<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

namidaもの

d0094416_1712468.jpg
ずっと気になっていたお店、namidaさんに4月上旬やっと訪問。
お酒好きには嬉しいお店、お料理に合わせて日本酒をチョイスしてくれます。
勿論、ワインも!
落ち着いたカウンターで金髪のお兄さんが出迎えてくれますよ。
冒頭の着物でお訪ねしました。
ちょっと奥まった場所にあります。


美味しいお酒と美味しいお料理で
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-30 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

卯月着物帖

d0094416_10535337.jpg
下北沢へ食事に行った時はこんな感じで。
で、その時の記事をアップしていないことに今気付く…、後で上げます。
d0094416_10555017.jpg
日本橋三越さん→mondoさんへ。
藍の着物に、↑下北沢で衝動買いした簪を根付仕様で挿してみました。
ふふ、お気に入り。
帯留付き帯締めは、相方さんのおばあちゃんのものを頂いたので初使用。
d0094416_1057452.jpg
自由が丘で友人と会合という名のお食事会。
美味しかったなあ、相変わらず、あわいさん。
d0094416_10592445.jpg
そして我家で宴会は割烹着も着て女将仕様で。
女だらけ6人で昼からしっぽり、いや、がっつり(笑)。
4月は4回、5月はどうかな?



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-29 00:00 | 和を愉しむ | Comments(2)

花のお裾分け

d0094416_14575337.jpg
こんなお裾分けも嬉しいもの。
d0094416_1458155.jpg
綺麗に咲いています。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-26 00:00 | 色々な風景 | Comments(0)

La cucina sachiという素敵な時間

d0094416_15263485.jpg
もう少し前だったら、この窓から見える景色は桜色だったのに。
なんとも素敵な一室で、なんとも楽しい時間を過ごしました。
d0094416_152802.jpg
友人に誘われてLa cucina sachiへ。
気さくな先生のちょっとおっちょこちょいな一面を垣間見つつの楽しい料理教室。
d0094416_15371128.jpg


お腹いっぱいになりますよー
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-22 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

今年は長いぞ、筍メニューもりもり!

d0094416_9525144.jpg
筍、終わったぞ、と思ったら、相方実家から「田舎から筍送ってきたの、いっぱいあるから取りに来てー」と。
そんなこんなで筍尽くしはまだ続くのです。


これまでの筍メニュー
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-18 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

庭もそろそろ目を覚ます

d0094416_15404166.jpg
暖かくなってきました。
そろそろと大葉たちが芽吹いてきました。
今年もわんさかな予感です。
d0094416_15414395.jpg
見上げるとまるで大木。
d0094416_15421248.jpg
フェンネルです、こんなに立派になりました。
d0094416_15425338.jpg
セージも脇から新芽が。
d0094416_154321100.jpg
もう朽ちちゃったと思っていたレモンバーム復活!
レモングラスも健在!
d0094416_15441367.jpg
ステビアも冬を越してまた葉を出しています。
みょうがもちらほら葉が出ています。
春だなあ。
庭が成長期です。
…どくだみさんも元気です、が、これはなんとかしないとな。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-12 00:00 | 色々な風景 | Comments(0)

贅沢な夜の前には満たされた時間があるのでした

d0094416_951191.jpg
贅沢な夜を過ごしたのは、贅沢に楽しんだ時間を持てたから。
鎌倉のvuoriさんで、うるしさんの金継ぎ展示。
友人が是非に、とご案内をくれて、いそいそと仕事終わりに出掛けていきました。
いいですね、金継ぎ。
金継ぎされた器の方が存在感もあり、寧ろ展示品を購入したくなるくらいでした。
あの四角いお皿と、蕎麦猪口と、あれ、欲しいなあ(笑)。
d0094416_15342928.jpg
vuoriさんは1階はカフェ、2回は道具屋さんなのですが、素敵な空間です。
お皿を持って、あっちうろうろ、こっちうろうろ、並べて比べて唸ってまた戻って。
d0094416_956475.jpg
散々迷った挙句に選んだのはこの子たち。
知らずに選んでいたのですが、偶然にも同じ作家さんの作品でした。
実はもう一つ迷っていた白い丸皿があったのですが、それも同じ作家さんのものだそうです、好みってあるんだな、と。
黒いお皿のデビューは我家で筍ペペロンでした。
d0094416_959478.jpg
せっかく長谷に来たんだから、と、途中で購入。
石渡商店さんで乾物を。
鯛煮干で炊き込みご飯を作りたい!きっと美味しい筈!!
と、素材任せ(笑)。
d0094416_1014440.jpg
そのうち此処にも来たいなあ、と思いながら、あのお店へ急ぐのでした。
良い一日だ。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-11 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)

