<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桜の下を走ろう

d0094416_12555938.jpg
あれから2日後、だからもう一週間も前になってしまう。
ちょっと自転車で桜を探す。
出渋る相方さんも引っ張り出すのだ。
d0094416_12571011.jpg
散り際の木蓮と満開間近の桜の競演。
d0094416_1259323.jpg
曇の予報も、晴れ間も多く気持ちが良い日だ。
d0094416_1304314.jpg
まだ蕾も沢山だった。
今日はもう散ってしまった花もいることだろう。
桜、咲き始めから満開、散り際、葉桜、姿は色々好みも色々。
d0094416_1335130.jpg
鉄塔すら美しく見えてしまうのは桜の魔力。
d0094416_1344996.jpg
足元にも春。
土筆、可愛らしい。


ちょっと移動
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-31 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

桜を見ながら

d0094416_10371993.jpg
まさに爛漫。
いきなり訪れた桜の満開に浮き足立つ。
どうする?どうしよう?
d0094416_10384416.jpg
桜、咲くとやはり華やぐ日本の花。
d0094416_1040126.jpg
風に揺られて可愛らしい。
この桜は初めて見る桜。
というのも、友人宅から見える桜だからだ。
初めて訪ねる友人宅、花見が出来るとはなんとも羨ましい。
d0094416_1042560.jpg
ちょっとしたきっかけで急に決まった嬉しいご招待。
「明日でもいいよ?」
それならせっかく咲き始めたんだもの、ちょっと早めにお邪魔して花見酒と参りましょう(笑)。
d0094416_10435569.jpg
ほら、桜、も歓迎してくれているのだ!


宴はじまり
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-26 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

夢の国は夕暮れからが美しいのだ

d0094416_15165898.jpg
ビッグバンドビートを見終わった頃にはすっかり陽も落ちていた。
此処のショーはやっぱり楽しい。
前回も観て、その時にも気になっていた日本人のダンサーさんが今回も踊っていた。
小柄なのに綺麗に手足を伸ばして衣装を使って大きく見せている、なんだか印象的だった。
このショーには固定客がいるんだなあ、と思ってしまう盛り上がりにびっくりだ。


夜の景色
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-24 00:00 | 旅先のこと | Comments(0)

7人の子供みたいな大人たち

d0094416_9181473.jpg
前回から3年振りの訪問。
今回は大人数!
仲良くしているご近所さん5人家族と我家の2人、計7人で遊びに来ました。
とはいえ、未成年は高校生が1人だけ、はしゃげる大人の遠足です(笑)。
あの時に盛り上がったのがきっかけです。
走り回るエネルギーや待ち続ける忍耐力も欠けてきた私たち、此処で若い力に引っ張って遊んで貰おうと、動ける走れるスタイルで参戦です(笑)。


遊びまーす
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-22 00:00 | 旅先のこと | Comments(2)

ラッキーマン

d0094416_10412989.jpg
とある休日、この日は丸一日甥っ子姪っ子お預かりの日。
久し振りに我家にレゴがどーんと広がる。
その隣ではウォーリーを探せ!やら国語辞典やらが広げられる。
「ブロックで家作ってよ」
「ちょっと聞いてる?此処見て」
うー、いやね、施基は一人なのだよ、手も4本ないし目も2つしかないのだよ。
でもちょっと楽しい(笑)。
お疲れ気味の相方さんにはちょっとだけ申し訳なかったけれどね。
d0094416_10463567.jpg
なんだか少々邪悪な表情ですが、「ラッキーマン」だそうです(笑)。
ラッキーマンのままパスタ食べ終わりました。


実は嬉しいこんな日でした
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-20 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

銀座迷子と花売り娘

d0094416_17301264.jpg
夜の銀座は間違いなくアジアンシティだ。
妙な熱気と賑わい。
久し振りにあの空気を感じる。
そんな銀座で彷徨う、宛ら迷子である。
ビルの看板を見上げながらふらふらとくるくると。
「お姉さんたちどうしたの、何処に行きたいの」
数々の花束を抱えた、そう銀座の花売りが声を掛けてくれる。
夜の蝶に渡されるべき花たちなのかな。
地下に潜ろうとする黒服にも声を掛けて目的のBarの所在を聞いている。
なんだか楽しい迷子だ。
大丈夫、探し出すから、と別れたのに、10分後にまた出会う。
「まだ見つからないの、大丈夫?」
なんとも情けないやら申し訳ないやらバツが悪いやら、でも私は楽しかった。
この迷子時間もアジアな銀座を彷徨うのも花売り姉さんに出会ったことも。
「私、これ買います」
「いいよ、いいよ、気遣わないで」
「いえ欲しいんです」
「私この色がいいな」
結果、その花が今此処にある。
花売り娘からrさんが買い、私が頂いてしまった薔薇一輪。
この日はきっと何もかもの歯車がちょうどよく動いていた日だ。
あの美術館から千鳥ヶ淵もおでんも迷子もBarもハイボールも。
だって私はとても満たされていた。



