<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

めんめんめんめーーーん!

d0094416_2321011.jpg
暑い日が続くと食欲も減りがち。
でも食べないと。
そんな夏はランチに麺。
多いです。
此方は地元のお蕎麦屋さん、手打ち蕎麦 すい庵さんの天麩羅蕎麦。
此処はちゃんとお蕎麦屋さんで、そう、蕎麦掻や板わさなど、つまみ系も充実です。
そばつゆは少し濃い目。
でも蕎麦の味がしっかりしているのでそれにも負けてません。
暑くて食欲がないと言いつつも、美味しそうなものを見るとやっぱり食べたくなるのだから、食欲がないなんて、甘えです、そんなもの(笑)。


もう一品
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-31 00:00 | 食道楽なこと | Comments(8)

まだ乗れるものならね!

d0094416_2363732.jpg
沖縄の名残。
毎朝の散歩で拾った欠片。
波に打ち寄せられた欠片。
白い砂や小さな貝殻と一緒に持って来てしまった沖縄の欠片。
少し複雑。
でも欠片はずっと昔からあって、ずっと昔も同じように拾っていた。
あの時の欠片は、どこに仕舞ってしまったのでしょう。
もう、覚えていません。
今年拾った欠片は、今年来たシーサーと一緒に庭にいます。
そうそう、そう言えば、遊びに来た隣の子が、
「これトトロ!これバスゥ」
と一個ずつ並べていました。
そっか、トトロとネコバスを覚えたばかりなのね(笑)。
「バス乗るぅ」
ネコバスなら私は今も乗りたいわ。
…ネコバスで沖縄まで行けるのかしら…。



飾りがいらない美しさ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-30 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(4)

掴みきれないけれど魅力的な

d0094416_23353453.jpg
なんだか其処だけちょっと重い。
重厚な石が重なって作られた場所。
周りの華やかで近代的な建物とは一線を画すような。
でも其処も今は間違いなく、現代のものとして其処にある。
以前、造船業が盛んだった頃、此処は造船場だったこと、知っている人も少ないのかもしれない。


そう此処が
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-29 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

砂場にて…のはずなんだけど

d0094416_23595535.jpg
愛すべきちびっ子たち。
この真夏の陽射に負けることなく駆け回ります。
もっとも、ちびちびくんはそんなに早くは走れないのですけれど(笑)。
でも一生懸命、
「ねえね~、ねえねは~」
と追いかけます。
そんな姿もまた可愛らしくて。
姉馬鹿叔母馬鹿発揮です(笑)。
砂遊び。
それはそれでいいのですけれどね、其処は砂場じゃありません。
もっと言うなら、貴方たちのそのすぐ隣が砂場です!
何故砂場には入らない??
なのに何故砂遊び??
まあ、いいです、子供の不思議。
遊びたい場所で遊んで下さい。
どうせ何処で遊んでも泥んこです。
子供はそんな方がいいですね。
夏は結構短いのです。


ごめんね
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-28 00:00 | 色々な風景 | Comments(8)

センスって難しい

d0094416_0281863.jpg
以前も書いたことがあると思います。
白熱灯の灯りが好き。
格好良いシェードに隠された灯りもいいけれど、こうしてそのままの姿でぶら下っているのも悪くはない。
でもとても難しいインテリア。
とても難しい素材。
ダイレクトに真っ向勝負。
そんな雰囲気。
家主のセンスが問われる。
…私にはやっぱり難しい。
この灯りの色も雰囲気も好きだけれど。
此処はとあるカフェ。
大きな一面のガラス、太陽光が降り注ぐ中、角にひっそりと、けれどそれはそれは存在感を持って。
ずっと気になっていて、他のお客様がいなくなってから撮らせて頂きました。
オレンジ色の優しい灯り。



気付いたら抜け出せない迷路にいたなんていうけれど
迷路は必ず抜け出せるように作っているのだからそれは間違いだ
抜け出せない気分になっているだけさ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-27 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(4)

ある晴れた日に

d0094416_23315986.jpg
ある日の景色。
なんでもない日の景色。
でももしかしたら、誰かにとっては特別な日の景色なのかもしれない。
そんなある晴れた日。



ソレハトツゼンソラカラフッテクル


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-26 00:00 | 或いはヒトリゴト | Comments(6)

夏に咲く

d0094416_22281225.jpg
夏の花。
一番に思い出すのはこの花。
背が高くて大きくて、というイメージだったけれど、これはとても背の低いミニ向日葵。
自分の膝下しかないけれど、頑張って綺麗に咲いています。
なんだか健気に見えてしまう。
d0094416_22302743.jpg
実家の祖父が持ってきた花(笑)。
今年は野菜は彼的に不本意な出来だったようで、
「俺が駄目なんだからおまえんトコ持ってったって駄目だろうよ」
と持って来ませんでした。
其処には拘りやら意地やらがあるんですね。
枯れてきたこの花を見て、
「早く切っちゃえ」
と言います。
まあ、そうでしょうね。
次の花も咲いてきていますし、小さな蕾もまた発見しました。
この後も幾つか花を咲かすのだから、いつまでもこのままにしておくのもいけない。
分かっているんですけれどね。
なんだかこうして枯れてきた向日葵も好きなんです。
だって、いつか見たいのは、満開の向日葵畑よりも立ち枯れた向日葵畑。
忍びなくて切れなかったんだけど、もうそろそろいいのかな。
元気な向日葵。
そうそう、子供たち。
姪も甥も、近所の子供も、向日葵を見て
「たんぽぽ~!」
と言います(笑)。
似ていますけれどね。
黄色いし。
「おっきいたんぽぽげんき?」
と、今日も向日葵に聞いていました。



