<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

爛漫絢爛花桜

d0094416_021172.jpg
綺麗に晴れた空の下ではないのが少し残念だけれど。
近所の桜。
土曜日の仕事後に散歩してきました。
d0094416_0223028.jpg
川沿いの遊歩道。
この日はいつもよりやはり人は多く、其々に楽しんでいるようでした。
d0094416_023275.jpg
もう満開の桜。
今日降った雨で散ってしまったでしょうか。
花冷え、花散らし、よく言ったものです。
d0094416_0244497.jpg
d0094416_0253494.jpg
お兄さんも大きなカメラで大きなレンズで。
良い写真が撮れたでしょうか。
きっと撮れていますね。
d0094416_026447.jpg
今年の桜、どんな桜。
毎年咲くけれど毎年違う桜。
今年は、いつの間にか満開になっていました(笑)。
d0094416_028564.jpg
川辺に咲く菜の花と桜と。
淡い色ははっきりとした菜の花の引き立て役にもなるのですね。
d0094416_0301333.jpg
名残を惜しみつつ、桜並木に背を向けて。
あと数日もすれば、足許には花弁が落ち、小さな葉が出てくる。
淡い桜色が新緑に変わる。
どうか本当は、小さな子供たちの入学式まで、花が咲いていて欲しいのですけれど…。
どんどん早くなる桜の時期。
咲いたらあっという間に散ってしまう桜。
また来年もその姿を撮るのでしょうか。



雨が降り風が吹き陽が照るを
土に水に感謝をして米を食う
ただそれだけを大切に
そんなシンプルなことでいい


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-31 00:00 | 色々な風景 | Comments(8)

桜まだ満開ならず…だったな

d0094416_03159100.jpg
まずは桜じゃないけれど。
鎌倉で撮った1枚。
d0094416_0324990.jpg
この日、鎌倉の桜はまだまだ先のようだったのに。
まだ蕾も多く、花弁が散ることもなかったのに。
d0094416_0335067.jpg
それでも咲き始め、青い空に透ける花弁は儚げで美しく。
薬王寺の桜。
d0094416_0344754.jpg
鐘撞きと桜。
ほらまだ少ない。
d0094416_036266.jpg
源氏山公園の桜。
此処の桜が一番花を付けていました。
青い空の下、桜を撮れたのはこの日だけかな。
明日は雨。
花散らしの雨になりそう。
咲いた傍から散っていく、桜。
だから日本人は桜が好きなのかもしれない。



桜が散ると何かが一つ終わった気になる
何も始まっていないのに
ぽかりと開いたその穴に花弁が舞い落ちる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-30 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)

意地悪な私

d0094416_23534910.jpg
いい眺めでしょ?
ちょっとずれるともっと開けるのですが、それはいつかご自分で。
海と空と、鎌倉の街一望です。
とあるハイキングコースの途中。
鎌倉は幾つかのハイキングコースがあります。
山に囲まれている地形、尾根伝いにあるハイキングコース、七つの切り通し。
鎌倉は海のイメージが強いと思うのですが、鎌倉の山もいいものです。
そう、鎌倉に来る時はスニーカーをお勧めします(笑)。


まだハイキング、その途中
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-29 00:00 | 鎌倉にて | Comments(6)

いざ鎌倉…湖!!


d0094416_2305511.jpg
鎌倉湖に行ってきました。
鎌倉に湖があること、ご存知でしたか?
鎌倉に湖?
正式には散在ガ池と言います。
鎌倉湖とは通称。
散在ガ池森林公園
d0094416_2394030.jpg
元々は農業用に創られた人工の池。
今では森林公園となっています。
そんな成立ちの為か、鎌倉の中心街からは距離があり、観光にはあまり適さないかもしれません。
どちらかと言うと、地元の方の憩いの場。
d0094416_23123537.jpg
もしかしたら此処の桜が綺麗かも、と思ったのですが、生憎と此方の桜はまだ咲かないようで。
もう少し先、みたいです。
鎌倉に湖、池だけど、いつもとは違う鎌倉散策。


さて、ハイキングです
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-28 00:00 | 鎌倉にて | Comments(10)

