<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

一生一度は~鳥羽水もいいね

d0094416_20195073.jpg
意外なお気に入りは鳥羽水族館
なかなか楽しいぞ、やるな、鳥羽水族館!
ていうか、君たち、いすぎじゃない??
d0094416_20214571.jpg
こっちも!
d0094416_20225559.jpg
水族館だけどカピバラ。
此処の展示の仕方は嫌いじゃない、いや、好きだな。
d0094416_20263953.jpg
ペンギンたち、逃げ出さないかしら、と思ってしまう。
のんびりと気持ち良さそうだけれど。
d0094416_20273238.jpg
けれど相方さん最大の目的はダイオウグソクムシ、そしてフィロゾーマ。
私がはしゃいだのは、イグアナとスナメリ。
いや、フィロゾーマにもきゅんとしました(笑)。
ジュゴン、何度も水槽にぶつかりながら泳いでいたけれど、大丈夫かしら。
何はともあれ、鳥羽水族館満喫。
此処もまた来たい水族館。



夢の続きは夢の中で
ずっと醒めない夢の中
続きは続いて終わりはなく
それは果てなく続く遠い遠いもしかしたらそんなに良い世界ではないかもしれない僕らの未来へ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-30 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

一生一度は~伊勢湾もいい

d0094416_16492282.jpg
伊勢湾に浮かぶ島の中では大きな島、答志島
九鬼水軍の九鬼嘉隆最期の地であること、意外と知らなかった。
今では漁師の町、答志島。
帰り際、港で船を待つ間に地元のおばあちゃんに話しかけられる。
船を作る家業だったらしい、島のおばあちゃん。
またね、また此処で会えたらね。
半ば本気でそう思いながら船に乗る。
今度はゆっくり島を歩きたいな。
そんな答志島を出て鳥羽港へ戻り、そのまま鳥羽湾周遊とイルカ島上陸クルージングへ。
d0094416_1745752.jpg
龍宮城、と言う名の船はなんともはや。
どことなく江ノ島駅に似ている。
そういえば、江ノ島駅も龍宮城がモチーフだ。


伊勢湾とイルカ島
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-27 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

一生一度は~一番願ったかもしれない

d0094416_10232356.jpg
おはらい町を通り抜け、次に向かったのは此方、猿田彦神社
みちひらきの神、この先も良い方向へ進んで行かれますように。
向かい合うのは佐瑠女神社、芸事と縁結びの女神さま。
ひっそりとしっかりと、誰かさんの縁を祈願して(笑)。
d0094416_10283083.jpg
裏手に回ると御神田がありました。
d0094416_10293316.jpg
稲穂も美しく。
豊かに実る、気持ちも豊かになる気がしますね。
d0094416_10303713.jpg
そして更に歩いた先、それは月讀宮、内宮の別宮です。
此方も静かな森に囲まれた静かな場所。
月讀尊、月讀尊荒御魂、伊弉諾尊、伊弉冉尊が、並んで祀られています。
此方の空気、私は好きだったな。
伊勢を巡るのももう終わり、そう思うとなんとなく淋しい気にもなる。


次の目的地
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-17 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

一生一度は~おかげさまおかげさまでお楽しみ

d0094416_21445899.jpg
おかげさまで此処まで参ることが出来ました。
お参りも無事に終わりましたことですし、ちょっと一服、おかげ横丁へ。
此方は、人人人!
あの広い空間からこのおかげ横丁、おはらい町へ流れ込む人の数はやはり多かった!


こちらもこちらでそぞろ歩き
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-16 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

一生一度は~内宮へ

d0094416_7521635.jpg
相方さんが渡りたかった宇治橋。
この日も良い天気。
d0094416_7564998.jpg
五十鈴川、涼やかな流れに見えるけれど、下流の水の少なさにちょっとびっくり。
さて。
内宮へ参りましょう。


内宮へ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-13 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

一生一度は~んふふとほー

d0094416_14271714.jpg
お部屋にお風呂付、温泉、伊勢市駅前、旅館のようなホテルのような、出来たてぺかぺかの新しいお宿。
ぎりぎりの中、色々譲れない条件やら何やらを模索していたら今回は此方になりました。
新しい所なので、スタッフさんもぎこちなかったり要領を得ない所もありましたが、一生懸命なのは伝わりました。
頑張れ!
まだまだ改善点は多いけれど、良い方向に進んでいくといいですね。
d0094416_14354825.jpg
歩き疲れた足を大浴場でじっくり伸ばし(ラッキーなことに貸切状態!)、良い汗を流した所でこれですこれ!
伊勢ピルスナー
そして神都麥酒!!
しゅわしゅわ、やっぱり幸せ。
地ビールは一時期よりもだいぶ種類も豊富になりましたね。
旅に行ったらご当地ビール、それも旅の楽しみ、になるかな。


さてさてこれから?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-08 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

一生一度は~木で巡る

d0094416_13374893.jpg
御厩を過ぎると人も少なくなる。
御厩と火除橋の間、人通りもない、静かな小路、此処は鳥の声がよく聞こえて歩いていると気持ちが良い。
その先に小さな社、度会国御神社と大津神社がある。
二つの社のすぐ脇にはどちらも大きな古木があった。
d0094416_13431687.jpg
大楠。
本当に立派な木。
洞から狸が出てきそうだ。


木の生命力はすごいです
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-06 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

一生一度は~外宮から

d0094416_1328279.jpg
昼過ぎに到着、まずは外宮から、と参道を歩く。
けれどその前に、ひらひらとはためく「赤福氷」。
これは立ち止まってしまいます。
d0094416_13305424.jpg
お参り前に早くも休憩?
火照る身体を鎮めてからお参りしないとね(笑)。
この中にお餅と漉し餡が埋まっているのです、夏限定の赤福名物。
抹茶の味も氷の冷たさもちょうどよく、これは美味しい。


参ります
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-04 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

一生一度は~旅立ちます

d0094416_18291059.jpg
今年の内に行けるとは思っていなかった。
毎度のことながら、相方さんの休みが取れると分かったのは5日前、それから行き先を検討して切符や宿やら手配していつもながらばたばたと準備をしての旅立ち。
まあ、ばたばたは私の気分的なことなのですけれども。
だって切符取って宿取っては私の領分だから。
でも良い旅でした。
やはりおかげさま、一生に一度はお伊勢参りと。
想定以上に気温が高かったけれどね!



ただ思い返すのは
あの日もこの日も君は変わらない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-09-02 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)