<   2007年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

その為だけに揺られていく、そんな贅沢

d0094416_21493160.jpg
新宿から電車に揺られて1時間半。
これももうちょっとそこまで、の距離感。
其処へは初めての友人を伴って。
予てから連れて行けと言われていたので(笑)、折角なら写真展の開催中にと思って。
友人夫婦が営むカフェへ。
d0094416_21542531.jpg
雑穀米とトマトのカレー。
甘いのにスパイシーなカレー。
とろとろでさらさら。
d0094416_2157936.jpg
食後には赤い果実のロールケーキを。
ふわっふわなロールケーキはヨーグルトの酸味の効いたクリームとラズベリーで。
甘いけれど心地良い。
新しく工夫を凝らした月のブレンドと一緒に。
本来、ケーキにはしつこいくらいミルクティでと言っていたのですが、ここの珈琲ならばストレートで。
不思議なものです。
味覚。
味も然ることながら、きっと珈琲を淹れる彼の心意気が其処にはあるのでしょう。
寒い冬の始まりの午後、ちょっと温かい場所。
ここで過ごすひと時の為に揺られてくる時間。
ちょっと贅沢なカフェ満喫です。
たまにはそんな時間の使い方もいいものでしょう。



其処で見た蒲公英の葉
あそこで見たものと同じはずなのに
何処も同じではない
何が違うのだろう
色も形も同じなのに


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-30 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)

くだもの?

d0094416_23291458.jpg
花のアレンジメントにパイナップル…。
どうなのでしょう?
でも綺麗だからいいかな?
そう、決まりごとなんてないのですものね。
こうでなければいけないなんて。
美しく華やかに人目を惹き付ける。
花束はいいですね。



はらはらと舞い落ちるのは何も落葉だけではない
さらさらと流れるのは小川だけではない
私の中に息づくもの
数え切れない渦の真ん中


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-28 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

d0094416_0114143.jpg
例えばこういうもの。
其処に確かに存在していても存在感を強調することはなく、其れを見る為に車を止めたりはしない。
山肌を覆っていようと気に留める者は少ない。
d0094416_0145274.jpg
よく見ると光を浴びてその緑を色々な色に反射させていることも気付かれない。
気付かれることが目的ではなく其処にただいるだけの。
けれど、そんな彼らを愛して已まない人たちもいる。
見過ごしそうな裏の陰のその奥を見つめる人がいる。
そんな人に敬意を。
自分にはないその感性を羨ましくも歯痒く想う。
それは少しだけ過去を偲ぶ感情の流れと似ている。



くしゃっと握り締めてしまったその紙屑がただの紙屑でなかっと気付いたのはもうずっとずっと後になってからだった


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-27 00:00 | 誰かへ | Comments(2)

その人その人のもの

d0094416_0225936.jpg
ちょっとした心配りが出来ること。
それはきっとちょっとしたことだけれど、とても大切なこと。
けれどなかなか難しい。
それを自然なこなせることはもっと難しい。
自然な流れ。
そういえば、動きが自然じゃない、と以前言われたことがあります。
確かに私が私なりに自然な動作や仕草は時折他人から見たらとても不自然なことが多いようで。
本人は楽なのですけれどね。
けれど、いつも何処かに力が入ってしまっている自覚はあるのです。
自然体。
簡単なようで難しい。
私にとっての自然体はどんなものなのでしょう。
d0094416_029573.jpg
なるべく多く着物を着る機会を作りたい。
それは着物を着慣れていきたいから。
今は兎も角、歳を重ねていって着物に着られているようには見られたくない。
着物で日常生活を自然にこなせるようになっていきたい。
何処かでそんな風に思ったから。
勿論、着物の持つ雰囲気や様式、その美しさに魅かれていることが一番なのですけれど。
自然に。
自然体で。
私には何処かで抵抗感のある呪文のような言葉。
自分は不自然に生きているのだろうか。
そう感じて何も言えなくて縮こまっていた頃を思い出す。
あの頃ほどの抵抗感はないけれど、時折立ち止まる言葉。
けれど、やはり憧れるのはそれを身につけた人。
美。



取らないでね
無くなってしまうと困るから
少しだけとっておいて下さい


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-26 00:00 | 誰かへ | Comments(6)

そんな気配

d0094416_014294.jpg
早いもので、もう11月も終わりに近い。
あと一ヶ月でクリスマス。
早いですね。
街中は既にクリスマスの気配が。
これから益々寒くなります。
乾いた空気が身体を、喉をからからにします。
d0094416_0162340.jpg
そんなときには温かいものを。
ほんわかとじんわりと。
そんなものを。
ちょっと贅沢にショコリキサー。
如何ですか?



