<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

緑・緑・GREEN

d0094416_0144284.jpg
朝は晴れ間も見えましたが、夕方には雨。
細かい雨が降っていました。
そんな日の。
何方かの家の壁?
塀?
綺麗に緑。
d0094416_016202.jpg
そしてこれは我家の獅子唐。
ふと気付けば、結構実になっていますね。
更に。
d0094416_025409.jpg
もうすぐピーマン。
まだ途中。
なんだか今が可愛らしい。
真丸くて。

だから。
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-30 00:00 | 色々な風景 | Comments(9)

彼女の特権

d0094416_013245.jpg
捨て置かれたような場所に咲いていた薔薇。
その花ももう枯れ落ちて、残っていたのは。
棘。
まだ青々した葉と、棘。
彼女の持つ、咲き誇った後も残るもの。
触ると痛いです。
でも嫌いではありません。
この棘にも意味があるのでしょうから。
私は詳しくないので何にも分かりませんけれど(笑)。
植物でも花でも色々あって。
綺麗な薔薇には棘がある。
綺麗な花すべてには棘はないけれど。
面白いかな。
人の持つ刺々しさも、時間と共になくなっていったり。
逆のこともあったり。
どちらが良いとか悪いではないけれど、時間の過ごし方次第なのでしょうか。
久し振りに会った人から、ちょっとだけ、刺々しさが消えていました。


目を見て話す
ただそれだけ
それが私の秘密のはじまり


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-29 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)

特別ではない風景だけど

d0094416_2334209.jpg
特に鉄道マニアではないのですが。
ちょっと出掛けてちょっとホームで一人になってちょっと人が少ないと。
d0094416_23485935.jpg
撮ってますね。
d0094416_23361416.jpg
d0094416_2336381.jpg
線路(笑)。
なんとなく。
ちょっと今まで撮った写真を見ていたら、意外にあってびっくりしました。
そんなに珍しい場所でもないのに(笑)。
でも、一人で何処か旅に行く時は電車になりますから、なんとなく、何処かへ行く、という雰囲気があって好きなのかもしれません。
そういえば、先日ちょっとお話した方が、本屋さんで「貨物時刻表」なるものを購入したと言っていました。
そんな本もあるのですね!
貨物列車の時刻表ですよ?
何より、そういう本が普通の書店に普通に売っていたことにびっくりしました(笑)。
使う人なんて限られているのに。
面白いですね。
私は電車に乗って、何処に行きましょう?


月は自ら光を放たないのに
月の放つエネルギーは私たちを左右する
月は自ら輝かないのに


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-28 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)

ちょっとだけフライング

d0094416_0115767.jpg
綺麗に整列しています。
背丈はちょっとずつ違うけれど。
先日の晴れた日にちょっと撮らせて頂いた、庭。
我家のように食べ物ばかりの花壇ではなく、ちゃんと綺麗な花が咲く(笑)。
綺麗な花壇です。
よく見ると。
d0094416_0135673.jpg
まだ固いけれど、蕾があります。
ちょこっとだけ黄色いそれを見せて。
もう夏なんですね。
夏の花。
太陽に向って咲く花。
大きく育って上を向いて。

なのに見つけちゃった
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-27 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)

待ち写真

d0094416_23273171.jpg
小雨の降る日でも海沿いの道はいつも混雑。
波があまりないここの海岸は、ウィンドウがいつも立っている。
雨が降ったり止んだり。
車はゆっくり進みます。
当てもなく出掛けたこの日、結局海沿いの道を直走り、鎌倉を抜け逗子を抜け横須賀まで(笑)。
そして途中、ガソリンスタンドにだけ寄り、私はとうとう1度も車を降りることなく帰宅(笑)。
こんなドライブありなのでしょうか。
あり、なのでしょうね。
話したり黙ったり。
外を眺めていたりうとうとしてみたり。
そんな日。
d0094416_2334048.jpg
そんなドライブの車中から、信号待ちで撮った1枚。
走り出す直前。
なんだかちょっと惹かれて。
ただそれだけ。
それだけなんですけれどね。
あ、上の1枚も信号待ちで撮った写真(笑)。
折角の休日だったのに。
これでよかったのかな。


赤いマニキュアを塗る
ふっとどこかで
昔の自分が蘇る
ずっとずっと昔の話


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-26 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)

