<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

一泊じゃ足りない!~京都御苑を通り抜け

d0094416_23403293.jpg
憩いの場であり通り抜ける道でもあるのかな。
今日の京都御所。
d0094416_2340759.jpg
青紅葉が美しい、ということは今年の紅葉は美しいということ。
でも此処は特別美しく剪定されているからだろうか。
d0094416_23431851.jpg
大きな木が多くあるのも嬉しい。
空が広いのも嬉しい。
この敷地の広さ、空を見上げても見下ろす建物が見えないこともまた嬉しい。
でも、梨木神社の南にマンションが建つことを知ってちょっと悲しい。
あそこの神社は好きだったのにな。
京都御苑散歩の最後に神社の前でちょっと悲しく壁に遮られた鳥居の向こうを思う。
色々仕方のないことかもしれないけれど。
d0094416_2348216.jpg
建礼門。
最も格式ある門。
なんとなく、清涼殿も観たくなった。
いつか、一般公開を観に来ることもあるかもしれない。



ヒヨドリの声
誰を呼んでいるのだろう
若しくは或いは


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-30 00:00 | 京都にて | Comments(2)

一泊じゃ足りない!~京都の醤油

d0094416_1016335.jpg
今回の京都でそうしても行きたかったのは此方。
澤井醤油本店さん。
以前、友人から此方の醤油を頂いて、すっかりお気に入り。
とても美味しい。
建物も素敵だ。
d0094416_10203683.jpg
中に入ると本当に醤油麹の良い匂い!
ずっと此処にいたくなる、美味しい匂い(笑)。
此処で丁寧に作られているのが分かります。
何を買おう?


お醤油日本の心だね
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-25 00:00 | 京都にて | Comments(0)

一泊じゃ足りない!~伏見稲荷と言えば雀だけれど

d0094416_23381118.jpg
多分ね、最早後半は「ビール!」を心の支えに頑張って歩いていたのであろう、相方さん。
d0094416_23401572.jpg
祢ざめ家さんで休憩を。
時間も時間だし、夜は夜で行く場所も決まっているので此処はかーるくビールとちょこっと鰻と鰻の骨せんのセット。
物足りないような気もしますが、いいんです、こんなもんで。
西の鰻はかりっと香ばしい。
d0094416_23432549.jpg
待っている間にも恐らく近所の人が買いに来る。
店頭で焼いている鰻はやっぱりそそられる。
グラム売りの鰻、近所だったらやっぱり私も買いに来てしまいそう。
よく見ると、あのTシャツも欲しいなあ(笑)。
d0094416_2345226.jpg
伏見稲荷と言えば雀。
でも雀はいなかった。
冬季のみだったかな?お品書きに「時価」と書いてありちょっと慄く。
代わりに鶉。
丸のまま出てくるのかと思ったら親切に切ってある。
骨も多いし噛み応えもある鶉、つまみにはこれで十分。
これで相方さんも少しはパワーチャージ出来たかしら。
まあ、この後は特に歩き回る訳ではないのですけれどね!



くるくる回る落ち葉
秋は不意に訪れる
焼けた腕が恥ずかしいくらいに突然だ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-23 00:00 | 京都にて | Comments(4)

一泊じゃ足りない!~千本鳥居は本当は何本?

d0094416_172688.jpg
この日も思っていた以上に暑い日でした。
この前の日まではここまで暑くはなかったと思うのだけれど、この日は…暑いっ!
さて此処は何処?
d0094416_17272448.jpg
ヒント?答え??
d0094416_17275439.jpg
狐さまの総本山とでも言いましょうか、伏見稲荷大社


伏見稲荷の景色
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-19 00:00 | 京都にて | Comments(0)

おとうさんふたり??

d0094416_991642.jpg
なんだかちょっと可愛らしくて微笑ましくいてつい(笑)。



何故か突然鮮やかに君の記憶がよみがえる
同じように君にもそういう時があるのかな


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-16 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(2)

3度目というよりは2.5度目の~久米島の猫

d0094416_17444345.jpg
やっぱり猫はいい。
d0094416_17454773.jpg
いいなあ。
久米島の猫。
d0094416_1747018.jpg
ホテルの駐車場の車の前。
結構忙しない場所の筈なのにこの寝顔。
錆茶の猫もいたなあ。
もこもこの子もいた。
なあーーーーーー、と鳴く声を思い出す。


おまけさん
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-12 00:00 | 沖縄にて | Comments(2)

