タグ:アート ( 107 ) タグの人気記事

スペインの風再び

d0094416_12321411.jpg
今年の5月にすっかりはまったカニサレス、友人が12月に来日公演があることを知り、誘ってくれました。
カニサレス・フラメンコ・カルテット、前から3列目!正面!!
弦を弾く指も小さな囁きも聞き逃さず見逃さず。
4人のそれぞれの個性も格好良くまた可愛らしく、改めてすっかり魅了されました。
良い音楽、それを堪能できる幸せ、もっと観ていたかった。
時間は不平等だなあ。



声の色
見えない色は惑わせる最大の武器


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-12-22 00:00 | 音を聴く | Comments(0)

東京モーターショー2013、行った?

d0094416_17265747.jpg
前回に引き続き、なんだかんだと今年も行ってきました、東京モーターショー
ま、少し前の話になってしまいましたけれど。
行く前に今回はどうかなー、なんて言いながら見に行ったんですけれど、毎回結局楽しんでくるんです。
でもちょっとね、展示が少なかったり、いつも楽しみにしているメーカーはいなかったり、こじんまり感はあったのですけれど。
あ、そうね、一時期よりもおねえさん方の衣装も地味になってます(笑)。


来るか車?車ばっかり
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-12-12 00:00 | 観ること | Comments(0)

京都にはもうない京都を

d0094416_9582021.jpg
お出かけしました。
今回は帯留決めてからの帯締めが決まらないっ(笑)!
やや白浮きしてしまったかしら、バランスって大事ですね、と反省。
好きなもの同士が仲が良いとは限らない。
ま、でもお出かけは良い天気に恵まれてほくほくでした。
d0094416_1022596.jpg
お出かけ先は東京国立博物館、展示は楽しみでした、京都
色々な洛中洛外図屏風、個性も色々で楽しかった。
前期後期に分かれていたので、前期の分も観たかったなあ。
そして幻の京都ですよね、龍安寺の襖絵!
今はメトロポリタンにある数点、今回は里帰りだそうだけれど、いつの日か龍安寺に還ってこないかしら。
実物通りに配置された二条城の二の丸御殿、二条のお城もあの中までは入れないので空間として感じられたのは良かったな。
細かいところまで美しい、画!
いいなあ、日本。
ああ、京都行きたい!!!


ご飯は美味しく
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-12-07 00:00 | 観ること | Comments(2)

横浜美術館から公園散歩

d0094416_1764223.jpg
よく晴れた日にお出かけ、いや、お出かけした日がとても綺麗に晴れてくれた。
友人に誘われて横浜へ。
d0094416_1781346.jpg
横浜美術館「横山大観展―良き師、良き友」を観に。
私の好きな、「夜」があった。
じっくりしっかり微笑ましく観る。
そうそう、「夜桜」は数ヶ月前に大倉集古館で観た。
見る環境でやや違う印象を受ける。
変わらず月は美しいけれど。
ああ、でも良き師、良き友たちの画も色々観られて楽しい展示でした。


せっかくだから
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-11-15 00:00 | 観ること | Comments(2)

酒器のある情景、着物のある日常

d0094416_12242166.jpg
彼是何ヶ月ぶりでしょう、着物に袖を通すのは。
今年は夏に浴衣さえ着なかったな。
着物や帯の癖を忘れて、ちょっと手こずってしまったし、何故か、恐らく帯結びの時に左の親指の付け根辺りを擦ってしまって仄かに赤い(笑)。
そんなこんなでお出かけした先はお気に入りの美術館、サントリー美術館
そして展示はDrinking glass 酒器のある情景
古代から進化するガラスたち、その用途や装飾の数々、楽しめました。
現代の作家さんたちの作品も展示してあり、その美しさ、技術に脱帽です。
あんなグラスでお酒なんて頂いたら、どんなに幸せだろう、と妄想膨らませつつうっとりしていました。
うん、やはり江戸切子は美しいし、見た目と反してとても軽く口当たりも良さそうなグラスたち、欲しいなあ、なんて思いつつ、実は気になったのはミュージアムショップの砂時計でした(笑)。
30分の砂時計、何に使うかと言われても困るけど、きっとうっとりと流れる砂を見てるだけかな。


ミッドタウンでランチ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-11-10 00:00 | 観ること | Comments(4)

