上海蟹 de 忘年会 in 神保町

d0094416_984927.jpg
12月になると急に忙しくなったような気がする。
そんな中、友人夫婦と忘年会。
いや、忘年会は理由付けでしょうか(笑)。
これが食べたいから会いましょう、季節的には忘年会という名目で。
訪れたのは神保町の咸亨酒店
何が食べたいか?
それは、この時期ですもの、あれですあれ!




d0094416_9142588.jpg
d0094416_9144036.jpg
まずは前菜を。
くらげと筍の和え物と、帆立と黄ニラ。
さっぱりやさしい。
と言うのも、友人(夫)、二日酔いで参戦です(笑)。
最初はゆっくりさっぱりしたものが良いと。
それはそうですよね。
飲めないなあ、と言いつつ、頼んだのはノンアルコールテイストビール。
気分だけでも乗っかりたい、と言うところでしょうか(笑)。
らしいと言えばらしい彼です。
d0094416_918368.jpg
これ!
でしょ?!
食べたかったものといえば上海蟹!
今はもう雄が美味しい時期ということで大きめサイズの雄2匹。
これからじっくり蒸していきます。
ふふ、楽しみ!
d0094416_920549.jpg
その前に。
活雌上海蟹の老酒漬け。
二日酔いだって言ってるのにね(笑)。
甘くて美味しい。
きゅーっと吸い込む。
老酒の良い匂いにくすぐられる。
その頃には。
d0094416_924273.jpg
紹興酒でしょ!
二日酔いだなんて言っていたくせに、いつの間にやらちゃんと飲んでる友人(笑)。
ま、そうなるとは思っていたけれどね。
この紹興酒も美味しかったな。
美味しい紹興酒を飲むと、やっぱり良いなって思ってしまう。
d0094416_9261415.jpg
ちょっと汗ばむ麻婆豆腐。
d0094416_9265761.jpg
来た!
上海蟹!!
d0094416_9272272.jpg
店の方が食べ方を教えてくれて、割ってくれます。
もう、ここから無口…(笑)。
もくもくと蟹と格闘。
たまに溜息感嘆。
窒息してしまいそうなほど濃厚な蟹味噌は忘れられません。
窒息って!と思うかもしれませんが、あのねっとりとした濃い蟹味噌、濃すぎてそんな感じなのです(笑)。
ホント、美味しい!
でももし、1人1匹食べていたらもっと沈黙が長かったのかと思うと…ねえ。
d0094416_9315481.jpg
中華に来たらこれは外せない、と友人(妻)。
小籠包。
じゅわっとあつあつ。
お腹いっぱい。
幸せ。
2人よりも4人、その方が色々食べられて楽しい。
満足!
…と?
d0094416_9353332.jpg
そこでここを勧めてくれた友人からのメールに気付く。
「いやー、あそこの蟹味噌あんかけ炒飯は忘れられないよね!」
…え?
撤収撤回再会議(笑)。
もうお茶も貰って落ち着いたのに、こんなの読んじゃったら帰れない!
「すいませーん、蟹味噌あんかけ炒飯!」
まさかのこのタイミングの追加(笑)。
しかも米!!
彼女はデザートの白玉も頼んじゃった後なのに(男性陣と私はこれは遠慮)!
でもね、やっぱりこれは美味しかった!
ちゃんと蟹味噌、いるじゃない。
きらきら。
もう本当にお腹いっぱい。
とても楽しくて美味しい時間でした。
ああ、幸せ。
美味しいのも大事だけど、一緒に楽しい時間を過ごせる人たちがいるのは本当に感謝。
さて、新年会はいつにする?
早速手帳を開く私です(笑)。



新しいものを入れるために古いものを捨てよう
思い出も想いも一緒
捨てるって
結構大事でなかなか出来ないこと
だから思い切って
あなたごと


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-12-09 00:00 | 食道楽なこと


<< 新宿イルミネーション 着物屋さんと着物と色々なモノのこと >>