ただ走っただけだけど

d0094416_15305448.jpg
前回の圏央道を走りたいドライブからそれほど経っていませんが、再び圏央道ドライブ(笑)。
今回は本当に目的がなく、関越道に入って高坂SAに寄っただけで、その後すぐに高速を降りてUターン!
なんなんでしょ。
でもね、此処で美味しい氷を食べたから私はいいのだ。
日光の天然氷のかき氷。
びっくりするほど誰もいなくて、おじちゃんは隣の店の人と喋ってるし、そーっと近づくと
「いらっしゃーい!天然かき氷美味しいですよー、サービスするよ!」
にこにこおじさん。
「今日初めてのお客さんだからね!ストップって言うまで入れるからストップ言ってね」
わーい!
じーっとずっと見続けてストップ言い忘れる私。
「…もう入らないけど止めていい?」
あ、ごめんなさいい!
d0094416_15371839.jpg
苺シロップも手作り、甘くて美味しい。
食べ始めたらだんだん人が集まってくる。
よく聞くと、このおじさん、このSAの副支配人らしい(笑)。
バイトの子が休んでしまって急遽店番。
d0094416_15385813.jpg
氷のおまけ。
綺麗な氷だ。
んー、コーヒーショップで500円のかき氷を買うなら、750円でこっちを買った方がお得だと思いますよ、おかーさん!


もう帰るんだよ、本当に
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-10 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

3度目と言うよりは2.5度目の~そばでしょ sanpo

d0094416_12573124.jpg
此処だけは今回外せない、と話していたのは此方、やん小~さん。
何故って?
だって、過去2度来ているのに、のべ6日ほどの滞在時間なのに、タイミングが悪くて臨時休業だったり定休日だったり色々でずっとお邪魔できなかった店なのです。
営業時間は12時から15時まで、ご自宅を開放しての営業なのです。
居間が客席、客席はいつもは居間、仏壇も床の間もあるし、色々配布物が貼ってあったり。
d0094416_1331315.jpg
島そばと。
d0094416_1335393.jpg
ソーキそば。
ソーキは柔らかくてほろほろ、出汁も美味しい。
もやしそばも食べたかったけれど、今回はとりあえずスタンダードにこの2杯にしたけれど、やっぱりもやしそばが気になる。
此処は葱ともやしは島内産、それもちょっといいね。
この日はとても混んでいて、一人で客を切り盛りしていたお姉さん、最後に「すいません、気持ちサービスでスタンプ多めに押してあります」。
あら、じゃあまた来ないとね(笑)。
旅先でスタンプ集める自分、それもなんだかおかしい。


まねっこ?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-08 00:00 | 沖縄にて | Comments(2)

3度目と言うよりは2.5度目の~大ソテツは本当に大ソテツ

d0094416_1513156.jpg
毎回気になりつつも見逃していた、宇根の大ソテツ。
県の天然記念物。
樹齢300年の大ソテツが一対になっている。
右のソテツに
d0094416_152057.jpg
左のソテツ。
予想を上回る衝撃。
ソテツの見事な枝振りに感嘆。
300歳のソテツが2本、その間には立派な石。
d0094416_15104143.jpg
沖縄の家だ、風通しがいい。
そう、色々な意味でね。
玄関、うちもいらなかったかなあ(笑)。


いい庭、いい家
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-05 00:00 | 沖縄にて | Comments(0)

3度目と言うよりは2.5度目の~食べたね~

d0094416_982628.jpg
そろそろいい時間、久米島最後の夕食は、宿泊していたホテルでバーベキュー。
勿論、2人ではありません、8人です(笑)。
旅行プランにバーベキューが付いていたらしいのですが、何処にそんなこと書いてあったのだろう?チェックイン時にフロントで初めて知りました。
すると、此処の料理長は友達だから、と、おかん前夜に直電(笑)。
小さい島だ、ほとんど知り合い。
d0094416_9103516.jpg
「サービスしてね」
可愛く言えばこんな感じなことを言っていたと思う。
肉が…すごい!
「島の人は海老食べ過ぎてるから海老食べな」
と、ほいほい私の皿に海老を乗せていくきよしさん。
d0094416_914353.jpg
考えてみればちょっとおかしな風景。
観光客ばかりな筈のホテルのレストランで地元の会話が大きく響く。
いやー、やっぱり地元同士の会話にはまったく入れません、わっかんない(笑)。
そしてその後は「行くよー」と、スナックに行き、そこでまたたっぷり飲んで喋って少し歌って、最後の夜が更けていったのでした。


おまけ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-09-03 00:00 | 沖縄にて | Comments(0)