最近の夢は鮮明だ
あの日からずっと夢は鮮明で華やかだ
その意味を考える
私の脳裏に誰が潜むのか
もしかしたら私こそが幻なのかもしれない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-16 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

桜咲く前千鳥ケ淵

d0094416_17111576.jpg
駅を出ると桜の枝が出迎える。
d0094416_17142862.jpg
千鳥ケ淵。
桜の名所、人で賑わうのはまだ先のこと。
久し振りに会う友人と待ち合わせ、素敵だな、と思える美術館へ行き、そのまま清々しい気分で散歩する。
なんだかもう、すごく楽しくなっていた。
d0094416_17165119.jpg
九段下から半蔵門、竹橋辺りは歩くと面白い。
今度はゆっくりもっと早い時間から散策しよう。
でもこの夕暮れ時もたまらない。
だってほら。
d0094416_1718505.jpg
振り返ると空のグラデーション。
これは昼間は味わえない。
何でだろう、なんだかただとても楽しくてわくわくしていた。
「ああ、これで片手にビールがあればすっごく幸せ」
そんな声に激しく同意して笑う。
ああ、それじゃあ早く何処かに行かないと、でもこのままこののんびりした気分も味わいたい、だからやっぱり片手に缶ビール。
d0094416_17253883.jpg
トラックも車も走る。
西に向かってひた走る。
行ってらっしゃい、気をつけて。
一足お先に、ごめんね、私たちは夕暮れ時間から夜時間にシフトする。
竹橋から地下鉄に揺られて銀座に向かう。
私の熱望に答えてくれたrさんと銀座でおでん。
此処でもなんだかスペシャルに楽しい時間は続いていた。
「なんだか施基さん、今日は3倍速」
と笑う。
よくよく考えたら、rさんと洋服で会うのは初めてだ。
和装マジック、早口でちゃかちゃか動く私も和装だと多少なりともお淑やかに見える、かもしれない。
白子のおでんなんかを食べながら熱燗を飲む、なんだかちょっとおっさんな私だけれど。



再会しては本当はいけない再会
淋しくて切り裂かれそうな思いを抱えた別れ
そんな季節はもうすぐそこ
痛くて甘くて地獄で溶けてしまいそうな春


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-14 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

突然のマイブーム oishii

d0094416_8543815.jpg
友人から本を借りた
久し振りにのんびりとほんわかと読める本だった。
軽い本。
でも軽々しくない本。
そして私に到来したのが「和菓子ブーム」。
まずは近所で美味しい和菓子屋を探す。
d0094416_856579.jpg
今時の小洒落た店舗ではなく、昔からある簡素な店。
でもだからちゃんと餡が美味しい。
ついつい今回は上生菓子を買ってしまったが、今度は大福なんか買おうと思う。
和菓子で日本茶、至福の午後。


お出かけしても
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-11 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

曽我の梅

d0094416_8255528.jpg
先月下旬、思い立って車を走らせた。
本当に走らせたのは相方さんだけれど。
曽我の梅林


咲け咲け花よ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-07 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

円空転、いや円空展!

d0094416_935209.jpg
とある金曜日。
友人と円空展へ行く。
こつこつとした素朴な仏像たち。
迦楼羅天と狛犬、龍頭観音菩薩立像、そして柿本人麻呂坐像は好々爺、くるくると会場を巡る。
会場内は古木の匂い。
偶像だからこそ救われることもあるのかもしれない。
笑みのような感情を殺したような、能面に通じる表情は人を映すための鏡、だろうか。
d0094416_934938.jpg
この冬はこれしか着ていないな。
結城紬と初顔合わせの野蚕糸帯。
真綿で包まれるというのはやはり温かい。
でももう3月、そろそろあの子に袖を通す時かな。


おまけかメインかそれは貴方次第
[PR]
by shiki_cappa_m | 2013-03-04 00:00 | 和を愉しむ | Comments(2)