<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年最後の夏着物

d0094416_00775.jpg
今年の夏は浴衣を着なかった。
着る機会を作れなかったな。
旅帰りから数日後、友人と予てからの約束のワイン会へ。
以前も行ったことのあるレストランの、8月のワイン会です。
着物を着る、という話をしたので、今回は着物で行こうかな、と。
あの暑い中ちょっと頑張った(笑)!
ワイン会だし、帯留は葡萄で、夏だから半幅帯で気楽にお気に入りの骸骨で。
ふざけ具合はこれくらいでちょうど良い?
d0094416_033610.jpg
今回も食事に合わせたワインが3種。
今回のテーマは、カリフォルニアとカナダのワイン。
最初のワインはデザートに良いんじゃない?というくらいの甘い白ワインだったのですが、この酸味のちょっと効いたガスパチョにはそれが程好い口当たりに。
うーん、やはりマジック!!
そして幸せ。
この後、お魚もお肉も堪能しましたが、それは内緒!
意地悪でしょう(笑)。
たっぷり飲んで食べて楽しい夕べを過ごしました。
夏着物、今年もこれでお仕舞い。
また来年に向けてお手入れして頂かないと。
暑い一夏、お疲れ様でした。



言葉ばかりが先走る
いざというとき足が竦む
ただ心地良くゆれる波間に身を投じるだけなのに


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-30 00:00 | 和を愉しむ | Comments(0)

球美の島へ~海と牛と雀

d0094416_10163872.jpg
「牛だっ」
d0094416_10102657.jpg
島一周道路を運転中、相方さんがちょっと大きな声を出す。
珍しいのでちょっとびっくり。
見ると、前方山の斜面に黒い影がちらほら。
其処に近付く細い舗装されていないがたがた道を相棒が駆け上がる。
d0094416_10152573.jpg
d0094416_10153731.jpg
良い身体。
のんびり。
d0094416_10174747.jpg
ずっと草を食んでいるので、上を向いてくれない。
背中ばかりをずっと見つめる。
いいのだ、ゆっくり食べていて。
d0094416_1018530.jpg
海と牛。


そしてプールサイド
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-29 00:00 | 沖縄にて | Comments(4)

球美の島へ~島の相棒

d0094416_8664.jpg
おばけ坂。
目の錯覚を楽しむ道。
ビー玉いっぱい持っていくと楽しかっただろうなあ。
下り坂に見えるけど実は上り坂な坂。
d0094416_824588.jpg
島尻から海を眺める。
きらきらだ。
さて。
ここでこの旅の相棒を紹介。
彼がいないと何処へも行けない。
d0094416_8284272.jpg
d0094416_829267.jpg
5日間の大事な相棒。


好きな道ってあるもんですね
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-27 00:00 | 沖縄にて | Comments(8)

観劇前のちょっと贅沢イタリアン!

d0094416_8455669.jpg
歌舞伎鑑賞の前に贅沢ランチ。
友人が懇意にしているイタリアン、Ristorante SILVERADOで女3人。
d0094416_8481064.jpg
どんだけ仲良いん?と、個室でした(笑)。
オリジナルメニューでランチです。
勿論スパークリングもワインも頂きました!
んふふ。


綺麗です
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-25 00:00 | 食道楽なこと | Comments(2)

閑話休題、8月歌舞伎

d0094416_03437.jpg
ちょっと一息。
沖縄日記の間にも色々お出掛けはあるのです(笑)。
今月は縁があって、久し振りに歌舞伎を観に行きました。
八月花形歌舞伎第1部と第3部!
一等席だったもので、役者さんの表情も細かく見られました。
d0094416_0364828.jpg
まずは第3部ですが、これは勘太郎さん、すごいです。
早代わりでお父さんの勘三郎さんの当たり役だったのですが、なんだかどんどん似てきますね。
声もそっくりだし、一瞬はっとしてしまう。
昔はこんなに巧くなるなんて思っていなかったなあ、なんて失礼なことを思いながら(笑)。
役の演じ分けが流石です。
当り前ですが、化粧も変わらずに善人と悪人を表情で演じ分ける、その集中力!
勿論早代わりも面白い。
中村家、良い方向に動いていっているのかな。
数日後、第1部を観たのですが、これは七之助さんのお七人形振りが観たかったから。
舞踊劇なのですが、文楽人形の振り。
とても難しいと思うのです。
人間なのに人形。
人形だけど人間。
たまにね、ちょっと素が見えてしまったり、裾捌きが気になる部分もありましたが、良かったです。
見栄えがするのはやはり存在感が出てきたのと、綺麗だからかな(笑)。
んー、踊り、いいですね。
歌舞伎はホントに久し振りで、とても楽しめました。
また秋にも行く予定です。
秋は着物で行けるかな。



また怠けてしまった
空の重さに耐えかねて
私までぐだんと蕩けてしまった
明日は晴れ
綺麗な空気を吸い込まないと
骨の芯から崩れてしまう


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-23 00:00 | 観ること | Comments(2)

