御片付

やっと晴れ間が見えました。この日をずっと待っていたんです。
d0094416_23253030.jpg

今年の夏にお世話になったこの子達を、やっと綺麗にしてあげる事が出来ました。
奥のすすき柄の絽の着物は、今年の夏、会津の大善屋さんにてお買い上げの一点。気の良いご主人と歓談中に目に付いたディスプレイ。店の表ではなく、やや奥に吊るしてありました。
早々ちょくちょく買いに行ける距離ではなく、けれども大好きなお店。それはご主人の人柄。よく勉強なさっている方です(こんな小娘が失礼かとは思いますが)。
一日目、保留し、宿で寛ぎながら思案…。
翌日もう一度お伺い。そこでも何時間か色々お話聞きながら思案…。
もう決まっているくせに、と自分を揶揄しながらやっぱりやっとお買い上げ(笑)。
この夏、ホントにお世話になりました。
手前の骸骨帯。
d0094416_23334977.jpg

アップにするとこんな感じです。
これも大善屋さんにて一目惚れ。
ちょっとしたおどけっぷりが可愛いでしょう?私っぽいと言われましたがこれ如何に??
ホントはこの帯だけ、買おうとしていたんですけれどね。この子があの子を連れてきてしまいました(笑)。
骸骨、縁起が良いそうです。裏の地の鱗も然り。でも気が引けてお見舞いには着ていけませんでした…。
夏の間どうもありがとう。
骸骨君は、通年お世話になるからよろしくね(笑)。

河鍋暁斎。私が骸骨帯に惹かれたのは彼の絵があったからでしょう。

いつかは消えるものなれど、
いつかは分からぬものなれど、
あの地の果てへ行きたいものだ。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-17 00:00 | 和を愉しむ | Comments(8)

花の色は…

d0094416_23485745.jpg

牡丹色。
私の中ではもう少し紫が濃い色のような気がします。これは少し朱が強いですね。

先日、野村萬斎の「敦」を観て来ました。ひょんなことから偶然チケットを入手できたわけです。なかなかメリハリの利いた良い舞台でした。現代劇とも朗読とも勿論狂言とも違う空間でした。
彼も良かったのですが、彼の父上も良かったです。存在感という意味では息子にまだまだ負けていませんね。
冒頭とラストにはモーツァルトのレクイエムが流れ、それ以外は尺八と太鼓の効果音だったのですが、それのバランスも良かったように思います。題材にしているのも「山月記」「名人伝」と分かり易いものでしたし。
おかしな話、私は一番最後のカーテンコールの最後の最後の本当にラストの彼を見て、「この為に来たんだ」と思ってしまいました(笑)。何故でしょうね、分かりません。その時にそう思ってしまっただけですから。
そうですね、敢えて言うとしたら、彼の視線と口元の歪み具合が私の中ではストライクだったのでしょう(笑)。

何かを観て糧とする。
何かを見て消化する。
何かを見て発散する。
何かを得る。
何かを…。
何を?

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-16 00:31 | 観ること | Comments(8)

鴉城

d0094416_2327121.jpg
その黒い姿から別名鴉城と呼ばれる、松本城。
まだ幼かった頃に訪れて、その時一目惚れした城。
一目惚れに理由なんてないのですが、後から理由を探してしまいます。あの黒さがいいとか、改修されても博物館化されていないのがいいとか。でも、本当はそんなことはどうでもいいのです。
城そのものも含めてそこに纏わりつく空気がいいのでしょう。
駐車場から敷地に入り、堀を渡るまでに1つ。堀を渡って正面に回って一つ。ゆっくり見上げてゆっくり入り口へ、で一つ。心拍数が上がります。本当です(笑)。



d0094416_23391769.jpg
天守閣に上ると気分は最高潮です(笑)。
細い窓の隙間からそーっと遠くを眺めたり、或いは外回廊に出て下を眺めたり。楽しみ方は色々です。
やはり城に上る日は晴れている方がいいですね。雨の日は雨の日でそれなりに楽しみ方もあるのですが、それこそマニアックになってしまいそう(笑)。晴れてる日はそれだけで気分も良くなるのですから、気分良く楽しみたいです。
放っておくと私はどれくらいの時間をここで過ごしてしまうか分かりません。ここではありませんが、もっと小さなお城へ行ったときも、案内してくれた友人に「もうええやろ?」「え、もう?」と不毛な返答をしてしまった記憶があります(苦)。その節は失礼しました…。

誰でも、何にでも持っている空気があります。
そういう空気を大切に誰かと、何かと向き合っていけたらいいですね。

施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-15 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

赤いじゅうたん

d0094416_2348188.jpg素晴らしい。
昨日までは写真の添付すら儘ならず、何とはなしに寂しげでしたが、写真添付はクリアできたようです。

昨年ですね。曼珠沙華を見に行きました。一面真っ赤に染まった景色は圧巻でした。この為に何時間も電車に揺られて行きましたが、行くだけのことはありました。
花見に行く花だとは思っていなかったので、不思議な感動がありましたね。イメージ的に、妖しげな、というのが先に立ってましたので。…偏っているかなあ。


d0094416_2353349.jpg
そこからさらにずーっとある目的地に向けて歩いていたのですが、そこに彼がいたんです。
身じろぎもせず睨みつけてるんですよ。見えます?老カマキリなんですけれどね。アスファルトの真ん中で威嚇してくるんです。つい…。



雨の匂いが心地良い空気にしてくれました。


施基
[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-14 00:00 | 色々な風景 | Comments(6)

初めまして

初めまして。
施基と申します。
何のきっかけもなく、ただ何となく、始めてみることになりました。
きっかけは、きっと、どこからか小さな何かが積み重なっていったのでしょうね。pcほぼ初心者ですから、タドタドシイブログになるのでしょう(苦)。
何はともあれ、
祝!!
d0094416_2301134.jpg

[PR]
# by shiki_cappa_m | 2006-09-13 00:00 | 誰かへ | Comments(11)