)。
思ったよりもしつこくなくさっぱり頂けました。
d0094416_1735352.jpg
私的にメインはこれ!
鮑のバターソテー。
ふふふーん。
ライムをちゃっと搾って…幸せ。
肝も濃厚でバターの香りも良くて。
しっかりソースも全部、洗ったのかい!と言うくらい綺麗に完食です。
此方の食後の珈琲は、各テーブルでサイフォンで淹れてくれました。
サイフォン珈琲は久し振り。
そういえば、このお宿では、お部屋にはコーヒーミルと豆がありました。
それも美味しかったな。




d0094416_17404765.jpg
生憎の空模様ですが、朝から乾杯!
いやいや、酢のドリンクです。
朝の胃を目覚めさせてくれる小さなグラス。
d0094416_1742961.jpg
はちみつ梅とイカ墨漬の大根。
ちょっとこくのあるたくあん、かなあ。
でも私は意外と好き。
朝ご飯は、鯵の干物にかんぱちのお造り、卵焼き、しらす、のりの佃煮、小鉢が3つ、あら汁と。
d0094416_1745109.jpg
何故か料理長のサービスに鰤のソテー。
これは、朝ご飯?
でも食べちゃいましたけれど(笑)。
白いご飯が欲しくなりました。
あるじゃないって?
d0094416_1747051.jpg
此方ではご飯が選べて、白飯、抹茶粥、お粥から選べるのですけれど、私は抹茶粥を選んだのでした。
これが!
見た目と予想に反して(笑)美味しかった!
なんだろう、出汁の効いた抹茶?
苦味と甘味が良い具合でバランスが良かった。
旅先の朝ご飯って、何でこんなに食べられるのでしょうね。
お湯にも入るからかな。
上げ膳据え膳だからかな?
今回は私の宿選びの基準からはちょっと側道へ逸れた感じの宿選び。
色々思うこともあるけれど、のんびりゆっくり良い気分でいられたから良かったな。
写真にはないけれど、露天風呂は景色が綺麗で本当に気持ちが良かった!
日本人はお風呂好き。



大丈夫大丈夫
いつかまた一緒に何でもないあの街を何でもなくボーっと散歩しよう


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-04-23 00:00 | 旅先のこと


<< これでも乗るか?!海から山へ 伊豆北川へ >>