はしごの愉しみ

d0094416_857259.jpg
久し振りのはしご美術展。
この夏は暑い。
夏着物にも浴衣にさえ袖を通していない。
むむー、と思いながらも軽装で出掛けた先は、まずはホテルオークラ「秘蔵の名品 アートコレクション展」
この時期の日本の洋画家の画を一気に観ることが出来たのはかなり良かった。
最後にレオナール・フジタも数点あって嬉しかったな。
また、ホテルでの開催ということもあって、ホスピタリティも来場者も美術館とはまた違う雰囲気。
思っていたよりも満足感多し。
そしてそのまま大倉集古館へ。
大観の夜桜、その中の月が綺麗だったな。
d0094416_951535.jpg
そして地下鉄を乗り継ぎ三菱一号館美術館に向かう。
此方では浮世絵。
江戸から東京、移り行く時代の浮世絵、中々盲点で興味深かったです。
横浜の海岸線の風景の浮世絵、地名と今の地図を頭の中で比べながら観てみましたが、パズルが合わさるように面白い。
ああ、でも昔はこんなに海だったんだ、と改めて。
この美術館は雰囲気も好きなのでつい長居してしまう。
満足して外に出ると、轟く雷鳴。
急いで雨宿りと寛ぎと余韻に浸る為にA16に駆け込む。
「1時間くらいで止むかな」
本当に1時間足らずですっかり止んだ。
充実した美術館はしご散歩の日。


ちなみに…
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-08-27 00:00 | 観ること | Comments(2)

お絵かき工作大会?

d0094416_14164486.jpg
大工作大会開催中。
d0094416_14172564.jpg
とーちゃんと一緒に作った貯金箱に絵付け中。
d0094416_14183642.jpg
床いっぱいに広げた新聞紙。
絵の具塗り放題。
こういう空間はなんだか見ている大人も楽しい。
d0094416_14194367.jpg
瓶に紙粘土、ビーズで飾り付けて色を塗る。
そうだね、幼稚園ではこういう感じだったね。
d0094416_14205721.jpg
皆でそうめんを食べた後、女子はお絵かき。
男子は?
男子はおもちゃのボーガンで。
じっとはしてられないよね。
d0094416_14232214.jpg
夏の宿題、無事終了?



分かってるけど
分かってるけど
本当はそっちに向いていないのも本当は知っているけど
少しだけ
あと少しだけ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-08-23 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

夏の宿題は楽しい?

d0094416_9323430.jpg
前回の作品。
もう壊れちゃったけど。
夏休みの宿題、ポスター描きに苦戦しているらしい姪っ子。
「去年は施基ねえねがいたのに…」
と膨れて呟いていたらしく、絵具と画用紙を抱えて今週我家にやって来る。
綺麗にちゃんと仕上げたい姪っ子は中々考え込んでしまって筆が進まない。
甥っ子はと言えば、絵具で遊ぶんだー、とお気楽にさっさと済ませてしまったらしい。
そして姉の邪魔をして姉に怒られて喧嘩して泣く、そして姉の宿題はやっぱり進まない(笑)。
頑張れ二人。
手は貸さないけどアイデアは助けよう。
さて、今年はどうなるかな?
邪魔させないように、甥っ子には何か別の「宿題」をあげないとなあ。



しゃりっ
幸せな音
至福の時
独り占めの贅沢
誰にもあげない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-08-13 00:00 | 色々な風景 | Comments(0)

風鈴彩祭、だって

d0094416_1658137.jpg
目にも耳にも涼やか。
ミッドタウンの「風鈴彩祭」
d0094416_171736.jpg
そして目にも鮮やかに風に揺れる。
数ある風鈴の中から好みの素材と音を探すのは結構難しい。
難しいけれど楽しい時間。
d0094416_174826.jpg
南部鉄器にも惹かれたけれど、私は此方がお気に入り。



からくれないにみずくくるとは
なんだか昨夜からこの一節が頭から離れない
何故だろう


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-08-08 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

アートな写真

d0094416_9241253.jpg
行って良かったな、と思う展示会。
写真だけど写真のままではなく、懐かしく見慣れた風景だけれど決して存在する風景はなく、思わず見入ってしまう。
あの海の色が本当の海の色だったら。
あまり美術展に興味を示さない相方さんも楽しんだようだ。
その後の焼鳥屋で、スーパーカミオカンデについて色々教えて貰ったが、如何せん基本的な理系能力が皆無な私の脳は理解しきれずちんぷんかんぷん。
でもそれも楽しかったな。



このままでは空っぽになってしまう

そんな不安を抱えながら
私も君も此処にいる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-08-06 00:00 | 観ること | Comments(2)