筍アレンジ

d0094416_23535164.jpg
筍ご飯、洋風アレンジは筍ドリア。
でも、豆腐・豆乳・味噌で作るホワイトソースなので、案外和風?ちょいヘルシー?
d0094416_23554181.jpg
そして、鎌倉で衝動買いした器に、筍と菜の花、しめじでペペロンチーノ風。
白ワインで乾杯。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-08 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

一人贅沢な夜

d0094416_15162189.jpg
「これから一人で伺っていいですか?5分で着きます」
と思い立って急遽伺った鎌倉の割烹波と風さん。
奥様(女将)がバーテンダーということでちょっと珍しく興味深々だったのですが、残念ながら、いやおめでたいことに産休に入られたとのこと。
なので、おとなしくスパークリングワインで。
d0094416_15202367.jpg
アラカルトでお願いして、先付に明石の手長蛸の旨煮。
頭も丸ごと頂けるこの蛸、頭が美味いです、ほんとに。
d0094416_15214930.jpg
そして穴子のお造りは、皮目だけ香ばしく炙ったものです。
これがねー、塩がいいです私、山葵と塩!
ふんわりと香ばしく甘みはきゅっとちゃんと穴子なのです。
d0094416_15235254.jpg
「お勧めは何ですか?」と聞いたところ、暫し迷って、「すっぽんの玉蒸し、茶碗蒸しなんですけどね、天然のすっぽんが久し振りに入ったんで。美味しいですよ、珍しいし」と仰る。
これがねー、びっくりぽん!
こんなに力強い茶碗蒸しは初めてです、私。
どかん!だけどやわらかく優しい卵で包んでくれる、なんとも言えなく美味しい。
明日はきっと肌とゅるんとゅるんです(笑)。
d0094416_15275325.jpg
天然山菜天、蓮根プラス。
行者にんにくに、蕗の薹、たらの芽、うこぎ、あと一つ、何だっけ…?
さくっと軽やかなこの揚げ具合、流石です。
此処、先程の穴子とは違う塩を出してくれましたが、この塩も手作りだそうです。
塩になんとか、という何かを加えてさらっさらな塩にしていまして、このさらっさら具合が天麩羅の軽さに丁度いいのです、要するに美味しい。
d0094416_15323150.jpg
で、蕎麦で〆。
「最後に蕎麦、是非食べて行って頂きたいんですよね」なんて言うから、山菜天と蕎麦。
入口隣に石臼があり、十割で蕎麦を打っているそうで、いやだから美味しいんです(笑)。
そして十割だからこその濃い蕎麦湯!蕎麦湯だけでも飲みたくなります!
ちょっと食べすぎた感あり、ちょっと怖い。
アラカルト、お値段書いてないからね(笑)。
でも私の想定内、ではありました、ぎりぎりではありましたけどね、いや、ちょい出?いやいや、クオリティを見れば不服はございません。
ちなみに、コースは¥6000、¥8000、¥10000です。
女将復活したら、ちょこっと来ようかな。
頻繁には来られないけど、一人贅沢にはいいかもね。
d0094416_15383858.jpg
さ、帰ります。
でもね、まだこんな時間なのですよ。


ということは…?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-07 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

旬は美味しい

d0094416_23203266.jpg
初物、筍。
JAの直売所で買う。
「これはね、今掘って来たばっかりだから。筍は掘り立てがいいの、騙されたと思って一番大きいの買ってみて、おっきいの!美味しいから!」
筍を並べながらおばちゃんが言う。
「掘り立ては灰汁抜きしなくていいから、皮剥いてそのまま茹でてね。糠いらない!そのまんま!竹串通ったらそのまま食べれるから、ね!!」
勢いに負ける。
ついつい手に取る2番目に大きい筍(一番大きいのは特大サイズで、隣にいたおじちゃんがかごに入れた)。
「帰ってすぐ茹でてね、私んとこのは美味しいから。覚えて帰ってね!」
…こんだけ喋ってればきっと皆覚えてるよ、おばちゃん、いや、ともちゃん。
d0094416_23265035.jpg
そしてそれは間違っていなかった。
写真にはないけれど、筍ご飯も刺身も柔らかく甘く香り良く、そのままで十分に美味しいのだ。
翌日、若竹煮。
これまた出汁を吸った若布が美味しい、おまけに入れた里芋も美味しい。
筍に木の芽の香りが移ってまた爽やかだ。
やはり鮮度が命。
本当に美味しかった。
来週も買いに行ってしまいそうな自分がいる。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-05 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)