空と海の繋ぎ目の青
何色といえばいい?
深いような遠いような
何処かでいつか重なる青
いつか赤く染まる青


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-24 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)

まずは1杯召し上がれ!

d0094416_15321651.jpg
あつーい日には、こんなさっぱりジュースは如何?
友人が作っていたジュースが美味しかったので、真似っこしてみました(笑)。
紫蘇ジュース。
ほんのり甘く、さっぱりと。
たっぷりの赤紫蘇をお酢や檸檬汁と一緒に煮出して、砂糖を加えてコトコトと。
少し濃く煮詰めて、割るようにしてみました。
暑い日にはトニックウォーター、炭酸水で割るとごくごくいっちゃいます。
実は、もう既に2回作ったのですけれど、あっという間になくなってしまいます(笑)。
私、飲みすぎ?
d0094416_1536890.jpg
だって暑いんですもの!



思い込みも大事な恋の一つの要素


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-22 00:00 | 食道楽なこと | Comments(10)

ナツビジン!

d0094416_2238194.jpg
梅雨も明けました。
暑い日が続きますね。
連日の真夏日、色々な所が溶けていきそうです。
毎年、夏は着物好きの私も、少々気後れしてしまいますが、今年のこの天候もいつにも増して強敵です。
それでもまだ、朝は涼しい風も吹いているのですが、昼には…ねえ。
冷房は少し苦手なのですが、着物を着る時は、仕方がありません。
着始める前に一気に部屋を冷やして急いで着ます。
そうじゃないと汗かいてしまって大変なことになってしまいます(笑)。
いえいえ、本当は笑い事じゃないのですけれど!
それでも、着たいんです。
だって、でもね、ちょっと涼しげに見えるでしょう?
衿をピシッと合わせて背筋を伸ばしてしゃんと立って。
じりじり陽射は強くても、其処だけ涼しそうに見えるでしょ?
そう在りたい!
なんて。
ある女優さんで「顔だけは汗はかかない」と言う方がいました。
プロです。
流石です。
そんな風にはなれないけれど。
粋に格好良く夏着物。
目指せ夏の着物美人!!
なーんて。
好きだから痩せ我慢して着てるだけですけれど。
でもね、この季節は浴衣もあるし。
日頃着ない人も浴衣なら着る機会はあるし。
何故か今年は「着せて!」と言う友人が多いのは…やっぱり何故かな?
それでもなんとなく嬉しいものです。

写真は、玄関の一部。
額の写真は、私ではありません、勿論!
友人の写真を我儘言って貰い受けました。
糸車は、いつかの京都土産です。



この言葉に偽りはないけれど
この心の片隅にあるあの影もまた偽りではない


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-21 00:00 | 和を愉しむ | Comments(6)

新潟からバターが届きました

d0094416_23475474.jpg
京都から帰ってすぐ、友人から届いていました。
ヤスダヨーグルト発酵バターセット
「美味しいバターがあるんよ。此処のバター美味しいから!」
そう力強く彼女は私に言っていました。
ヤスダヨーグルトのバターだったのね。
彼女曰く、「実家の近所の牧場のバター」だったので、私の中でヤスダヨーグルトと結び付かなかったのでした。
ヤスダヨーグルトは、あの濃さが好きでたまに飲んでいました。
其処のバターかあ。
それに、ワイン入りのお醤油とフロマージュ。
ふふ!
早速バターをチェックです。
予想以上に軽い感じです。
このままそのまま食べるのが一番美味しいような…(笑)。
まずは、じゃが芋を蒸かしてじゃがバターで!
これが!
美味しかった!!
カリカリに焼いたバケットに乗せてみても。
いいなあ…。
ちょっと、美味しいじゃない?
バター不足が叫ばれている今、ちょっと贅沢?
嬉しい頂き物でした。
本当に、私が喜ぶものをセレクトしてくれてありがとう。
流石、やさぐれ仲間です(笑)。
暫くは楽しみながら、プチ贅沢なお楽しみ。
そうそう、早く遊びに来て下さいね。
その時はちゃんとバターたっぷり使って美味しいお食事ご馳走しますから!



幾つも矛盾を抱えてそれでも前に進まなくてはいけなくて
考え始めてしまうと足が止まってしまうから
考えないように朝起きてご飯を食べて仕事して昼食べて仕事して
そうしていく中で
蹴躓いて転びそうになって擦傷作ったり火傷したりしながら
抱えていた何かが少しずつ軽くなって小さくなっていく
そんな日が来るのだろうか
それもまた
一つの矛盾


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-07-19 00:00 | 食道楽なこと | Comments(8)