タグ:アート ( 104 ) タグの人気記事

日本橋老舗でご飯

d0094416_15435175.jpg
美術館三昧の第一弾、まずはホテルオークラでの「美の宴」、私の好きな松園も多くのんびり観ることが出来ました。
そしてそして、日本橋三井記念美術館へ。
その前に腹ごしらえです。
日本橋 玉ゐさんへ。
流石に老舗、並んでいましたね。
d0094416_15491455.jpg
ご、が可愛い(笑)。


あなごめしでございます
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-09-08 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

夏の美術館三昧

d0094416_1033933.jpg
この夏行った美術展。
どれも良い展示、良い時間を過ごせました。
展示も勿論、友人との他の時間もね。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-09-07 00:00 | 観ること | Comments(0)

ありがとうだって

d0094416_2155175.jpg
かぼちゃから愛を込めて、誰かさんへ。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-09-01 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(0)

一日アートな日でしたね

d0094416_22504393.jpg
先月も半ばから末のいつか、この日も生憎のお天気だった。
折角の景色もくすんでしまう、けれどこれはこれでなかなか良い景色だったと、思う。
d0094416_22525858.jpg
ふっふっふー。
熱狂的なファンではないけれど、映画館で必ず観る映画だ。
何だろう、懐かしさとかもあるのだろうな。
スター・ウォーズ展
d0094416_22553033.jpg
この人の周りは人だかり。
一緒に写真を撮ろう!のコーナーは列を成していた。
勿論、私たちは列はスルーだ(笑)。
d0094416_22565698.jpg
d0094416_22574265.jpg
此処に来る人はやはり好きな人たちが来る訳だから、一つ一つをしっかり観ている。
やたらと詳しく喋ってフィギュアに釘付けだった小学校低学年男子がいたけれど、君は恐らくリアルではどれも観ていない筈だから、これはやはり隣のお父さんの影響大だね。


More
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-07-09 00:00 | 観ること | Comments(2)

横浜で2CELLOS!!

d0094416_0262427.jpg
京都旅の途中ですが、ちょっと横浜へ寄り道を。
楽しかったなあ、2CELLOS
3階席、一番後方の席だったけれど、楽しかった!
客層も色々幅広く、色んな人がいた。最後方ということで、心置きなくはしゃがせて頂きました、一人ですけれど(笑)。
久々細いヒールで立ちっぱなし、翌朝足が痛かったけど、楽しかったのだから仕方がない。
写真もフリーな公演だったけれど、カメラ構える時間ももったいない、この時間をちゃんと共有して楽しまなきゃ。
元々チェロの音は好きだけど、この人たちはなんだかなあ、また違う楽器のようだ。
でもちゃんとした流れが身体に流れているから自由に動けるのだろうな、だからあの音であんななんだろうな。
好き嫌いは分かれるかもしれないけどね。
観る側も色々だったかな、静かに座って聴きたい人、一緒に踊りたい人、写真を撮る人…。
私は、あの弾き方であの音で、身体が動かないなんてありえないと思った訳でして(笑)。
ちなみに私はステファン(黒い衣装が多い方)の腕が好きです。
d0094416_0504088.jpg
夜のこの辺りも久し振りだ。
ご機嫌な夜でした。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-07-02 00:00 | 音を聴く | Comments(0)

薔薇を食べよう!愉しもう!な会で

d0094416_1749761.jpg
「施基ちゃん、薔薇食べに行かない?」
友人に誘われての食事会は、これまたなんだかセレブリティ(笑)。
彼女は忙しいながらも色々な会に顔を出す、交友が広い人。
今回は、ふとしたことで知り合った神戸屋レストランのシェフ・小関さんに誘われて薔薇を楽しむ食事会に誘って頂きました。
d0094416_1864936.jpg
深紅の薔薇「さ姫」と
d0094416_1872510.jpg
淡い色の「アップルロゼ」。
どちらも奥出雲で無農薬で育てられているそうです。
色とリンクするのかな、アップルロゼは爽やかさを、さ姫は奥深さを感じます
食材の為なら何処へでも!と、自ら色々な場所に出向いていく小関さん、本当に料理が、食が好きなのだなあ。
d0094416_1893737.jpg
「貝を採りに行ったら鮫もついてきちゃった」と、前日に自ら捕らえた鮫(の骨)!
実はシェフの腕、鮫との格闘の跡で擦り傷だらけです。
鮫はこの日の40人前の食材になりました。


