<   2013年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新緑を浴びる旅~ロープウェイで行く

d0094416_1030126.jpg
いきなりロープウェイですが。
d0094416_10303961.jpg


どこに行く?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-30 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

新緑を浴びる旅~朝

d0094416_152155.jpg
爽やかな朝。
のんびり目の朝食その前にやっぱり温泉。
お食事する部屋からの眺めも朝はまた綺麗だ。
d0094416_162839.jpg
昨日の決意。
d0094416_17143.jpg
陽が射すロビー。
遠くから子供の声が聞こえる。
d0094416_182352.jpg
下駄履いて庭散策、それも楽しい。
なんだか下駄が笑っている、仲睦まじく、そんな感じ。
d0094416_193998.jpg
やっぱり美味しいのは景色が助けている贔屓目もあるけれど。
出る時、宿のご主人もお見送りに出てくれていた。
まだ若い。
そうか、さっきの子供の声はきっと此処の子の声。
ゆったりした時間をありがとう。
さて、春の旅、最後はどちら?



月を見ることも忘れるくらい忙しいなんて何の言い訳にもならない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-29 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

新緑を浴びる旅~真心の膳とお楽しみのカクテルを

d0094416_10385222.jpg
ちょっと山道を歩いたり温泉に入ったり、美味しくお食事を頂く準備は万端!
違うお部屋をお食事処としてご用意して下さったので、のんびりゆっくり愉しめました。
地物を使った美味しいもの。
d0094416_10441362.jpg
小腹を満たす一椀はじゃこを散らしたお蕎麦。
山椒が良い匂い。


食事は楽しく
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-27 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

新緑を浴びる旅~お宿玉川館

d0094416_16574490.jpg
いやあ、もっと前から来ればよかったな。
ついつい伊豆箱根に行きがちだけど、此方もなかなかいいぞ!
こんなに近いのに良い温泉、今回お邪魔したのは七沢温泉 元湯玉川館
d0094416_1712370.jpg
綺麗だな。
思わず見惚れてしまう花。
のんびりゆったりの良い予感です。


こんなお宿
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-24 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

新緑を浴びる旅~まずは公園散歩

d0094416_9424735.jpg
急に温泉計画なんていつものこと(笑)。
私は仕事がある筈だったから、私の仕事が終わってからでも行ける近い所で、なんて思っていたら急遽仕事がなくなってしまったので、のんびり公園散策という予定が加わった。
のんびり、いや、のんびりというよりはちょっと山道散歩?
d0094416_9464434.jpg
ね?
此処は七沢森林公園


さあハイキングだ!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-22 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

ステーションホテルのイタリアン oishii

d0094416_910404.jpg
すぐそこ、何歩かな(笑)。
一度は泊まってみたいなあ東京ステーションホテル
d0094416_9115820.jpg
歩いて喉も渇いた、と、まずはロビーラウンジで軽く乾杯!
何でしょうね、座り心地の良いソファに高い天井、このビールの泡のクリーミーで美味しいこと!幸せな瞬間!!
予約の時間まで、ちょっと一息。


さてさていよいよ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-21 00:00 | 食道楽なこと | Comments(2)

華やぎ添えて歌舞伎座へ

d0094416_8101213.jpg
歌舞伎座
行ってきました、杮葺落し!!
流石に着物姿が多く見られました。
噂の中村屋、七緒八くん、立派でしたねえ。
三津五郎さんの真似をして扇を開いて見得を切り、勘九郎さんに扇を取り上げられていました(笑)。
私の大好きな吉右衛門さんの「熊谷陣屋」は重厚で、やっぱり上手いなあ、と最後の引っ込みで涙しそうになりました。
新しい歌舞伎座、座席も見やすく、足元も余裕があり、座り心地も良くなりました。
この日、いつになく緊張感が走っていた劇場関係者。
尋常じゃない人の数、いや、スーツ姿の屈強なお兄さん方。
おば様方のざわめき、役者の奥様方勢揃いの圧巻。
そう、実はあの日だったのですね。
両陛下天覧歌舞伎。
びっくりした!
とても穏やかで慈愛の雰囲気を纏っておられました。
染五郎さん、心成しか表情が強張って見えました(笑)。


良い舞台だったな
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-19 00:00 | 観ること | Comments(2)

特別な着物

d0094416_19381976.jpg
ちょっと特別なのです、この着物。
実はね、久米島で仲良くなったおかん、おかんがウージで染めて織り上げてくれた久米島紬
ウージも知人の畑に自ら採りに行ってくれたそうです。
ちょっと感動、かなり嬉しい特別な紬。
写真だと分かりにくいですが、綺麗な薄緑色、若草色。
ユウナ染めとちょっと迷ったのですが、ウージで大正解!
嬉しいなあ。
ちょっとどきどき。
糸作りから反物になるまでを1人で作り上げる久米島紬。
出来上がったものじゃなくて、私の為に糸を縒り、染め、織る。
なんて贅沢な一枚なのだろう。
「これから染めるからねー」
そんな電話もあったなあ(笑)。
さて、帯は野蚕糸の袋帯で、ちょっとだけ華やぎを見せたくて帯締めと帯揚げは赤にしてみました。
何故華やぎが欲しかった?それはまた次回ね。
d0094416_19444345.jpg
そして数日後、懇意にしている着物屋さんにプチ自慢をしに(笑)。
今日の帯は久米島紬の帯、おかんの紬と一緒に送られてきました。
久米島紬の帯、これはまだ珍しいと思うのです。
久米島紬が帯を作り始めてまだ2,3年、年間に作る本数もそんなに多くはない筈。
帯はおかんセレクト、流石、素敵な帯です。
地味?
でもずっと着られる。
小物を変えれば表情も変わるし、帯を代えればそれなりの場所にも着ていける。
一つ紋なんか入れちゃえば格もぐっと上がるね。
でもそれはきっとしないな、もっと気楽にいっぱい着たいから(笑)。
着物なんて着てこそだから。
最近ちょっと大人しかった着物熱、再燃。
おかん、ありがとう!
暫く声も聞いてないけど、元気かな。
着て会いに行きたいけど、着て行くには久米島は暑いなあ…。



気付かなくて青虫が葉を食べていた
蕾のがくも食べていた
大事な君なのにごめんね
青虫だって生きていかなきゃいけないけれど
でもごめんね
青虫には違う葉っぱに引っ越して貰おう
君には美しく咲いて欲しいから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-17 00:00 | 和を愉しむ | Comments(8)

上野といえば大人も子供も

d0094416_9314712.jpg
広々気持ちよくなった上野公園噴水広場。
走って走って気持ちが良いね。
今回は甥っ子姪っ子や母や妹たちと上野までプチ旅行気分。
d0094416_9333625.jpg
さて誰待ち?


さて誰だ?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-14 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

好きな町を歩く

d0094416_1031878.jpg
風の強い先週末。
まだ咲いて残っていたね。
d0094416_10321145.jpg
八重。
鮮やかな色だね。
此処を歩くのはちょっと久し振り。
d0094416_1033692.jpg
鬱金桜、と言うらしいです。
淡い黄色がかった桜、可愛らしくちょっと珍しい。
此処は何処?
d0094416_10361391.jpg
谷中です。


例えばこんな
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-04-12 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)