<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏の乾杯は此方で

d0094416_9574026.jpg
こんな空を見ながら。
d0094416_9592397.jpg
乾杯くらいはデッキで如何?
夏の特権。
風が吹けば少しは涼しい夏の夕方。
ビールが美味しい!



いつまでも踊る阿呆でいたい夜


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-30 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(2)

冬瓜丸ごとスープ

d0094416_8505563.jpg
そんなに大したものでもないけれど、作り損ねて数年経っていたもの。
冬瓜のスープ。
ちょうど良い大きさの冬瓜もあったことで、やっと出番。
4分の3程切った冬瓜をくり抜いて、一番底に鶏肉を詰める。
軽く塩を振りながら、筍、戻した干し椎茸、長葱、エリンギ、戻した干し貝柱、などを入れていく。
戻し汁に少しだけオイスターソースを加えて、みじん切りにした生姜も加えて器となった冬瓜に注ぐ。
あとは蒸すだけ。
意外と簡単。
冬瓜の実を抉りながら食べるスープ。
暑い夏、意外と食が進むのは具沢山のスープかもしれない。
少し中身をアレンジしてまた作ろう。



大切なのは通り道
空気の通り道
水の通り道
風の通り道


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-25 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

ベルリンへ

d0094416_921556.jpg
なんて、久しぶりに上野まで。
ベルリン国立美術館展です。
この、「果物、花、ワイングラスのある静物画」、なんて柘榴とさくらんぼが美味しそうなんだろう、と(笑)。
実物は本当に瑞々しく、存在感のあるものでした。
冒頭から彫刻だったので、ちょっと嬉しい私。
ただ、やはりキリスト教の世界観は私にはちょっと理解しがたい部分もあったので、ただそれは美術品として観てしまいます。
八百万、の感覚だと、あの虐げられた龍の存在(異教の象徴、ということで)がまた微妙に思えてしまうのです。
でも。
ミケランジェロの素描は良かったなあ。
黄金の絵画時代、と銘打たれた17世紀の、ルカ・ジョルダーノの2枚、力強くて好きです。
流石に、「真珠の首飾りの少女」の前は人だかりでしたが、全体的にはゆっくりと観ることが出来て満喫しました。


そぼ降る雨のお出掛けは
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-23 00:00 | 観ること | Comments(4)

夕暮れ提燈 sanpo

d0094416_1582863.jpg
もうこんな時期。
夕闇迫り太鼓が響く。
何処からともなく集まり走る子供たち、大人は生ビールでも飲みましょうか。
ぐっと潤ったらのんびり焼きそばでも食べながら。
盆踊りの輪は、ちょっと遠慮しておこう。
夏の夕暮れ。



一雨
それは清涼剤
庭の紫蘇の葉が広がる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-21 00:00 | 色々な風景 | Comments(6)

梅雨も明けたし何食べる?

d0094416_9371071.jpg
梅雨も明け、この湿度と気温に食欲も減退がち。
いやいや、減退傾向に負けていたらこの夏を乗り切れない!
そんな訳で、施基家は食べます(笑)。
庭の紫蘇、暑さにやや根負けして焼け気味ですが、なるべく良い子をたっぷり選んで。
鰹のたたきに、赤海老。
d0094416_9395219.jpg
最近のお気に入り、にら玉蒸し。
大きな器ににらを入れ、胡麻油を軽く和える。
そこに卵液投入で蒸すだけ。
今回はちょっとあった干し海老も入れてみた。
一人用の茶碗蒸しよりも美味しい気がするのは、多分気分なのだろうけれど、ざっくりとレンゲで掬い取るのは気持ちが良い。
d0094416_9425726.jpg
少し前に頂いて、幾つか冷凍しておいたライチ。
生ライチはやっぱり美味しいけれど、シャリシャリライチもまた美味しい。
ちゃんと食べてちゃんと元気に!
でもね、何がちょっと面倒かって、この暑い中、日々の献立を考えるのがちょっとだけ嫌になったりする時もある。
誰か作ってくれないかしらって(笑)。