諦めていたのだけど

d0094416_022515.jpg
d0094416_0231780.jpg
上の写真は昨日撮った1枚。下は今朝撮った1枚。
見つけた時嬉しかったな。
クレマチス。
土が合わなかったのか、買ってきて植替えをした後は本当に元気がなくて、みるみる弱っていったのです…。葉っぱも落ちてしまって、駄目かなあ、と思っていたら。
咲いてくれました。
よかった!
なんとか持ち直してくれたのですね。
他にもまだ蕾がちらほらありました。蔓も伸びてきてくれています。
ちょっとほっとしました。
また、綺麗に咲いて下さい。

おまけは
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-25 00:00 | 色々な風景 | Comments(10)

一日草むしりの日

d0094416_546393.jpg
真夏のような陽射。
昨日の雨で一気に元気になってしまった色々な草。
伸び放題です(笑)。
そのままにもしておけず、草むしり。
近所の家では子供のプール開きでした。
そう、お父さんは頑張って空気入れから(笑)。
あの小さなプールでも、水があると涼しげで。ちょっと私も入りたくなるような。
そんな夏の日模様、こんな麦藁帽子が似合います。
これは誰の落し物?
d0094416_5514061.jpg
はい、僕のでした!
落としてないよ、水に濡れたから乾かしてただけだよ!

そんな夜は
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-24 00:00 | 色々な風景 | Comments(10)

嬉しい一手間

d0094416_0211013.jpg
朝からの雨。
なので写真は先日の一枚。
通勤途中で写真を撮るのが普通になってしまっているこの頃です(笑)。
ご近所で不審者になっていないかしら…。
d0094416_0231321.jpg
今日は嬉しい封書が届きました。
珍しく、自分が写っているのにお気に入りの写真。
友人が一緒に鎌倉に行った時に撮ってくれたものなのですが、被写体に自分がいるけれどお気に入りなのです(笑)。
構図とか、撮った場所とか。
ああ、普段神社やお寺にいる時の自分ってこんなんなのだなあ、と。
人の目で見る自分も面白いですね。
そして、デジカメで撮ったのに、きちんと現像して送ってくれた友人に感謝。
嬉しいものです。
写真も封書も。
その人の字が躍る封書や葉書、やはり嬉しいもの。

今日も
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-23 00:00 | 色々な風景 | Comments(4)

夏至×キャンドル

d0094416_0395349.jpg
これは何?
ぼあんとしたこれは。
d0094416_0402110.jpg
これは小さなキャンドルの明かり。
キャンドルナイトというのがあります。夏至の日の夜はキャンドルで過ごしましょうというイベント。
今年は22日から24日まで、20時~2時間。
電気を消して蝋燭の明かりで過ごしましょう、というもの。
なんだけど。
私は今日キャンドルでした(笑)。
何故?
それは気分です(笑)。
だって。
d0094416_045595.jpg

20時でもまだ空はちょっと明るい。
この写真だと分かりにくいかもしれませんが、まだ結構明るかった。
だから。
明かりをキャンドルだけにして、テレビではなく音楽で。
一人でのんびり。
こういう時間もいいものです。
折角なので、明日もキャンドルナイトにしてみようかな。
キャンドルの明かりは好きです。


意味のない不安
押し潰されないように
精一杯胸を張る
それだけのことが
とてもしんどい
そんな時もある
ね?


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-22 00:00 | 色々な風景 | Comments(14)

空と少年と私

d0094416_23353369.jpg
もうすぐ夏の帰り道。
すれ違った時、彼はちょこっとだけ溜息のような息を吐いていました。ただ暑かっただけかな?
頑張れ少年。
でもその背中はなんだか生き生きして見えて、私はちょっとだけ笑ってしまいました。
ちょっとだけありがとう、と思って。
d0094416_23395622.jpg
久し振りに撮る空。
私はこういう空が好きなのでしょうか。
雲の存在感のある空。
d0094416_23412635.jpg
鱗みたいな雲。
色々なことを考えて、後ろ向きになったりすることも多々ありますが。
まあ仕方ない。
諦めではなくそう思うように。
あ、今日のささやかな嬉しいこと。
新しい電話が届きました。
今まで、子機が壊れていて、いつも2階から1階へダッシュだったのですが(それでも間に合わない時が多く…)、これで解消!慌てて転ぶこともなくなるでしょう(笑)。
でも、あんまり鳴らない家の電話。
家の電話しかなかった昔がちょっとだけ懐かしく感じてしまいました。


うんと伸びをして深呼吸して
眉間の皺を伸ばして
大きな声で
「おはよう」
庭の小鳥が逃げた


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-06-21 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)