<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

J'ouvre

d0094416_2341960.jpg
ご無沙汰をしておりました。
少しずつ、また書いていこうと思います。
現実離れのようで、けれどしっくりと腑に落ちた感覚を伴っていけた現実を忘れないうちに。
なんて、旅の記憶が薄れないうちに。
現実に戻った今とあの時の感覚のバランスを保てるように。
初づくしだった旅の記録が多くなると思います。
お付き合い下さいませ。



記憶の色はある一部だけが極彩色に彩られる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-30 00:00 | 海の向こう | Comments(4)

My place to stay

d0094416_9495198.jpg
広い。
狭い。
どちらとも言えないけれど。
狭くすることも広くすることも自分次第。
さて。
何かが動き出す気配を感じることが出来たら、そのまま突き動かされてみたい。
さてさて。
そろそろ花も咲き出します。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-21 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(4)

春の訪れ

d0094416_17502197.jpg
イヌノフグリやホトケノザが沢山咲いているなあ、と足許を見たら、こんな子たちもいました。
ひょろりと顔を出しています。
土筆。
よく見ると、其処此処にいましたね。
前を見て歩け、下を向くなと言うけれど、足許を見るのはそれなりに楽しいもの。
春ですね。
季節が変わります。

さて、少しの間、更新をお休みさせて頂きます。
ちょっと休憩です。
休憩と言っても私は変わらず元気にしておりますので、コメントなど、変わらず頂けると嬉しく思います。
また近々、再会の日を楽しみに、充足時間を取らせて頂きます。
それでは皆様、いつもありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。
それではまた、お会い致しましょう!



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-12 00:00 | 誰かへ | Comments(20)

雨上がりを歩こう

d0094416_23382392.jpg
夜の名残。
雨の記憶。
小さな水溜り。
d0094416_23405552.jpg
此方にも。
d0094416_23411529.jpg
其方にも。
これじゃあ、まだ遊べないね。
d0094416_23414199.jpg
こんなに綺麗な青い空と白い雲。
暖かくて、コートが邪魔な陽射。
数日、どんよりした空が続いたから、余計に綺麗に見えます。
d0094416_23431255.jpg
心成しか、花も生き生き?
こんな日は遠回りも嫌じゃない。



まだ見たことがないことを見ることは楽しいこと
知らないことを知るのは嬉しいこと
そう思えば多分人生なんて短くて
時間がこんなに惜しくなる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-11 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

気持ちも春に

d0094416_2339624.jpg
苺、いいですね。
なんだか春な気分になります。
「何にも用意出来てないの!」
と言いつつ、忙しいのに夜中にマフィンを焼いてくれた友人…。
苺のソースも作ってくれたんだわ。
それとフレッシュなチーズ。
確か、サヴァラン?
いつもいつも申し訳ないやら嬉しいやら。
でもありがたく平らげます(笑)。
美味しい紅茶もしっかり頂いちゃいました。
d0094416_23415914.jpg
「何にも用意しなくていいからね」
と言ったのになあ。
手土産に持って行ったパリブレスト。
これはね、流石に全部を二人では無理なので、お互いに相方さんの分を確保しました(笑)。
この時は、何故か、まだ明るいけれど、スパークリングワインと一緒に(笑)。
うん、美味しかったです。
いつもありがとうございます。
幸せな最後の秘密会議。



会いたくて会えないから声が聞きたくて
電話を握り締めて迷っていたのはいつのこと
懐かしいあの空気
思い出せるかな


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-10 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

肖像画?

d0094416_2365198.jpg
ママ(私の妹)だそうです。
d0094416_2374583.jpg
私だそうです。
実家の壁に貼ってあります(笑)。
姪っ子画。
似ている、特徴掴んでると評判です(笑)。
んー、そんな気もしないでもない。
私ってこんなん?
子供が素直に描いたんだからきっとそうなんだわ。
「ねえねのこと好きだから描いたの」
「私も大好きっ!」
ああ、もう、たまに小憎らしいこと言ってもやっぱり可愛いわ(笑)。
叔母馬鹿爆発です…。



最初の一歩は難しい
最後の一歩は結構簡単


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-09 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(6)

作戦成果あり!