球美の島へ~ご近所散歩

d0094416_924341.jpg
滞在中のご近所散歩。
歌って踊った島風さん。
d0094416_9274627.jpg
d0094416_9281921.jpg
行こうと思いつつ行けなかった、いや、行かなかった居酒屋さんも(笑)。
d0094416_9294935.jpg
空はからっと乾いて広い。
d0094416_9301927.jpg
おや、ちょっと貴方は暑そうだね。
良い毛並みだ。
d0094416_9305923.jpg
意外とお世話になったスーパー。
此処で買った島ぞうりは指が全然痛くならないのでとても重宝。
398円だし(笑)。
d0094416_9323130.jpg
青が私。
私が痛くないのでご機嫌で歩いているのを見ていた相方さん、持参したビーチサンダルはお役御免で新たに買っていました。
d0094416_9343878.jpg
お世話になったと言えば、ある意味3日3晩夜毎お世話になったのは此方でした。
黄色い看板サクシード。
入れたボトルもすっかり空になっちゃったなー。
と、人様のボトルから頂いたり(笑)。
d0094416_937724.jpg
見上げれば椰子の実も生っていた。
夜は気付かなかったな。


最後の島そば
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-22 00:00 | 沖縄にて | Comments(2)

球美の島へ~誰もいない海

d0094416_1057954.jpg
こっちでホントに合ってるの?と思うような細い道、山道、サトウキビ畑の間の道を通り抜け、誰もいない海に辿り着きました。
アーラ浜。
此処は海水浴場としては向いていないかな、ちょっと砂が粗くて痛い。
でも誰もいない(笑)。
何もない。
気持ちが良い!
d0094416_1123928.jpg
折角なので、やっぱり遊ぶのだ!
d0094416_1152243.jpg
台風が少しずつ近付いてきている頃だったので、波も出てくる。
沖を見ると白波が立っていたりする。
でも空はそんなことを感じさせないくらい青くて広くて。
おかんたちはこのあたりで貝やもずくなどを採るらしい。
すぐに見つかるよー、とは言っていたけれど、流石に見付けられなかった、残念!
夕ご飯のおつまみないかなーと思ったのだけど(笑)。


行きたかった念願工場見学
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-20 00:00 | 沖縄にて | Comments(2)

球美の島へ~くるり絶景宇江城!

d0094416_23382944.jpg
沖縄一高い場所にある城。
宇江城城跡
頂に向かう途中ですら絶景。
d0094416_23405369.jpg
標高約310mの宇江城岳の山頂の山城。
頂上にはいまや城を思わせるものは何もなく、ただその名残を思わせる城壁があるのみ。
個人的にはこの手摺がなければもっと素晴しい眺めだろうと思うけれど、危険度が増すので仕方がないかな。
それを思うと、今帰仁は良かったなあ。
って、やはり城好き、高いトコ好き(笑)。
d0094416_23455082.jpg
近くにいるな、と思ったら、発見!
なんとも低い場所にいるのね。


360°くるり回転!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-18 00:00 | 沖縄にて | Comments(4)

球美の島へ~夏の果実

d0094416_23523232.jpg
此処を見てマンゴー園だとは思いませんよねえ。
地図を見ながら、そして幟を頼りにサトウキビ畑を徘徊(笑)。
d0094416_23551560.jpg
ほらこの幟。
車でぐるぐる、途中で仕事中のおじーに道を聞き、通り過ぎたあそこがやはりそうだったのかとまたくるり。
「多分此処に書いてあるのは家の方の住所だ」
って、そうかーじゃあカーナビでは住宅地を回ってしまった訳だわねー。
ショップカードの住所が自宅って…。
ま、辿り着けたので良しとします(笑)。
d0094416_23573762.jpg
よく見ればハウスが。
あの中にマンゴーさんがいらっしゃる。
d0094416_23583580.jpg
お願いしただけの収穫が出来たら送るから折り返し連絡をくれる、と言うことで、お願いをし、味見用にとマンゴー1つお土産に頂いた。
おおー、マンゴーーー!
真っ赤で大きな至福の夏果実。
d0094416_012513.jpg
ホテルにお願いして剥いて頂きました。
やっぱり美味しい。
甘い、ジューシー。
南に来た気分満載です(笑)。
美味しかった!


この日のお昼
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-16 00:00 | 沖縄にて | Comments(2)

球美の島へ~久米島紬と運命の出会い

d0094416_2359932.jpg
着物織物が好きなら外せない。
久米島に行くと決めた時から此処だけは外せないと思っていた。
久米島紬の里 ユイマール館
d0094416_005630.jpg
d0094416_011288.jpg
真綿から糸を紡ぎ、糸を染め、織り上げていく。
d0094416_023345.jpg
d0094416_024723.jpg
久米島の自然素材から色を取り出し、染めては干し染めては干し、泥媒染を加えて独特の風合いを出す。
驚いたのは、同じ黒でも数種類の黒があり、その色の差は採れた土の場所の差であること。
「此処のおばあはね、これは此処の上の土だろ、こっちは下の方の土だとか分かるのさ。私全然まだ分からないんだけど」
と、受付にいた織り子さんが教えてくれた。
私はてっきり、染めの回数の違いなのかと思っていたのだが、そうではないのだ。
此処では、一人一人で織り上げるそうだ。
糸を取り、絣括りをし、染色して織り上げる。
気の遠くなりそうな作業。
機織りの作業場も見せて頂く。
細かく計算された設計図(のようなもの)を組み上げ、其々が其々の機で織り上げる。
「お姉さんたち何処から来たの」
静かに見なきゃ、と思っていたのだが、気さくに話しかけられ、細かく説明してくれた。
あの機はこういうのを織っている、これはこういう種類の柄、こっちは糸が1600で、これはユウナの色で。
聞けば聞くほど面白いし、そうだよね、着物、高い筈よね、と納得(笑)。
もの凄く買いたいムードが高まって、一人で盛り上がっていました(笑)。
だって、ホントに素敵なのだ。

此処で、この会話が実は運命の出会い。


夜は長い!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2011-08-12 00:00 | 沖縄にて | Comments(4)