<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

麹町カフェ、ですって

d0094416_2345281.jpg
「あ。illyだ」
そう言って友人が見つけたカフェ。
観劇帰りの遅いランチに立ち寄りました。
そのまんま「麹町カフェ
なんとなく、ゆったりとした雰囲気、いいんじゃない?
カラン、と音を立てて中へ。


こんなランチです
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-30 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

早いんだな、やっぱり

d0094416_0174788.jpg
午後からは晴れて暖かい日になりました。
今年は暖かいのでしょうか、寒くなるのでしょうか。
d0094416_0191610.jpg
きっとすぐにクリスマスが来て、年が明けて、あっという間に春になってしまいそう…。
まだ本格的に寒くもなっていないのに(笑)。
今年は雪が降るのでしょうか。
降って欲しい。
雪が積もるのがなんだか嬉しい。
雪が積もった時は寒いけれど何処か暖かくて。
雪、早く降らないかな(笑)。
d0094416_0253783.jpg
なんて言いながら、薔薇。
一月ほど前の写真。
もう流石に花は咲かない、でしょうか。
週末で霜月ももうお仕舞い。
やっぱり早いなあ(笑)。



クツクツと煮込む匂いが広がる
音はその音としゅんしゅんと湯の沸く音
それが心地良い日
寒いある日のこと


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-29 00:00 | 色々な風景 | Comments(6)

あっという間に…冬

d0094416_23564459.jpg
何処も彼処も、クリスマスカラーになってきましたね。
イルミネーションがきらきら。
早いものですね。
d0094416_2358277.jpg
新宿。
あまり行かないのですけれど、乗換えついでにちょっと映画へ。
映画と言ってもフィルムコンサート。
カラヤンのフィルムコンサートです。
今はもう、モーニングショーしかやっていませんが。
賛否両論の彼。
好きな人も嫌いな人も。
これだけはっきり分かれる人もいないかもしれませんね。
d0094416_022975.jpg
あまり好んでイルミネーションを見に行こうとはしないのですが、こうして偶然見てしまうとそれはそれで綺麗だなあ、と思ってしまいます。
なんとなくそろそろ、クリスマスソングが聴きたくなります。
ウィンターソング、と言うべきでしょうか。
冬の歌。
やっぱり雰囲気に飲まれやすいのでしょうか(笑)。



この舟は港を出てどれくらい
毎日毎日海ばかり
一面に海海海
静かな海だ
このまま進めば「果て」に着くのだろうか


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-28 00:00 | 観ること | Comments(4)

今年も…

d0094416_23565743.jpg
毎年、飲むぞ!という意気込みはないけれど、なんとなく飲む機会に恵まれるもの。
ボージョレ・ヌーヴォー。
今年も友人がお持込みしてくれました。
「天道虫~!」
と何故か友人は嬉しそう。
まあ、虫好きの彼女です(笑)。
確か、天道虫のラベルは無農薬で作られたワインに、でしたっけ。
何はともあれ、今年も頂きました。
「ジュースみたいだね」
とは友人談。
これでお酒は弱いと言い張るんですから、困ったものです。


作ってみました
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-27 00:00 | 食道楽なこと | Comments(12)

闇に揺れる人の心か

d0094416_23154190.jpg
伝統的なものの中に新しいものを。
それはとても大変な試みなのでしょう。
ちょっと聞いた時から観たかった、歌舞伎。
「江戸宵闇妖鉤爪」
江戸川乱歩の「人間豹」をモチーフにした新作歌舞伎です。
江戸川乱歩、結構好きで読んでましたし、歌舞伎だし、しかもこの作品をどうするのだろう、と、興味が湧きました。
あの独特のどろどろとした世界観、人ではないという存在をどう描くのかなど。
舞台は江戸末期、維新間近の江戸が舞台になり、設定も多少なりと変わっています。
其処に多分、現代ならではのメッセージ色の強い台詞があったりしたことで、二役をこなすことの意味があったのではないかな。
歌舞伎と現代劇は違う。
だから魅せ方が違うし、歌舞伎でしか出来ないことが沢山あると思う。
でもちゃんと乱歩だった、と思って、私は観て良かったかな。
むちゃくちゃを言えば、5年後の染五郎丈と15年前の幸四郎丈で演じて頂けたら…?
なんて(笑)。
観る者は勝手ですね。
あ、でもね、お席も良かったのです。
最後の大凧宙乗り、ほぼ正面でしっかり見られましたもの。
宙乗りの役者さんを正面から見られたのは大きな感激かも(笑)。
あの状態で見得を切る、凄いなあ、と改めて。
来年はもう少し、歌舞伎も観に行こうかな。
いや、行かないと!!



