え?いつのまに?

d0094416_092268.jpg

ちょっと有名ですよね。
パン屋さんですけれど。
ここのパン、私は結構好きです。
カレーパンも種類が豊富だし、ここのみそパンは美味しいです。差入れにも良いですし。
カレーパンだけでも種類が豊富なのがいいですね。惣菜パンの中では私はカレーパンが一番好き(笑)。
先日も近くまで来たのでちょっと寄ったのですが、木曜日限定で普通のカレーも売ってるんですね!知らなかった…。玄米とカレーセット。この日はビーフカレーでした(笑)。パンやさんなのに。丁度早めの夜ご飯を手軽に済ませなければならなかったので購入しました。ちゃんと美味しかったですよ。ちゃんとって…(笑)。
ここのパン、ドイツ系のパンが多い気がします。しっかり重いパン。
ふわふわのバケットもいいけど、たまには濃いパンにチーズ乗せたり、アボカトディップ乗せたり…。如何でしょう?


幸せな瞬間、一緒にいてくれる人がいること。
幸せな瞬間がどんどん増えていって
幸せなlifeになる。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-30 00:00 | 食道楽なこと | Comments(7)

あまーーーい!!

d0094416_23608.jpg
本日の戦利品。
何でしょう?

そう、蜂蜜です。これはローズマリーの蜂蜜。初めて買いました。こちらと、もみの木の蜂蜜、どちらにしようかと悩んだのですが…。とりあえず今日はこっち。
もみの木の蜂蜜は好きなんですよ。ただ、ものすごく「木!!」という感じも味もしますけど(笑)、癖のあるのが好きな人は好きかも。咽喉にいいんですって。炎症を抑える働きが強いそうです。殺菌作用が強いんですね、アカシアとかよりも。普通にお湯に溶かして飲むといいですよ。
ローズマリーは初挑戦です。
どうなんでしょうね。まだ封も開けていません。ローズマリーのあの香りがするのでしょうか?結構強い香りですよね。
料理に使いやすいのかな。あ、チーズにかけても美味しいかも!
どきどきで買ったのですが、これで香りが普通の蜂蜜だったらがっかりしそうです…。ローズマリーの花の蜜を吸った蜜蜂の蜂蜜ってことですよね?きっと。花もあの香りがするんでしたっけ?花ってすごく小さい花だった気がします…。
こちら、スペインのワインの醸造所で作られた蜂蜜らしいのですが…。蜂蜜とワインって関係があるのでしょうか。広く言えばある、のかな。
そう言えば、フランスのオペラ座でも蜂蜜作ってるんですよね、屋根の上で(笑)。お土産で売っているとか。ちょっとそれも食べてみたい気がします。美味しいのでしょうか。
でもこれもうろ覚えです(笑)。
フランス在住の方、真偽の程を教えて下さい!


ここに行きたいと思った時からそこにいく準備は始まっているのです。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-29 00:00 | 食道楽なこと | Comments(8)

きっと今日はこんな感じ

d0094416_8293820.jpg

雨の後は気持ちのいい青空になりますね。
こんな日は歩くスピードがいつもより、ほんの少し、遅くなります。
いつもは通らない、公園の中の道を抜けてみようかな、と思ったり。アスファルトの道路とは違う気分になります。公園の道も綺麗に舗装されてはいるけれど、ね。
芝生があって木があって、植込み、花壇。
まだ雨の雫が残っている花弁。
濡れているけれどちょっと気持ち良さそうな子供用の遊具。

私、ブランコって大好きなんです。
子供の頃から、今も(笑)。子供が遊んでいなければ私が遊んでしまいます。ブランコのない公園は、なんか寂しい。思い切り漕いで、空が近くなったり遠くなったりするのが好きです。
揺れてる感じや通り過ぎる風も。

でもね、やっぱりブランコって子供用でしょう?
足がつっかえちゃうの(笑)。
誰か大人用のブランコ作ってくれないかなあ(←結構本気)。


そんなに急いで何処まで行くの?
少しはのんびり行こうよ、ね。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-28 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

秋の長雨、さて

こんな雨の日は何をしましょう?
そう、秋ですし、雨ですし、時間はたっぷり…
d0094416_2332425.jpg

とりあえず、テーブルを片付けて、お茶を淹れて。
本棚から数冊、未読のままの本を持ってきます。実はまだあるんですけれど…。
一先ずこれくらいにしておいてあげましょう(笑)。
準備完了!