花見に出掛けましょう

d0094416_23451831.jpg
折角晴れた天気のいい日。
雨の結城ばかりじゃちょっと重い?
じゃあ、今日はこんな感じで。
d0094416_2346289.jpg
ご近所さんのお庭です。
花壇に綺麗に咲いています。
花盛り。
d0094416_23471867.jpg
我家のように食べ物ばかりではありません(笑)。
冬越したばかりの我家の花壇は寂しいですが、此方は春満開。
d0094416_23484244.jpg
前の日の夜半の激しい雨。
その名残。
d0094416_2349251.jpg
こんな晴れた日は、お散歩日和。
お出掛けすることに決めました。
一人歩きは楽しいもの。
そこでまずはご近所のお庭(笑)。
快く撮らせてくれてありがとう。
d0094416_2351241.jpg
お花見お花見。
花を見るからお花見。
だからお花見日和。
お散歩日和のお花見日和。


おまけにいいものわらしべくん
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-27 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

紬の町

d0094416_238137.jpg
祝日と言うことで、生憎お店は閉まっていましたが、今回行きたかったのは此方です。
つむぎの館
結城紬の織元さん奥順さんの敷地にある施設。
資料館もあり、色々な歴史や展示物も見られます。
勿論、実際に色々な紬を手に取ることも出来ます。
ええ、商品ですから(笑)。
此処で随分長居しましたね。
雨で人も少なかったので、友人と見放題でした。
此方の気のいいおばさまと3人で、あれやこれやと、反物広げて合わせてみたり。
目の保養なのか目の毒なのか。
いえいえ、良い気分にさせて頂きました。
d0094416_23165740.jpg
この奥順さん、建物そのものが文化財。
裏口から母屋へ抜ける、此処は私たちは入れません。
けれどその雰囲気は伝わりました。
重くていい匂いのする建物。
d0094416_23185330.jpg
向いにはこれも古民家を改築したカフェがあります。
カフェ&ギャラリー壱の蔵
此方でも展示をしていました。
本家さんの古くからの結城紬ではなく、現代の新しい結城紬。
鮮やかなブルーのショールや、ピンク色の紬は確かに斬新。
此方ではその時々で色々な展示をしているそうです。
d0094416_23232442.jpg
かと思えばお店の片隅にはこんなもの。
暫しうっとりです(笑)。
やっぱり来て良かった。
着物を着なくても、ちょっと楽しめる。
と私は思うのです。
結城の町。


そういえばね
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-25 00:00 | 旅先のこと | Comments(6)

見世蔵の町

d0094416_21423999.jpg
雨の降る彼岸の日。
傘を差しながらの散策となりました。
晴れていればもっと歩き易かっただろうけれど、それでも十分に楽しめたのは、きっとこの町並みが好きだったから。
古い古い町。
駅前の商店街はすっかりシャッター通りになってしまっていたけれど、昔からの町並みはそのままその歴史のまま。
d0094416_21482955.jpg
何処も真っ直ぐじゃない塀。
歪んで隙間だらけで。
文化財、ならばもっと手入れが出来ればいいのに。
そんな風にも思ってしまったけれど。
d0094416_2150285.jpg
一体いつまで新年なのでしょう?
でも此処も古い神社、健田須賀神社。
参道が正面からではなく、横から伸びているのは、確か古い寺社ではよくあること。
d0094416_21532722.jpg
こんなちょっと変わった建物も。
きっと後から看板だけ付けちゃったんでしょうね。
それで、きっと横の駐車場には昔は建物があったはず。
「おい、隣がなくなっちまったよ!横から丸見えじゃねえか!」
そんな声も聞こえてきそう。
d0094416_21551794.jpg
気になるでしょう?
気になりませんか?
交差点で、一際目立っていました。
d0094416_21563678.jpg
こんな風に古い蔵、それが普通に建ち並ぶ。
勿論今も使われていて。
d0094416_21574333.jpg
此方は酒屋さん。
地酒「武勇」の蔵元さん。
この煙突がこの町には幾つかありました。
先ほどの曲がった塀のお屋敷にもあったんです。
水が美味しいからお酒も美味しい。
え?
いえいえ、この日はまだ先が長い日ですから、寄道なんてしていませんよ。
今度またゆっくり来ますから(笑)。
d0094416_21593211.jpg
味噌屋さんも。
d0094416_21595876.jpg
はい、此方がお店。
なんでも、お買い上げ頂いて今から数ヵ月後に食べられる味噌があるそうで。
家で熟成。
それも面白いですね。
でも、流石にそれは運んで貰わないとなあ。
そんなこんなで町並み散策。
思ったよりも面白い。
古い町は面白いのです。



