<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カウンターって

d0094416_1522228.jpg
相方さんと寿司屋さんに行った後、〆に日本酒を飲みに行った。
なんとなく〆に寄ってしまう日本酒バー。
程々に心地良く飲む。
帰り際、いやお会計をして席を外している間にカウンターに柿が置かれていた。
小さい可愛い柿だ。
「あげます」
隣り合わせた男性から。
「此処に来る前に行った居酒屋で貰ったんですけど、あげます」
ありがたく頂いて帰ってくる。
わーい柿だ。
そう、寿司屋でも隣り合わせた老夫婦と話が弾み、連絡先を交換し、今週には一緒にイタリアンへ行く約束をした。
カウンターマジック。
もうすぐ約束の日だ。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-28 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(0)

10月半ばのいつものメニュー

d0094416_10173816.jpg
ある日の乾杯メニュー。
時間をかけてカリカリに揚げたフライドポテトは私も相方さんもお気に入り。
d0094416_10183992.jpg
そしてオニオングラタンスープ。
パンはちょこっと厚めにね。
毎年これは作っているな。



近くにあるの気付かなかったことに今され気付いても遅いなんて事はない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-27 00:00 | 食道楽なこと | Comments(2)

紅い花

d0094416_16344653.jpg
鎌倉、Tさん宅へ向かう途中、マンションの植え込みにダリアが咲いていた。
ダリアを見ると思い出すのはいつか見た舞台の一節
昔は好きではなかった。
今も好きとは言えないけれど何故か何処かに引っかかる。
純粋な好意、とは言えないけれど好意じゃないとは言えないもの。
好きか嫌いかどっちなのよ!と言われれば好きかもしれないと答えるかもしれない。



たいした問題じゃない
もう貴方にどきどきしなくなったなんて
どきどきされなくなったことの方が大問題
私にはね


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-25 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(2)

少し遅れた誕生祝を

d0094416_1854253.jpg
よければ「施基さんも来ないかなあって」
そんな風に言われたら嬉しくってほくほく行っちゃう。
鎌倉のTさん宅へ2度目の訪問、今度はbellママバースデー!
本当はもうちょっと前だったようだけれど、お祝いはお祝い、気にしないで賑やかにお祝い!
d0094416_190098.jpg
此処の家はとても居心地が良い。
最初から、初めて来た時から穏やかで優しい空気に満ちている。
壁掛け時計や黒電話、古い箪笥、木と土の匂い。
そしてそして、美味しい料理に美味しいお酒。
行きがけに買っていった手土産の日本酒も思いの他旨い日本酒だったことも嬉しい。
d0094416_194596.jpg
Tさん目利きの魚たち、烏賊も鯖も宴を彩ってくれる。
それぞれに持ち寄った料理たちもそれぞれらしく喧嘩しないで仲良く並ぶ。
Rさんの栗のスープ、絶品だったなあ。
Yさんのローストビーフ、また是非とも作って貰おう。
そしてbellママ、主賓の筈なのに一番立ち働いてくれていて、酔っ払いの私は申し訳ないやらその姿が素敵でなんだか嬉しいやら(笑)。
野菜の炊き合わせ、野菜っていいなあ、と再認識する。
私とRさんの笑い声がご近所迷惑ではなかったかしら、とちょっと反省しつつ(笑)、また楽しい夜。
静かな家がすべてを包んでくれる夜。


お衣装
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-24 00:00 | 鎌倉にて | Comments(6)

newエリアからdeepエリア横浜

d0094416_1044158.jpg
先週のこと、週末に横浜へ行く。
偶然、みなとみらいではジャズのイベント中、其処彼処で音楽が聴こえる。
思わず立ち止まったり、見える場所を探したり。
生音は気持ちが良い、ビッグバンドの音も軽やかで気持ちが良い。
ついつい長居をしてしまいそうになる。
いかんいかん、本日の目的地は此処ではないのに。
後ろ髪を引かれつつ、目的地伊勢佐木町へ向かう。