日々のこと
当り前に過ぎていく毎日のこと
それが当り前じゃないことなんか気付かずに
いつか来るその日の為に
一歩だけまた進む


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-18 00:00 | 食道楽なこと | Comments(3)

チョークのまちへようこそ

d0094416_8415056.jpg
ようこそ楽しい町へ。


どんなまち?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-14 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

求める読み物

d0094416_23532866.jpg
読み進められる本と、なかなか捗らない本。
どちらも大好きな作家なのだけれど、如何せん、この纏わり付くような湿気と茹だる気温のせいなのか。
平松さんの、水の話や鉄瓶の話はとんとんと相槌を打ちながらあっという間に読み終える。
今回ばかりは、何故かゆっくりもったりと行きつ戻りつ進めている梨木さん。
タイミングや気分に加えて、おそらくきっと、ちょっとした天候に左右されている私の脳。
それも仕方がない。
そんな速さがきっと必然なのだとちょっと重く頁を捲る。
それにしても。
やはり鉄瓶は買うべきなのだろうか。



まだ間に合うか間に合わないか
おそらく私の胸一つ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-12 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(2)

美しい演奏会

d0094416_23432891.jpg
ずっと楽しみにしていたコンサート。
一度は聴いてみたいと思いながらなかなかタイミングが合わずに今になってしまった。
聴いて、後悔。
もっと早く聴きに行けばよかった!
なんて丁寧に繊細に、そしてダイナミックに美しく振る人なんだろう。
其々の音がバランスよくまとまる。
音の存在感は抜群だけれど、彼女の存在感は音と重なる。
立ち姿が美しい。
俗に言えば格好良い(笑)。
ミーハーと言われようと、今から追っかけしたい気分です(笑)。
私もお隣さんも大満足!
指揮者西本智実
ともすれば人の闇を見るようなベルリオーズの『幻想交響曲』。
闇も見えたけれど、光も僅かに存在する。
良い演奏でした。


私も彼女も何が好き?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-10 00:00 | 音を聴く | Comments(4)

ささのはさらさら

d0094416_932160.jpg
ささのはーさーらさらーのきばにゆーれーるー。
「施基ねーちゃんちで願い事書く!」
と、突然の急遽縁側幼稚園(笑)。
d0094416_95024.jpg
頑張って書く。
お手本見ながら書く。
d0094416_961792.jpg
頑張った跡は見られるね。
実は笹の葉じゃないけど(笑)。
我家の伐採した竹だけど。
毎年こうして遊んでいる。
折角の七夕さまだ。
願い事もどうせなら沢山ね。
「お父さんとお母さんの笹もちょーだい」
お父さんとお母さんの願い事は何だろうね。
d0094416_994618.jpg
お兄ちゃんはカタカナが今は好きらしい。
さてさて???
ちなみに此方はお父さんの願い事、らしい。
d0094416_9104889.jpg
完成!
最後の設置はお父さんと相方さんで。
お母さんと施基ねーちゃんはお支度中。
ふふ、今日は施基ねーちゃん、お母さんとデートです。
男性陣と子供たちは仲良く楽しくお留守番(笑)。
だっておうちキャンプするんでしょ?
願い事いっぱい書いた短冊見ながら、男同士の話もあるでしょ?
咎められずに目一杯思う存分飲めるでしょ?
きっと子供たちものびのび放置なんだろうなあ。
たまにはそんな日も良いよね?
じゃ、お父さん、相方さん、よろしくね。
いってきまーす!



晴れやかな気分は空とは関係なく広がる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-08 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

モノクローム

d0094416_22372844.jpg
振り向いた世界。
一瞬くらっとして世界がモノクロになった。
いつもと同じ色になったのは、きっと本当は、,0001秒。
私にはくらりと長い永遠。
眩暈のような一瞬。



もし飛べるなら
でもその前に翼を羽ばたかせて海に潜りたい


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-07-06 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(0)