まちの珈琲豆屋さん

d0094416_958615.jpg
珈琲豆を挽く。
結構この作業が好き。
珈琲よりも紅茶党だけれど、珈琲な気分の時もある。
近所の珈琲豆屋さんで買った豆。
此処は注文してから焙煎してくれる。
その間、1杯の珈琲を淹れてくれる。
雑誌を読んで待つもよし、水槽の熱帯魚を眺めて待つもよし。
その間の焙煎している良い匂いと炒る音。
お客さんが来た時になるドアベルの音や話し声。
小さな町の珈琲豆屋さん。
d0094416_103216.jpg
さっき、待っている時にも1杯飲んだけど(笑)。
久し振りにカフェラテにしてみた。
フランスから連れ帰ってきたカフェオレボウル。
ミルクを泡立てるだけで口当たりも味も甘くなる。
ほっとする。
これはミルクの技なのか、珈琲の腕なのか。
ともあれ、こういうことを楽しめるのは幸せなこと。



君の見えないところでこんなに僕は変わる
きっと君には分からない変化
それだけ君は僕を見ていない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-03-25 00:00 | 或いはヒトリゴト


<< 待つ身も楽し 桜花 南葉山のプリン屋さん >>