特別ディナー開始
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-06-09 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

渦巻いていたのは闇か光か

d0094416_15502898.jpg
久し振りに衝撃的だった。
一言では言えないな。
あの音も映像も、なんだかざわざわした。
光だけどその実は漆黒の闇でそれが浮き彫りになっているような、音のなさが逆に騒々しいくらいの音を感じさせているような。
厚く塗り重ねられて削られたキャンパス、その工程を描く映像作品、投影される光。
この人の脳はどうなっているのだろう。
右脳と左脳、どちらもフル回転しているのだろうか、そもそも右脳左脳という概念もないのだろうか。
石田 尚志、その人の名。
雨の横浜美術館渦巻く光展
本当に色々なものが渦巻いていた。
もっとゆっくりと、すべての作品をすべてじっくりと観ることが出来たら、もっと私は混乱してしまうかもしれない、いや寧ろすっきりするかもしれない、分からない…。
あの部屋の中に一人きり、発狂こそしないけれど叫びたくなるかもしれない。
でも、良かった。
行って良かったのだ、楽しかったのだ、ある意味。
ちょこっとだけ迷って、図録を手にほくそ笑んだ私。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-06-02 00:00 | 観ること | Comments(0)

本当に呼んでいるって気になるの

d0094416_15492612.jpg
かなり久し振り。
予定がうまく組めずにぽっかり空いてしまったとある平日、思い立って映画館へ行く。
ミニシアター系が昔はかなり好きで、よく行っていた時期もあったな、ジャック&ベティ
雰囲気は変わらない。
d0094416_1553340.jpg
今回観たのはおじ様2人のロードムービー、「イタリアは呼んでいる」。
何だろう、なんだか良かった(笑)。
軽妙な2人のトークにモノマネ(笑)、合間に挟まれるイタリアの景色にレストランの厨房の喧騒、そして美味しそうな料理!
いいなあ、イタリア。
いいなあ、こんな旅。
観終わる頃にはすっかり口はイタリアン、頭は地中海にトリップ。
しゅわっと乾杯を夢想する。


なのにね、何処をどう間違ったのか、どうして?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-05-27 00:00 | 観ること | Comments(2)

宇宙を再び手の中に

d0094416_104697.jpg
深い。
ガラス、美しいなあ。
以前元町のギャラリーで出会ったガラス作家さんの個展に久し振りに伺いました。
そう、でべその帯留を購入した時です(笑)。
今回はほぼ全作品が新作ということでした(なんと、前回のアメリカでの個展で完売!)。
これから夏、涼やかできらきら光るガラスのアクセサリーは必需品。
揺らめく光の真ん中にはオパールが浮かんでいます。
d0094416_1093657.jpg
すっかりお気に入りになりました。
え?そうです、我家にお嫁入りです(笑)。
嬉しくなります、また一つ、思いの詰まった子が来てくれました。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-05-24 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(2)

今年もLFJへ行こう!

d0094416_1352513.jpg
実は寺社フェスに行く前にふらりと散歩に立ち寄った今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」
日比谷で乗り換えだから、どうせだったら此方の空気もちょっと感じてから行かないとね。
この日の公演チケットは持っていないけれど、ほら、楽しみは他にも色々。
d0094416_138652.jpg
d0094416_1391822.jpg
地上広場ではアマチュアのホルン楽団が演奏中。
天気も良いし、気持ちが良い!
d0094416_13115120.jpg
ご機嫌になったところで、スパークリングワインで一人乾杯、イカ墨のパエリアでちょこっと腹ごなし。
OTTAVAのブースをちょこっと見学、ふらふらと雰囲気を堪能して明後日の私の本番(笑)に備える気分で空気満喫。
で、此処から寺社フェスと言うちょっと濃い目の一日の始まり。


聴きに行くぞ!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-05-07 00:00 | 音を聴く | Comments(2)