<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

問答気分

d0094416_2327545.jpg
ゆとりがあるから出来るのか、これが出来るからゆとりも出来る、のか。
時間的に余裕はあっても気持ちに余裕がないと心からゆったりとは出来ない、ざわざわした何かを孕んでぼーっとしても寛ぎにはならない。
そもそも心から何も心配なく過ごせる時間なんて、許されていないのかもしれない。
だから走って求めて、その微かな疲労でそれを忘れてほっと息をつくと少しだけすべて真っ白になって自分を正せる。
人はなんて面倒なのだろう。
ただ、何も考えずに鼻孔をくすぐるほのかな良い匂いに、えもいわれぬ幸せを感じるこの瞬間はきっと本当に無防備に幸せだ。
午後のある日、しゅんしゅんと湯を沸かし、珈琲豆を計り入れ、そのミルを手渡す。
ポットにフィルターを準備しながらゴリゴリと豆を挽く音を聞く。
ぷっくりと膨らむ粉。
部屋にあの良い匂いが満ちる。
伸びやかに寛ぐならマグカップで、ちょっと背筋を伸ばしてソファに沈みたいならカップ&ソーサーを。
媚薬。
魅惑。
もしかしたら魔法がかかる午後。
永遠には続かない安らぎとざわつく刺激と狭間で揺れる幸せな時。



くるりくるりはらりさらり


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-30 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(4)

エスニック恋しや

d0094416_9403621.jpg
少し前になりますが、ずっと気になっていたベトナム料理屋さんへ。
最寄駅から一駅、自転車圏内なのですが、なかなかタイミングが合わず、やっと、という感じです。
ベトナムで賞を取ったシェフの店で、スタッフも皆さんベトナムの方。
まずは、相方さんご注文の牛肉胡椒炒飯。
なぜかハートに模り(笑)。
写真では普通にご飯に目玉焼き乗せだったのになあ、でも可愛い。
これがボリュームたっぷりで、女性一人では完食出来ないかも…なくらい。
そして胡椒のアクセントがバシバシ効いていて美味しいのです。
d0094416_9471899.jpg
そして私はフーティウ ナム ヴァンという、フォーとはまた違う米粉の麺。
もやしとにらは後乗せでたっぷりと、レモンをぎゅっと絞ってさっぱり。
美味しい。
気になる一品料理も色々あるので、今度は夜来たいなあ。
暑くなってくると、エスニックが恋しくなる。
タイ料理ほど辛くはない此方の方が相方さんには好みかも。
夏の夕暮れ、自転車飛ばして来るのもいいかもしれない。
いやきっと、この夏のそんな姿がもう見えるようで(笑)。



やっと爪が戻ってきた
酔っ払うと爪を齧る
悪い癖


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-28 00:00 | 食道楽なこと | Comments(8)

美味しい週末

d0094416_15434577.jpg
週末に友人たちが集まった。
なりた会メンバーで上海蟹メンバー、要するにお酒大好きな相方さんの悪友たちと、計7名(笑)。
何を作ろう?
おもてなしメニューを考えるのも楽しい。
久しぶりに作ってみようかな、と昔のレシピをがさごそ探す。
豚バラ肉をハーブと塩で一晩置き、翌日一気に時間をかけてくつくつほろほろ。
さて何が出来る?
d0094416_1548265.jpg
一番大変だったのは下拵え!
変な話だが、左手首が腱鞘炎になりそうだった(笑)。
砂肝の白い固い筋部分を削げ落とし、食べやすい大きさに揃える。
よく見ると筋部分は砂肝本体と同じ量くらいになっている。
酒ならば大吟醸だ(笑)。
けちけちな施基は筋も他で料理しちゃったけど(笑)。
砂肝、これも一晩塩とハーブと合わせて置き、翌日、にんにくも加えてサラダオイルとオリーブオイル半々で浸して低温オーブンへ。さて何が出来る?


