タグ:寺社 ( 73 ) タグの人気記事

東慶寺の花

d0094416_633164.jpg
入梅直後梅雨の晴れ間のとある休日、都内から遊びに来た友人夫婦プラス姫。
一泊施基亭飲んだくれた翌日、折角ならば何処に行く?と、ご夫人の希望で鎌倉東慶寺へ。
d0094416_6365222.jpg
紫陽花の季節ですね。
このタイミングで鎌倉に来られるとは思っていなかったのでちょっと嬉しい。


少し歩こう
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-06-15 00:00 | 鎌倉にて | Comments(6)

ちょっと足を延ばしてお隣まで~昌徳宮②

d0094416_1021252.jpg
東宮を挟んで少し離れたこのエリアはまるで雰囲気が違う。
楽善斎、錫福軒、寿康斎。
楽善斎が憲宗、錫福軒が金氏、寿康斎が純元王后の住まい。
d0094416_1025857.jpg
第24代王憲宗が寵愛する側室と敬愛する祖母の為に作られた、そうです。
書が好きでつましい生活を好んだ、というのも分かるような気がする建物。
でも側室の為に家建てちゃうのね(笑)。
華やかで鮮やかな王宮も素晴らしいけれど、私はこういう雰囲気の方が落ち着く。


細工は綺麗
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-04-22 00:00 | 海の向こう | Comments(0)

ちょっと足を延ばしてお隣まで~昌徳宮①

d0094416_17024100.jpg
鮮やか!
青い空にくっきりと映えるというかちかちかするような鮮やかな色彩。
世界遺産でもある昌徳宮
d0094416_174499.jpg
日本語ガイドは此方へ。
d0094416_1762814.jpg
この仁政殿は、主に国の重要な儀式を執り行っていた場所ということ。
宮殿の前の広さがそれを物語っています。
石に刻まれた字は、位を表しているのでしょうか。
今回の旅で唯一訪れた古宮、とても広くてのびのび。
今回は残念ながら後苑へは行きませんでしたが、次回は是非行ってみたい。


くるくると王宮へ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-04-20 00:00 | 海の向こう | Comments(2)

春、甲府へ~まずは武田神社

d0094416_152984.jpg
3月某日晴天也。
10年振りくらいでしょうか。
d0094416_16497.jpg
武田神社
d0094416_175568.jpg
基本的に日本史好き寺社好きな私、一時期は武田家に興味があったこともありました。
なので、歴史群像、なんて雑誌が未だに本棚にあったりするのです(笑)。
d0094416_1111560.jpg
神社としては大正時代の設立、古い神社ではありません。
躑躅ヶ崎館跡、元々は武田の居住地だそうです。
d0094416_1141386.jpg
だからでしょうか、くっと1本筋の通った道、町を見下ろす高台の屋敷跡。
そして甲府は盆地だというのがよく分かる、山が高く近く行く手は遮られている構図。
でもそれは守られてもいるような。
宝物館では「毘」の上杉家の旗と、「風林火山」の武田家の旗が並んで展示してありました。
ふむ…。


神社というよりは憩いの公園
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-03-23 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

浅草界隈、そしてツリー

d0094416_15553320.jpg
浅草に来ても実はあまり弁天様にはお参りしていない気がする。
なんとなく申し訳ない気分になる。
d0094416_15571097.jpg
緑が清々しい。
d0094416_1558966.jpg
ちょっと立ち寄りたかったが、人が多いので遠慮してしまった。
またゆっくり来よう。
実は良い笊が欲しいのだが、河童橋まで歩く時間的余裕はなく、ちょっと探すも、片手間なので、近いうちにまた再訪して今度は一日河童橋浅草歩きだ!と勝手に決める(笑)。
d0094416_1601912.jpg
隅田公園では梅が咲いている。
紅梅も白梅も競い咲く。
やはり好きだな。


せっかくなので新人のっぽを
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-03-17 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

今年も厄除に行く

d0094416_9275637.jpg
期せずしてちょうど厄除大祈祷に合わせて鎌倉鶴岡八幡宮に行くこととなりました。
ここ数年は毎年厄除。
d0094416_9301840.jpg
この期間中は舞殿での厄除祈祷とこの厄難焼納札もあるのです。
厄難焼納札、氏名などを書いた厄難札を浄火にくべてお祈りすることで一層強いお祓いになるのだとか。
我家は本宮での祈祷にしましたが、シャンとした鈴の音と太鼓の音は気持ちが良いもの。
ただね、読みにくい私の名前を祝詞を読み上げる宮司さんが間違えそうになった時は、おや?と思いましたけれど。
d0094416_9421396.jpg
大銀杏、頑張っています。
樹幹部分を移植した「親銀杏」、元の根から出たヒコバエの「子銀杏」。
じっと寒さを堪えて春まで眠っているのでしょうか。
d0094416_9472397.jpg
浮世と繋ぐ太鼓橋。
冬の鎌倉、またゆっくりと来たい。


それでもお茶タイムは必要だったようで
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-01-30 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)

浅草の龍

d0094416_052043.jpg
今までよく見ていなかったんだなあ。
なんだかちょっと悔しいような。
こんな所に貴方はいたのですね、気付かないなんて本当に私は大事なものを見落としていたのだなあ。
d0094416_0541647.jpg
何度も行っている浅草寺。
その、あの大きな提燈の下、底の部分に彫られた龍。
ちょっと見上げたらそこにいたのにね。
今年は龍。
そしてこの龍は結構好み。
改めて、またゆっくり、浅草を楽しみに来よう。
今日はちょっとだけ先を急ぐ。
何故?
d0094416_058422.jpg
今回は此方が目的地!
平成中村座「壽初春大歌舞伎」
此処は小屋が芝居小屋なので、何とも言えない空気がある。
今回は七之助の早変り。
綺麗になったなあ、とぼんやり(笑)。
2月から始まる勘九郎襲名披露、せっかくなら3月に此処で観たい。
その頃はもう少し暖かくなっているかな?


この日はやはり
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-01-20 00:00 | 観ること | Comments(2)

夕景源平池

d0094416_9151663.jpg
予期せぬ軽い夕立の後。
まだ少しだけ水面がざわめく。
d0094416_9164283.jpg
源平池。
あの旗が何処か命を宿しているかのようにはためく。


今年は少し残念
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-12-03 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)

今更ながらの初デート

d0094416_23441516.jpg
実は1年越しの着物デートの約束。
ご近所さんの奥様が実は着付け教室に通っていると聞き、早速デートしましょうよ!となったのですが、色々諸事情で2度ほど流れ、やっと初デートの運びと相成りました。
ご近所バーベキューではいつも一緒にわいわいと楽しんでいますが、初デート!
やや緊張(笑)。
でも、いやあ、とても楽しい時間でした。
常々、とても可愛らしい方だとは思っていたのですが、やっぱり面白い(笑)。
話す内に好きなものも似ていることに気付き、ますます面白い。
次のデートが今から楽しみです。


まずは古都へGO!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-12-02 00:00 | 鎌倉にて | Comments(6)

願いを籠める

d0094416_2334399.jpg
晴れた日。
きっと相応しい日。
d0094416_23354432.jpg
ちょっとちょっと!
じっとしていられないで走り出す。
仕方がないね。
下ろしたてのブーツがもう真っ白だ。
d0094416_2336063.jpg
何を願う?
それはまだ秘密。
d0094416_23381541.jpg
今日はいつもよりも大人びて見える。
初めてのお化粧のせい?
着物でおしとやかにしているから?
きっとちょっとだけ大人になったんだ。


いつもの君
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-11-15 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(4)