とは言え、何から手を付ける?
「ローマ人の物語」は毎日電車の中でコツコツ読み続けています。小説ではないので、区切り易いんですね。そこまでの感情移入もしませんし。
「空港にて」も短編集。何処でも読める?
そんなわけで、「邪魅の雫」を手に取る訳です。これは今日買ったばかり。何年振りかの彼の新刊だったので、つい当日に買ってしまいました(笑)。
私、読んでる間はブックカバーは掛けたままなのです。読み終わったら外します。読んでる間は持ち歩くし、汚れてしまうから。読み終わったら一頻り落着くので外すんです。昔はずっと掛けたままだったのですが、本棚が分かりづらいと苦情が出ました(笑)。自分では分かるんですけれどね。カバーの色だったりしまってある場所だったりで。
皮のブックカバーを買おうとも思ったのですが、友人は一度新幹線の中に本ごと忘れてきたそうです!本は諦めがつくけれど、カバーは諦めがつかなかったみたい…。結局見つからず、後日同じものを買っていました(笑)。
私はお酒を飲んで帰る電車の中でも本を読む癖があります。珍しいみたいです。
まだ置き忘れたことはないですが、いつかしそう…。
なのでちゃんとしたカバーは暫くお預けにします(笑)。でも、いつになったら「よし!」と言えるんでしょう(笑)。


何処かにきっと、全てを分かってくれる人がいると信じてました。
それはずっと昔のこと。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-27 00:00 | 誰かへ | Comments(6)

10年後の私の定番?

素敵な柄です。d0094416_22433347.jpg
西陣織の帯。
私的にはあまり西陣ぽくないかな、と思ったところがお気に入りでした(笑)。
某有名通販会社が親会社の呉服屋さん。本社は京都だそうです。
捉まってしまいました(笑)。いえ、そこも目的地だったのですけれど。でも。でも!
呉服屋さんは危険地帯…。


ちょこっと離してもう一度。
あまり変わらないかな。もう少し全体が分かるでしょうか。
あまりきらきら度が高くない、けれどきちんとした場所にも着られるのかな、と。





d0094416_2247247.jpg
本当は、これの裏地に惹かれたんです。写真撮り忘れてしまったのですが、裏見せられた瞬間に食い付きました…(笑)。黒地に茶の格子柄、でしたか。
両面使える帯が欲しかったのです。半幅ではなくて。



さあどうする??
この段階で答えは決まっていますよね…。
明日から節約生活が(笑)。
言い訳としては、
着物は10年単位でずっと着られる。
着物と帯の合わせ次第で何パターンも出来る。
着物を着ているとちょっと丁寧な応対をされる(笑)。
…これだけかしら…。
でも、何よりも私が好きだということ(笑)!
この子が手元に届くのは一ヵ月後。それまで、わくわくしながら待つことにします。
え?勿論、内緒ですよ。


さわさわと風が吹いてかさかさと落ち葉が舞った
舞った先に力尽きた蟋蟀がいた
その上には
力強く空にのびゆく木があった


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-26 00:00 | 和を愉しむ | Comments(8)

アツアツを召し上がれ!

