六義園流桜

d0094416_964951.jpg
向かったのは六義園
そう、ちょっとこの桜が見たくなった。
晴れの予報だったけれど、生憎曇空。
雨が落ちてこなかっただけでも良しとしようかな。




d0094416_9112070.jpg
エドヒガンが変化したという枝垂桜。
少し濃い桜色。
軸のほの朱色も綺麗。
d0094416_9132034.jpg
ほぼ満開。
流れるように咲く桜。
d0094416_9141592.jpg
所々に緑色。
d0094416_9145044.jpg
まだ綻んだばかりの枝。
d0094416_9155948.jpg
支柱を数えたら11本。
d0094416_917294.jpg
d0094416_9174989.jpg
こんもり咲く。
この感じは枝垂だからこそなのかな。
たおやかな感じ。
d0094416_9214611.jpg
平日とはいえ、やはり人は多く、桜の下は大混雑でした。
けれど、意外と皆さん優しく譲り合い。
良い桜だ。
d0094416_9241444.jpg
名残惜しい。
そう思うからこそまた待ち遠しく思う季節が来る。
桜の思う壷だ。
儚く散っても桜の勝ち。
いいさ、負けるが勝ちと、言う都合のよい言葉も日本にはあるのだから。
だから桜。
あと少しの間、見事に咲いていて。




漫ろに歩くのは
夢を見たくないから
夢が現に降りてくることを待っていたいから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-04-02 00:00 | 色々な風景


<< 宵闇桜から夜桜酔桜 お久し振りね、ふーみん! >>