戸栗から山種へ

d0094416_8392625.jpg
もう散りそうな白木蓮。
友人と美術館はしごの日、戸栗美術館前の花。
久し振りに器の展示を観る。
伊万里。
んー、欲しくなります(笑)。
石畳文の角皿、一番のお気に入りでした。
d0094416_8425555.jpg
そして、歩いたりバスに乗ったりしながら山種美術館へ。
んー、やっぱり私は栖鳳の方が好きだなあ。
「艶陽」という絵が好きだったのだけれど、やはりミュージアムショップには絵葉書はありませんでした。
残念!
まあ、でも、ねえ。
蛇の絵ですからねえ(笑)。
松園の絵も数点ありました。
ほくほくな美術館でーと。
最後に併設のカフェでお茶。
松園の「牡丹雪」をイメージして作った和菓子だそうです。
ふふ、すっきりと甘い。
ほんのり甘い香り、金箔がささやかに浮いたお茶。
ああ、日本茶って、やっぱり美味しい。




d0094416_851355.jpg
そう、ポケット状態(笑)。
携帯電話やらカードやらパスモやら。
袂にはハンカチやら手袋やら。
流石に化粧ポーチは挟めないけれど(笑)。
魔法のポケット。



気付くと夜は明けていた
そんなものだよ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2010-03-20 00:00 | 観ること


<< 恵比寿でEBISU ある朝の風景 >>