冷たい手を温めるもの
それはもう一つの冷たい手


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-25 00:00 | 観ること | Comments(0)

其処は神楽坂のカフェでした oishii

d0094416_22233219.jpg
例の看板猫のいるカフェは此方です。
神楽坂、細い路地にあります。
mugimaru2
d0094416_22255266.jpg
古い民家を廃材などを利用して作ったカフェ。
2階の座敷がなんとも落ち着きます。
d0094416_222654100.jpg
見える?
其処ににゃんこがいます。
背中がちょこっと、窓との隙間に、ほら。
d0094416_2228083.jpg
此方はまんじゅうカフェ。
手作りの小麦まんじゅうです。
和菓子のまんじゅうを想像するとちょっと違う、蒸しパンにも近い、でしょうか。
のんびりと日向ぼっこをするように座っているのもいいもの。
ぼーっとのんびり、まったりできるカフェです。
珈琲や紅茶、抹茶もありますし、この時期ホットワインもありました。


こんな感じです
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-24 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

猫と私

d0094416_22213682.jpg
いい顔しているでしょう。
都内某所、とあるカフェ。
日向ぼっこをしていました。
気持ち良さそうな大欠伸。
この子、物怖じもしないし、慣れているんですね。
まあ、カフェの猫ですもの。
ほら。
d0094416_22235579.jpg
この通り。
当り前のように膝に乗ってきました。
か、可愛い…。
d0094416_2225963.jpg
ごろごろごろごろ…。
此処にいてくれるとあったかくて(笑)。
ふいっと気儘に。
それが猫の良い所。
愛しいと思うもの。
今回は1枚目以外は友人撮影です。
流石に膝の上に乗られては動けない(笑)。
ありがとう、良い記念だわ。


おまけ!!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-23 00:00 | 色々な風景 | Comments(10)

旅は道連れ~山の中のカフェ

d0094416_23574715.jpg
,そして一人京都はやっぱり歩け歩けになったようです。
此処まで来たら、あそこも近い筈!
なんて思ってせっせと歩きます。
この道の奥。
d0094416_23592063.jpg
茂庵へ。
吉田山の山頂付近、木に囲まれた静かな場所。
d0094416_013019.jpg
ありました。
ちょっとの時間だけれど、ちょこっと小休止。
ずっと気になっていたカフェです。


さあ中へ
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-21 00:00 | 京都にて | Comments(2)

旅は道連れ~正真正銘極楽の寺

d0094416_210786.jpg
どうやら裏から入ってしまったようです。
d0094416_2104149.jpg
真正極楽寺 真如堂
永観堂まで行ったのならば、ちょっと足を延ばして此方も。
d0094416_2125398.jpg
三重塔もあることですし。
本当に、今回は何故か塔巡りのようで(笑)。
そんなつもりもなかったのですけれど、結果的にはね。
此方もちらほらと色付いてきていますね。
d0094416_2143074.jpg
人はそれほどではなく、ちょっとぶらんと座っていられる余裕がありました。
本堂の畳に座ったり、こうして板の上に座ったり、そういうことが出来る場所が基本的には好きみたい。
此処は良かったなあ。
d0094416_2163438.jpg
そして眺める(笑)。
そう、もっともっと。
d0094416_2172816.jpg
近付いて。
重厚な塔にまだ橙の紅葉。
きっと今はもっと真っ赤になっているのでしょうね。
d0094416_219106.jpg
ぐっと枝を広げて、地に着いてしまいそう。
それだけの年月を共に過ごしてきた木。
大きな木がある場所は安心してしまいます。
守ってきているんですよね、色々なものを。
d0094416_21104121.jpg
そして今度は正面から出て行きます。
後ろを振り返りながら、ちょっと名残惜しくて。
甘酒の看板もひらひらと。
此処はまだこれから紅葉が始まりそうな雰囲気でした。
同じ京都でも近くても、ちょっと違うだけで大分進み方も違うのですね。
今は何処も美しく。
ちょっと先駆けた秋の京都。
旅の終わりはいつも寂しくなります。



ほら大丈夫
もう大丈夫
いつもどおり
ちょっと疼くけれど
いつものとおりに足は進む


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-20 00:00 | 京都にて | Comments(2)

旅は道連れ~流石京都の秋代表!

d0094416_23295986.jpg
実は此処からは一人です。
最終日、それなりに其々のお付き合いがあるようで、滅多に来ない関西方面、昼からは其々に。
なので私は一人京都(笑)。
d0094416_2332755.jpg
大分、紅く色付いていますね。
此方は秋の永観堂
実は初めて。
南禅寺や平安神宮へは来ているのに。
d0094416_23344773.jpg
中庭は静かな水の庭。
此処でぼうっと過ごせたら幸せでしょうけれど…。
d0094416_2339118.jpg
流石です、紅葉の永観堂。
赤々。


続きます
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-11-18 00:00 | 京都にて | Comments(4)