美味しく出来たかな?
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-26 00:00 | 食道楽なこと | Comments(14)

まさに、ガーデニングショウ!

d0094416_23341857.jpg
あの窓の向こう、このアーチを抜けたら、何処かに辿り着ける。


美しいガーデニングの数々
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-23 00:00 | 観ること | Comments(8)

薔薇の宴

d0094416_0233535.jpg
まずは薔薇をたっぷりと。
国際バラとガーデニングショウなんですから。


ずーっと、薔薇です(笑)
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-21 00:00 | 観ること | Comments(4)

「Marquise de Merteuil」という名の薔薇を

d0094416_055990.jpg
雨上がりの今朝、記念すべき彼女の最初の1枚。
昨夜はまだもう少し固い蕾だった。
d0094416_0594529.jpg
我家に迎えた初めての薔薇。
d0094416_0581811.jpg
頑なだった訳ではないけれど、花を綺麗に咲かせる自信もなくてずっと躊躇していた高い垣根。
けれど折角ならば、と選んだのは、友人の薔薇、「Marquise de Merteuil」。


買っちゃった…
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-19 00:00 | 色々な風景 | Comments(8)

見えない勢力図

d0094416_2338945.jpg
「色の少ない庭だよね」
そんな庭。
土の色と木の色と、葉っぱの緑。
たまに咲く花も色とりどりとは言えない。
ハーブに紛れるように弦を伸ばすクレマチス。
今年も4輪、花が咲く。
2種類あるのに、一つは何処までも弦を伸ばし花は咲かない。
一つは伸びはいまいちで縄張りは明らかに負けているけれど、毎年幾つか花を咲かせる。
d0094416_23393474.jpg
あまりにも精力的なオレガノに押されて一時期は存亡の危機にも陥ってしまったタイム。
人の手も入りどうにかその危機を乗り越え、細々ながらも小さな花も咲かせるようになった。
目には見えない土の中、その勢力図はどうなっているのだろう。
昨年撒き散らかされた大葉の種、まさかと思うくらい遠い場所から今年は芽吹いた。
自然の神秘、子孫を残すDNA。
なのに。
ハーブ畑の一角に撒いたバジルはどうにも勢力が弱い。
やはり、最初から自然の荒波に揉まれるには、温室育ちの種には厳しかったのだろうか。
その証拠に、妹に分家させた鉢撒きのバジルはぐんぐん芽が出ている。
もう少し育ったら、分家から養子を貰おうか?
頑張れ本家バジル!
もうすぐ君が大活躍する季節が来るのだから!



バスに揺られて何処まで行こう
出来れば知らないバス停で
出来れば晴れた空の下
まだ知らない何かと出会う為
赤い可愛いそのバスで


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-17 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

旬仕事は逃さずに

d0094416_8335493.jpg
旬の季節はあっという間。
今年はあまり出来なかったな。
筍ご飯に。
d0094416_8345553.jpg
若竹煮。
d0094416_8352251.jpg
鶏肉と椎茸と一緒にオイスターソースでこっくり煮。
我家は意外とシンプルに若竹煮が人気です。
また来年!
そろそろラッキョウ?



これは何だ
自分の中の得体の知れない何かに問いかける
多分
嫌だな
想定内の…
そうだ
明日から走り込みだ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-15 00:00 | 食道楽なこと | Comments(2)

今年も変わらず仲良しご近所

d0094416_9331720.jpg
働かざるもの食うべからず。
という訳でお手伝いよろしくお願いします。
今年も最早恒例のご近所BBQ。
皆さん付き合いが良くて、大人子供合わせて総勢30人越えって…。
d0094416_9352691.jpg
って、休憩早くない?
まだまだこれからいっぱい働いてもらわなくちゃ!
なんて、聞く訳もなく(笑)。
今日は楽しく遊んで下さい。
d0094416_93724100.jpg
d0094416_9374176.jpg
今年の反省。
やっぱりビールが足りなかったな(笑)!!
ご近所の皆様、美味しい差入れもいつもありがとうございます。
実はそれも楽しみだったり(笑)。



まずは椅子を全部出して窓を開けて空気を入れ替えよう
小さな些細な気分転換
空気の模様替え
きっと少し私が変わる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-14 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

初デート

d0094416_23281424.jpg
よく考えたら2人で電車に乗って出掛けたのはこれが初めてだったね。
ちょっとドキドキちょっぴり不安。
貴方は楽しんでくれるかな。
また行きたいって言ってくれるかな。
少し反省もしてるんだ。
もっともっと楽しませてあげられたんじゃないかな。
でも、初めてのデート、すっきり晴天のお出掛け日和ではなかったけれど、楽しかったよ。
船から見た観覧車、綺麗だったね。
貴方をもっと好きになった。
また電車に乗って、今度はバスにも乗ろう。
行ったことのない遠くへ行こう。
内緒話をいっぱいしよう。



いつか貴方が大人になって
いつか貴方が思い出してくれたら
それだけで私は幸せだったと思えるから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2012-05-10 00:00 | 誰かへ | Comments(0)