ホントに熱いですからね、気を付けて!
d0094416_23345431.jpg

我家で大活躍です。
あんまりご家庭には持ってらっしゃる方が少ないようですが、石焼鍋。そう、韓国の石焼ビピンパを作りましょう(笑)。
凄く簡単で、だけど豪勢に見えるようです。
来客時、飲んでから〆にご飯、という時はこれが活躍します。皆で少しずつつつきながら、ね。
具材は何でも家にその日にあるもので。この日は小海老とソーセージ、ねぎ、ザーサイ、生のり&青のり、韓国惣菜。器を焼いて、味付けしたご飯をのせ、さらに具を盛り付け、さらに焼いて出来上がり!最後に黄身を乗せて…。簡単でしょう?
パチパチいう音も良いのでしょうね。香ばしい匂いと美味しい音!ぐちゃぐちゃに混ぜて、出来たおこげも美味しいですね。
視覚・聴覚も料理には大切な要素ですね。活用しない手はありません(笑)。
それにね、片付けが苦手な私にとって、フライパンの役割も食器の役割もボールの役割も果たしてくれるこの子はとても優秀!!
当店の人気メニューです(笑)!!!

貴方が笑うと嬉しい。
だから私は奏でるの。
貴方に声が届くまで。
白い雲のその向こう。
貴方に全てが届くように。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-25 00:00 | 食道楽なこと | Comments(6)

昔とった何とかは…どこへ?

引っ越したのを機に、実家からピアノを運びました。手元に楽器があるのは何年ぶりでしょう。
d0094416_718666.jpg
しかし。

ずっと触ってもいなかったのですから、弾ける訳もありません…。指が思う通りに動きませんから!軽く反省。
よくいますよね、子供の運動会の父兄参加競技で足が絡まって転ぶお父さん。そういうお父さんて、昔は足が速かった人が多いそうですね。頭の中のイメージと、今現在の現実の差についていけず、足が絡まるらしいです…。
その気持ちが分かります(笑)。とても悔しいんですよ!私も弾けていたイメージは残っているのですが、指は動かない…。タイミングが計れない…。
仕方ありません、もう一度最初からやり直しです。
でもそれも楽しいかもしれませんね。なるべく時間のある時は鍵盤に触れようと決めたこの頃です(笑)。

こんな風にすらすら弾いていた友人が羨ましくなりました(笑)。また今度弾きに来て下さいね!


どれみふぁそらしどしらそふぁみれど
7つの音なのに。
10本も指はあるのに。
思い通りにならないから楽しい。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-24 00:00 | 音を聴く | Comments(14)

大活躍!の予定です

d0094416_163998.jpg

はい、鍋です。
先日やっと買いました、鍋3点!ずっと買い替えたかったのですが、きっかけが掴めず…。でも流石に柄が取れてしまっては使えません(笑)。まだ使えます?言い訳?言い訳でもかまいません、だって欲しかったんです!

ル・クルーゼは大きなサイズにしました。人を呼ぶのが好きなので、大きい方がいいでしょう。煮込み料理は手が込んで見えるようなので、最適ですね。
この赤にしたのは、何となく美味しそうに見える色だから。赤とかオレンジはポジティブ色だって言いますよね。分かりやすいのは、ショップのポップ。「特売」とか(笑)。赤だと購買意欲が刺激されますが、青いと落着いて綺麗だけれど購買意欲は湧かない。そういうことに近いのではないでしょうか。…青いル・クルーゼも可愛かったのですけれど、ね。
フィスラーは、本当はソースパンだけの予定だったのに…。実はサーブパン、使い易いです!このままオーブンにもいけるし。冬に向けてすき焼き鍋にも化けてくれそうです(笑)。賢い子は大好きです!

元々、キッチン用品見るのは好きなのです。楽しくなってきませんか?
欲しい物はまだまだあります!…人に言わせると、必需品ではないそうなのですが(笑)。趣味?
実は次に欲しいもの…、何か分かりますか?