d0094416_0265573.jpg
先日のお出掛け時の着物。
代わり映えはしませんが(笑)。
なんだかんだとこの時期はこの着物が多くなります。
今だけ、かな?
気分の問題かもしれません(笑)。
帯で雰囲気をちょっと変えてみたり。
でも、この帯を締めるのが実はまだ慣れていなくて、ちょっと手こずってしまいました。
慣れないものはやはりちょっとまだ時間がかかってしまいますね。
友人を巻き込む作戦を遂行中ですが、なんと、彼女、着付け教室に通い始めました!
おお!
私も未知の着付け教室!!
ちょっと色々話を聞くのが楽しみです。
私は自己流なので、きちんとした先生の話を聞いてくる彼女の話をまた聞くのも楽しい。
いいですね、良い傾向。
自分の楽しみに人を巻き込んでいます(笑)。
巻き込まれた友人方、一緒にどうか楽しんで下さいませ。
今年は着物で旅行に、行きたい。
ちょっとした野望です。



また会いましょう
違う空の下で
違う世界の中で
君を知らない世界の中で


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-08 00:00 | 和を愉しむ | Comments(4)

ちょっとした奇跡のような偶然の出来事

d0094416_0424745.jpg
人混みを歩くのが苦手だし、渋谷のスクランブル交差点なんて!と思っていたのに、お茶をしたのはまさにそれを見下ろす立地でした(笑)。
わざわざ其処を避けて、代々木八幡からお散歩してきたのにね。
色々駅前で所用があり、一息つこうとロクシタンカフェへ。
やはり、女性比率の多いカフェです。
d0094416_0473439.jpg
友人のオーダーしたケーキ、赤い苺のムースタルト。
一口頂きましたが、見た目よりも軽いのでするする食べられてしまうから、ちょっと危険(笑)。
紅茶もたっぷりで嬉しい。
難を言えば、もう少し、静かだと寛げるかなあ。
ま、仕方ない(笑)。
d0094416_0494474.jpg
そうそう、窓の下、地図を広げてうろうろしているカップルさんがいました。
真上にいたもので、地図がなんとなく見えたのですが、向き、違うよ?大丈夫??すぐ其処におまわりさんいるよ~、などと、勝手に話しかけていました(笑)。
頑張れ男子!
君の男の株の上げどころだ!!
とばかりに応援してたんですけれど…。
うーん、往復してましたね、その道を数回…。
近くにいたら声掛けたくなっちゃう。
でも上だからねえ(笑)。
いつしかいなくなっていましたが、彼らは無事に目的地に辿り着けたかしら。


そう、奇跡のようなちょっとした偶然
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-07 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

美術展で本を買う

d0094416_1415568.jpg
昔はよく此処で待ち合わせをしたものでした。
「お茶してるから来てね」
なんて。
ちょっと久し振りだったので。
友人とBunkamuraザ・ミュージアム「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」
へ。
平日だったこともあってか、それほどの人でもなく、ゆっくりと観ることが出来ました。
なんだか、良い展示でした。
なんだろう、世界大戦の混乱期の暗澹とした雰囲気を表すような絵もあったけれど、クレーの絵にちょっとほっとしてしまいました。
いつも、美術展では絵葉書を買いすぎるくらいに買ってしまう傾向なのですが、今回はそれ以外にも手が伸びてしまいました。
「クレーの食卓」
本です。
音楽家で詩人で画家で、そして食いしん坊だったというクレー。
この本にはクレーの残したメモから再現されたメニューのレシピが幾つか載っています。
それにつられてつい…(笑)。
それだけじゃないけれど、ゆっくり、暖かい日に、読もうかと思います。
d0094416_1565629.jpg
外に出たら、なんだか眩しい景色。
よく知っている景色だけれど、なんだか少し、生き生きして見えました。



たったそれだけで何かが通じることもある
逆もあるけれどね


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-06 00:00 | 観ること | Comments(10)

バッター、私

d0094416_23302438.jpg
随分前に撮った写真。
誰もいない校庭にピッチングマシーンがぽつんと一人。
なんでしょう、このタイミング。
部活が始まるちょっと前だったのでしょうか。
ホントに誰もいない(笑)。
静か。
淋しいよね、一人でそんなトコ。
出来ることなら私がバット持って打ちに行きたいけど。
でも私も行かなきゃ行けないし。
きっともうすぐ誰か来るよ。
だから、バイバイ。



晴れたらきっと少しだけ紙一枚分だけ視線が上がる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-03-05 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)