月が隠れるその前に
お祈りしないと
兎が跳ねるその前に
願い事を言わないと


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-24 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

洗練されてなんかいなくたっていいんです!

d0094416_21464996.jpg
知らない町でたまたま入ったお店が思いの外美味しいと、とっても幸せな気分になりませんか?
そんな気分のお話です。
ある友人と町歩きをしたのです。
生憎の雨、でも町並みを楽しみながら結構ご機嫌でした(笑)。
傘を差しながら歩いていて、最初に目に留まったのは「絹うどん」の看板。
そして美味しそうな出汁の匂い。
「どうする?行ってみる??」
店の前には手打ち蕎麦の看板も。
お店に入って、最初に「あ!」と思ったのは、此処の水の美味しさ。
まろやかで美味しい。
軟らかいお水。
そして私は鴨南蛮蕎麦。
友人は鶏卵とじ蕎麦。
ご覧の通り、田舎蕎麦。
量もたっぷり!
ちょっと甘めの出汁、不揃いな太めの蕎麦。
よく見ると色々なものが入ってました。
隠元やら椎茸やら(笑)。
お腹いっぱいになりました。
美味しかった!
何も知らずに偶然見付けた美味しいお店、ちょっとした嬉しいこと。
この日は色々な良い偶然が重なって、とても良い日になりました。
さて。
私はどちらの町へ行ったのでしょう?



何もない
空っぽの箱
何も入らない
大きな箱
小さな箱に
入る箱


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-23 00:00 | 食道楽なこと | Comments(4)

戦利品はないけれど、こんな日もいいんだな

d0094416_2333553.jpg
ある晴れた日に訪れた鎌倉。
ただふらふらと。
d0094416_2344214.jpg
大きな家も沢山あるけれど、小さな古い建物、それが鎌倉には多い。
古い古い建物。
此処は今も使われているけれど、今は使われていないような建物も。
d0094416_236264.jpg
敢えて大きな通りは歩かず、細い道を歩くと思いがけないものがあったりする。
d0094416_2373962.jpg
色々な顔。
神社やお寺もいいけれど、大好きだけれど、そうじゃない普通の風景もいいもの。
d0094416_2391351.jpg
ほら、こんな風にね。
d0094416_2310073.jpg
本当はあの市場に行きたかったのです。
でも、散歩し過ぎて遅くなってしまいました。
行ったら野菜が殆どありませんでした(笑)。
やっぱり此処に来るのは平日の昼間がいいのですね。


本日のベストショット!!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-22 00:00 | 鎌倉にて | Comments(4)

此処でなら良い手紙が書けそうです

d0094416_031491.jpg
とある休日の鎌倉、路地裏を歩いていて偶然見付けたお店。
小さなステーショナリーショップ。
手頃な万年筆やペン、ノート、手帳、レターセット。
中には手作りの硝子食器など、小さなお店の中には他とは一線を画す品揃え。
そして小さなお店のその奥。
このカウンター。
d0094416_0342411.jpg
ペンも色鉛筆も用意してあります。
どうぞ此方で何方かに手紙を書いてみませんか。
勿論、切手もご用意しております。
此方でお手紙を書いた方には譲って頂ける、ちょっと珍しい絵の切手も数点。
勿論、書かない手はありません。
偶然見付けた良いお店。
路地裏で静かな雰囲気。
此処ならゆっくり書けるかも。
困ることは何もないのだもの。
だって何もかも此処にあるから。
d0094416_0384875.jpg
そうそう。
書いたらこのポストに投函して下さいね。
こんな気配りも嬉しいお店。
きっと、好きなのだろうな。
こんなアナログな、けれど心の通う手段。
鎌倉、やはり私には魅力的な街。



古い古い友人
友人と呼ぶにはおこがましい友人
けれど友人
大切な友人
友人とはそんなもの


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-03-21 00:00 | 鎌倉にて | Comments(10)