空に手を伸ばす。
天に向かって手を挙げて。
その中指のその先に、一つ星があるならば、そう。
きっと
明日は貴方に降りてくる。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-23 00:00 | 色々な風景 | Comments(6)

そろそろ…

旅に行きたいです。
d0094416_0313613.jpg
旅。旅行よりも旅という響きが好きです。音が好きです。
[旅] 住む土地を離れて一時他の土地へ行くこと。
[旅行] 徒歩又は交通機関によって他の地方へ行くこと。旅すること。
…明確な差はないのかもしれません。旅行は最近の言い表し方、なのでしょうか。
楽しみ方も少しだけ、違うのかもしれませんね。

こちらは会津・東山温泉旅籠芦名さん。最近の私好みのお宿です。こじんまりとしていますが、居心地の良い空気があります。何より嬉しいのは廊下も全て畳であること。足許からほっとします。
従業員の女の子たちも、皆気持ちがいい子達です。
d0094416_054453.jpg
囲炉裏での食事も風情があって楽しいですね。炭火に焼かれるのを待っている間もまた楽しい!真夏でも気持ちがいいものですよ。
お水が美味しい地方です、勿論お酒も美味しい(笑)。
…営業してるわけではありませんよ!!

会津にはなぜか思い入れがあるようです。
特に誰か知り合いがいるわけでもないのですが、もう10年程前になりますか。初めて一人で旅をしたのが会津でした。
当時は一人旅が珍しかったらしく、旅館の方にも気を使わせてしまっていたようです(今思えばそんな節が…)。それも思いつきで行きましたから、前々日位に電話して決めましたね。
一人で旅館に泊まったのも初めてでしたが、ちゃんと美味しくお料理もお酒も頂きました(笑)。
とても楽しい旅だったのですが、周りの友人たちには怒られました(笑)。何事かあったのかと心配したらしいです。何事もないのですけれど(笑)。そんなものなのでしょうか。

旅。
日常から離れること。
個人になること。
自分に優しくすること。
誰かに優しくなること。
綺麗になること。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-22 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

セピア色の

d0094416_0592383.jpg

オールドヒッコリー というピザやさんです。以前はよく行っていましたが、最近は久し振り。
天井が高く、ちょっとした開放感のある場所です。薪釜で焼いています。

d0094416_165711.jpg

で、こちらは「romana」というpizza。アンチョビ好きの私は大好きな味でした。王道・マルガリータに飽きたらこちらは如何でしょうか?ちょっとこげちゃってますけれど(笑)。
よく、美味しいイタリアンはイタリアか日本で食べられるといいますが、如何なのでしょう?他の国のイタリアンを食したことがないのでよく分からないのが本音です(苦笑)。

青い碧い蒼い。
月夜に浮かぶ碧い雲。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-21 00:00 | 食道楽なこと | Comments(8)

見えないけれど…

午前中は真夏に逆戻りかと思う空だったのに、午後には…。

d0094416_1381523.jpg


パントマイムを観た事がありますか?
そう、見えないものが見えてくる、あれです。
久し振りに観て来ました。
もう、10年以上も前にお世話になって、それからずっと、大好きな人たち。今の私がこういう形でここにいることに沢山の影響を与えてくれた人たち。そして、ものすごくポジティブシンキングな人たち(笑)。とっても懐かしい、優しい人たちです。
何かを作ること、伝えることの楽しさや大変さは、ここから教えて頂きました。
なんて言うと苦笑いして思い切り叩かれそうですが(笑)。
身体を動かしたくなりました。

言葉を使わなくても伝えることは出来る。
それを受け止める側の感性次第で如何にも変わってしまうかもしれない。それでも伝わる、何かが。
伝える、繋がる、結ぶ。
想いがあれば、叶うこと。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-20 00:00 | 観ること | Comments(4)

最大の調味料

d0094416_0455853.jpg
昼間に飲むお酒と夜に飲むお酒。気分が違うからでしょうか、味が少しだけ違う気がします。

この日はBBQ、ご近所3軒と。
生憎天気は微妙な曇。それでも昼過ぎから宴の始まりです。
久し振りに炭の焼ける音を聞くと気持ちがいいですね。待っている時間も楽しいものです。
待ちながら、男性陣は火を起こしながらまずはビールを…。
じゅわじゅわ脂の落ちる音、氷と瓶がぶつかる音、笑い声。曇空の下、美味しい時間を過ごしました。

数時間後、ずっと頑張っていてくれた空も我慢できなかったらしく、ついに雨。
場所を急遽、駐車場からお隣さんのリビングへ移動。さらに宴は続きます(笑)。結局、10時間程のゆったりとした休日を楽しみました(長すぎ?)。
ワイン3本、アイスワイン1本、ビールいっぱい(!)。男性陣は焼酎も。
ぐっすり気持ちよく眠れました。
d0094416_103423.jpg


簡単に旅立つ方法を知っていますか?
そう、ほら、簡単でしょう?
ね?