ごめんなさいを言うのに1年
ありがとうを言うのにまた3年
ああ
まだ道は長い


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-25 00:00 | 色々な風景 | Comments(0)

朝一で駆けつけたい!

d0094416_235669.jpg
早く行かなくちゃ。
駅に到着するなり一番最初に訪れたのは、実はここ。
じっくり素早く下見をしてからの鎌倉散策(笑)。
もうどうしてもここで野菜を買って帰りたかったのです。
ここが一番の目的地だったから。
何故?
何故でしょう?
d0094416_23584720.jpg
この市場のすぐ脇にあるハーブやアロマを扱ったお店。
小さくけれど品良く。
でも立ち寄るのはまたの機会に。
大きな野菜を抱えて帰ることになってしまったから(笑)。
d0094416_011811.jpg
はい、サラダ。
わさび菜やエンダイブ、水菜、ルッコラ、レタス色々。
そしてラディッシュ。
しゃきしゃき一番美味しい野菜。
d0094416_033151.jpg
蕪や大根、人参は温かいポトフで。
ほっくりと身体が温まります。
エストラゴンのマスタードを添えて。
カリカリのバケットも忘れずに。
そしておまけ。
d0094416_053227.jpg
何故か最近デザート作りをたまに。
冷やして固まるものしか作りませんけれど(笑)。
チーズと豆乳のムース。
洋梨と一緒にカクテル風に。
ふわふわのムース、でもあまり甘くないので、洋梨の甘さが調度良い。
調子に乗ってまた作ってみましょうか。



たったそれだけのことに数時間もかかる
そんな夢みたいに時間が有り余っていた頃のお話
たった5分で終わる小さな話


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-24 00:00 | 鎌倉にて | Comments(4)

思い立ったら吉日、それはきっと本当

d0094416_2328311.jpg
ぽかりと空いた平日の休日。
どうしようかと思っていたけれど、ちょっと出掛けてみることに。
出掛けると決めたら20分後には家を出ていました、早い(笑)。
化粧も何もしていなかったのにね。
家を出てしまうと何故かもう楽しくて。
出掛けるのを渋っていたのが嘘のよう。
勝手なもの。
d0094416_23322735.jpg
それほど遠くはありません。
お昼前には到着です、鎌倉。
d0094416_23341033.jpg
本格的な紅葉にはまだ早い。
ちょっとだけ色付いた葉。
いい天気、歩いているうちに暑くなってきました。
d0094416_2336417.jpg
ちょっとしたギャラリーとカフェ。
ギャラリー?雑貨屋?
可愛らしい雰囲気です。
ここにおいてあるケーキは美味しいのです。
d0094416_23374284.jpg
小学校の旧講堂です。
御用邸跡地に建てられた小学校。
この建物がもうあるだけで歴史を感じてしまう。
d0094416_23444335.jpg
土曜日は、結婚式がある時が多いのですが、平日は静かです。
鎌倉そのものはとても人が多かったのですけれどね。
凛と建つ教会。
雪ノ下教会。
雪ノ下、二階堂、御成町、扇ヶ谷。
鎌倉の地名、私は好きです。
ここからもう少し海に向かって歩いて行くと、今日一番行きたかった場所に。
ご機嫌でほくほくです(笑)。
でもそれはまた。


その前にね
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-23 00:00 | 鎌倉にて | Comments(8)

おまけはいりませんから!

d0094416_23593230.jpg
足許に視線を落としてみました。
かさかさとした音で葉が転がっていく。
乾いた空気。
つんとした風。
秋ですね。
やっぱり季節はきちんと巡って欲しいもの。
d0094416_023983.jpg
そのまま上を見上げると、きっともうすぐ冬が来る。
乾いた空気はキーンと凍えた空気に変わる。
それがいいのでしょう。
そんな日は何か温かいものを。

温かいものを何か下さい
心も身体も
寒すぎるので
どうぞ

好きな曲の一節。


この先はおまけだから
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-22 00:00 | 色々な風景 | Comments(10)

歩いて帰れる距離が嬉しいです

d0094416_0171556.jpg
まずは前菜から。
鶏レバーのパテと鶉のコンフィ。
パテ、大好きです。
パテやテリーヌがあると、必ず頼んでしまいます(笑)。
コンフィも好きです。
外側のパリッとした食感がいいですね。
家ではなかなか作れないので外食時にはどうしても食べたくなってしまいます(笑)。
d0094416_0202793.jpg
メインはありきたりですが、牛ほほ肉の赤ワイン煮。
ほろりと解けるのが幸せ(笑)。
これにまた赤ワインでワイン尽くし(笑)。
d0094416_0231968.jpg
デザートはヌガーグラス。
アイスのようなケーキ?
中にナッツやドライフルーツが沢山。
冷や冷やでこれも美味しかったですね。
キャラメルのソースがまた…。

ちょっと出掛けた日のディナー、歩いて行ける距離にあるビストロです。
はきはきしたマダムが出迎えてくれます。


おまけにもう少し!
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-21 00:00 | 食道楽なこと | Comments(6)

収集家は誰なのか

d0094416_21452137.jpg
本棚を整理していたら見つけたもの。
古い外国の切手。
誰が集めていたのでしょう。
綺麗にきちんとスクラップされています。
d0094416_21465866.jpg
価値があるものなのかどうか、私にはさっぱり分からないのですが、こうして見ていると面白くて。
色々なものがありますね。
フランスやアイスランド、エチオピアというのもありました。
日本の古いものも。
d0094416_21505338.jpg
分かる方がみたら分かるのかしら。
私も相方さんも分からないのですが、でも見ているだけで面白いのでまた大事にしまってあります。
誰が綺麗に取ってくれていたのだろう。
誰が集めたのだろう。
誰も覚えていない。
今までずっと本棚でずっと眠っていたのに。
見つけちゃった(笑)。



部屋から一歩も出ない日
そんな日があってもいいじゃない?
外の世界とは一切触れず
内側に向けて目を閉じる
そんな一日
たまにはね


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-20 00:00 | 色々な風景 | Comments(2)