良い音から美味しい音
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-20 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

きっと良い男だと思う

d0094416_17531029.jpg
友人に誘われて外苑前のライヴハウスへ行った。
初めて聴く声に初めて聴く音たち、でも何故かとても居心地の良い場所だった。
耳に心地良い声なのだろうなあ、臼井ミトンくん。
正直な歌詞も好きだ。
そしてアンコールの曲で泣く自分。
うん、この曲はぐさりと刺さった。
まだ3年なのかもう3年なのか、でも自分はまだぐるぐる同じ場所を回っているだけのような気もする。
また彼の声を聴きたいな。
まったく、声なんて。
声なんて一つの魔術で一種の武器だ。
お、それとゲストコーラスで来ていた松村くん、優秀なピアニストながら芸大での専攻は尺八というヴォーカリスト、しっちゃかめっちゃかな気もするけれどそうでもなく芯があるのは、彼のこれも正直さなのかな。
今回は休憩なしのノンストップライヴ、途中で目醒めさせられることなく薄暗い明かりの中でとても気持ちが良い音に包まれていたことはとても幸せな時間。
また行きたいね。
d0094416_1822065.jpg
ふふ、こんなミラーボールも懐かしかったな。



扇風機を磨く
一年お疲れ様
また一年よろしくね
我家の扇風機の休日は
季節の合間の数週間


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-17 00:00 | 音を聴く | Comments(2)

あ、気にしないで私服だから

d0094416_21435317.jpg
結局9月は1度しか着られなかったなあ。
雨が降ったり予定が流れたり。
昔の仕事仲間と久々に再会の日、気楽に半幅。
お気に入りは帯留。
帯もお気に入りだけれどね。



くるくる回るような螺旋階段
旧家の急な階段
長い石畳の階段
私の歩いてきた道はどれに近い


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-15 00:00 | 和を愉しむ | Comments(0)

庭の住人

d0094416_1350389.jpg
まだ暑い9月初旬の頃。
我家のパセリを主食にすくすく育っていた子がいた。
雨が降ると、無事にやり過ごしただろうかと心配し、姿が見えないと鳥に見つかったのではないかと心配し、パセリの茎を上り下りする姿を見つけては安心していた。
まあ、こういう子たちが苦手な方もきっと多いことでしょう、そういう方はスルーして下さい。


苦手な方はご遠慮を
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-13 00:00 | 色々な風景 | Comments(6)

一泊じゃ足りない!~京都でうどん

d0094416_1058119.jpg
祇園ふらり。
遅めの昼食は祇園のはずれ。
祇をん 萬屋。
d0094416_1103139.jpg
けいらんうどん、と。
d0094416_1105513.jpg
葱うどん。
九条葱が7,8本、葱葱葱葱!と生姜がアクセントでさっぱり。
鶏卵うどんは優しく甘い卵でほっとする。
ああ、もう帰らなくちゃいけない。
食べ終わったら帰途準備だ。


最後の景色は窓からどうぞ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-12 00:00 | 京都にて | Comments(2)

一泊じゃ足りない!~下鴨神社へ

d0094416_1623199.jpg
下鴨神社
到着した頃はもう汗だくだく(笑)。
今回は、夏の特別拝観で、大炊殿と神服殿を拝観出来た。
神服殿では担当の方が説明をしてくれる。
御簾をあちら側こちら側からじっくり見たり、畳の縁に顔を寄せたり、色々と面白い。
御簾越しに、が「見過ごす」に変換される日本語の妙、いいなあ。
そういえば、いつだったか、この御簾を作る職人さんを紹介していた番組があったのを思い出す。
d0094416_1685078.jpg
葵の庭の奥に、かりんの古木と、柘榴がいた。
可愛らしい柘榴の実。
かりんの実も気付けば其処彼処に生っていた。


くるり
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-08 00:00 | 京都にて | Comments(0)