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-19 00:00 | 食道楽なこと | Comments(12)

ミント…

d0094416_2564535.jpg

清涼なる水のほとり。
以前朽ちようとしていた彼が、自力で復活しました。
過保護にならざるをえなかった私に、ささやかな喜びを与えてくれました。

遠い国の遠い何方か、ここには水が生きていますよ、と。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-18 00:00 | 色々な風景 | Comments(8)

御片付

やっと晴れ間が見えました。この日をずっと待っていたんです。
d0094416_23253030.jpg

今年の夏にお世話になったこの子達を、やっと綺麗にしてあげる事が出来ました。
奥のすすき柄の絽の着物は、今年の夏、会津の大善屋さんにてお買い上げの一点。気の良いご主人と歓談中に目に付いたディスプレイ。店の表ではなく、やや奥に吊るしてありました。
早々ちょくちょく買いに行ける距離ではなく、けれども大好きなお店。それはご主人の人柄。よく勉強なさっている方です(こんな小娘が失礼かとは思いますが)。
一日目、保留し、宿で寛ぎながら思案…。
翌日もう一度お伺い。そこでも何時間か色々お話聞きながら思案…。
もう決まっているくせに、と自分を揶揄しながらやっぱりやっとお買い上げ(笑)。
この夏、ホントにお世話になりました。
手前の骸骨帯。
d0094416_23334977.jpg

アップにするとこんな感じです。
これも大善屋さんにて一目惚れ。
ちょっとしたおどけっぷりが可愛いでしょう?私っぽいと言われましたがこれ如何に??
ホントはこの帯だけ、買おうとしていたんですけれどね。この子があの子を連れてきてしまいました(笑)。
骸骨、縁起が良いそうです。裏の地の鱗も然り。でも気が引けてお見舞いには着ていけませんでした…。
夏の間どうもありがとう。
骸骨君は、通年お世話になるからよろしくね(笑)。

河鍋暁斎。私が骸骨帯に惹かれたのは彼の絵があったからでしょう。

いつかは消えるものなれど、
いつかは分からぬものなれど、
あの地の果てへ行きたいものだ。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-17 00:00 | 和を愉しむ | Comments(8)

花の色は…

d0094416_23485745.jpg

牡丹色。
私の中ではもう少し紫が濃い色のような気がします。これは少し朱が強いですね。

先日、野村萬斎の「敦」を観て来ました。ひょんなことから偶然チケットを入手できたわけです。なかなかメリハリの利いた良い舞台でした。現代劇とも朗読とも勿論狂言とも違う空間でした。
彼も良かったのですが、彼の父上も良かったです。存在感という意味では息子にまだまだ負けていませんね。
冒頭とラストにはモーツァルトのレクイエムが流れ、それ以外は尺八と太鼓の効果音だったのですが、それのバランスも良かったように思います。題材にしているのも「山月記」「名人伝」と分かり易いものでしたし。
おかしな話、私は一番最後のカーテンコールの最後の最後の本当にラストの彼を見て、「この為に来たんだ」と思ってしまいました(笑)。何故でしょうね、分かりません。その時にそう思ってしまっただけですから。
そうですね、敢えて言うとしたら、彼の視線と口元の歪み具合が私の中ではストライクだったのでしょう(笑)。

何かを観て糧とする。
何かを見て消化する。
何かを見て発散する。
何かを得る。
何かを…。
何を?

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-16 00:31 | 観ること | Comments(8)