<   2006年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

真っ赤な秋と夏の名残

d0094416_23412577.jpg
あまりにまっかっかな…。
サルビアです。
でもちょこっと枯れかかっちゃっているのもありますね。そんなに広くない花壇だったのですが、こうして見るといっぱいです。
赤は目を惹く色ですものね。
秋は真っ赤が多いですし。花も葉っぱも実も。


d0094416_2345254.jpg
これはまたそこの近くにいたハイビスカス。
よーく見るとね、花の中に…。
そう、黒いありんこがわさわさいたんです!びっくりしました。
この写真を撮った後に気が付いたんですが(笑)。
やっぱり甘い花の蜜はご馳走なんですね。

でも、ここまでどうやって上がってきたんだろう?それより、ここに蜜があることをどうして知っているのだろう?そこまで強い匂いだったかなあ。でもきっと、私たちには分からない色々があるのでしょうね。


新しい手帳を開くと
何かが変われる気がする
一枚ページを捲ると
新しい風が吹いた

施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-31 00:00 | 色々な風景 | Comments(12)

着物は楽しい!

珍しく2日続けて着物でした。
d0094416_0333193.jpg
着物はポリエステルなのでじゃかじゃか洗えます(笑)。
秋だし、こんな色もいいかな、と。こういう色は今まで持った事がないのです。いつも地味目になってしまうのですが、花柄なんて恥ずかしくて着れなかったのですが…。
帯は京都に行った時に、友人に紹介して頂いたアンティーク着物やさん、一笑さんで購入したもの。やっと今日初めて締めました(笑)。
着物で花柄はちょっと躊躇うのに、帯は大丈夫なんです。帯は光沢あっても平気。
今日は友人と銀座へ。
その為だけに以前のお店へ。お知らせを頂き、桜柄が雨で浮き出る蛇の目傘を貰いに!頂けるというなら(笑)!!
赤い色と青い色、2色ありましたが二人とも赤を選びました。
そして、前回、頼んでおいた正絹の長襦袢が仕立て上がったのでそれも頂きました。

d0094416_0485316.jpg




特価品だったので、これとあと3本くらいしかなかったのです…。
どうしようかと思っていたのですが、買うつもりで出掛けていたのでお願いしてしまいました。
あまり布が少しあるので、足袋か草履か、小物を作ってもらおうかな。それもちょっと楽しみかも(笑)。
こうして増えていってしまうのですね…。









次回の着物デーもそう遠くない気がします(笑)。来月初旬、かな。
上野の美術館に行きたいので、そこには!
さて、どの組み合わせで着ましょう?


雨が上がると
夕日はいつもより綺麗になる
雨が降ると
雫はもっと光を放つ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-30 00:00 | 和を愉しむ | Comments(12)

桜木町で19時に

d0094416_1144041.jpg

久し振りにこんなトコに来ました。
ここには待ち合わせただけなんですけれど。駅の反対側に行っちゃいました。
お箸で頂く美味しいフレンチ。
今日のディナーです。
写真は撮れませんでした(笑)。
楽しく美味しく素敵な時間が過ごせました。
いいですね、楽しい時間を共有できる人が沢山いると。今日初めてお会いした方もとても気持ちのいい方でした。なんだか嬉しかったです。こういう時間を大切にしていきたいです。
ちなみに今日は4人でワイン2本。
普通でしょう?

そして。
d0094416_1212020.jpg
今日の着物。
ウールの単なのでまだ平気!普段着仕様なので、気楽に着れます。
そしてこの骸骨帯はやっぱり重宝!合わせ易いし、季節も問わない。おりこうさん(笑)。しかも、半幅帯なので締めるのも簡単!不器用な私はお太鼓締めるのに時間がかかってしまいます…。これなら変わり角出しくらいでちゃちゃって出来ます。やっぱりおりこうさん!
今日は仕事後に1回帰宅してから着たので、さっさと着られるのを選んだって言うのもあるのですけれど。もう少し着慣れればもっと早く着られるのかな。慣れると言うことはもっと沢山回数こなさなきゃ!
どうも、雨が降ると挫けてしまう私…。
明日も着たいのですが、雨降るみたい。今も降っているし。どうしましょう?
でも明日は違うのを着たいので、頑張って着ようかな。
実は昨日のうちに選んでおいたのですけれど。大降りにならなければ着ちゃいましょう!


傘もささずに家路を急ぐ
傘は何処かに忘れてきた
傘など始めから持ってはいない
傘なんて
傘なんて…


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-29 00:00 | 和を愉しむ | Comments(8)

「金」がいいです!!

d0094416_09018.jpg

ここだけはどうしても立ち寄りたかったんです。
d0094416_094763.jpg

前日同様、曇天曇天。
ぱらりぱらりと小雨が舞っていました。傘を差すほどではないけれど。
しかもちょっと寒かった…。伊豆仕様で行っていた為、箱根の空気は冷たかったのです。
ここは箱根仙石原のススキ草原。この辺では有名なススキの名所です。
d0094416_0153738.jpg

d0094416_0155263.jpg

あんまり名所っぽくないですか?それは私の力量不足と言うことで(笑)。
晴れた日に行くと、もっときらきらしていて溜息つきたくなります。風が吹くと風の音が聞こえて、ススキの穂で風の流れが分かります。金色の風です。光を反射させながら風が通っていきます。月夜には銀に光るのでしょうか?まだ見た事はありません…。
11月一杯くらいは見頃が続きそうです。
ここの近くに星の王子様ミュージアムがあるのですが、まだ行った事がありません。中にあるレストラン、ル・プチ・フランスも美味しいと聞いたので、1度行ってみたいのですが…。前を通り過ぎることは何度もあるのですけどね。どうしても行きたい、になっていないのかもしれませんね。行きたい、程度なのでしょう、きっと。
機会があれば行ってみて下さい。
ススキは来月中ですよ。箱根はまだ紅葉していなかったので、来月ならちょうどいいのではないでしょうか?


夜中に電話がなりました
愛しい人の声が聴きたくて
それ以外には及ばなくて
電話は今もなり続けています

施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-28 00:00 | 旅先のこと | Comments(4)

何してるの?って…

曇天模様の写真ばかりなのも…。
今朝の空。
d0094416_052115.jpg

ちょっといつもと違う道を通ってみました。
d0094416_062723.jpg

朝の光はやっぱり眩しいですね。一番元気な光。
地面にさえ反射するような、力強さ。
そう、この写真を撮っている時に、駐車監視員(?)さんに「何やってるの?何か撮ってるの?」と声を掛けられてしまいました。ちょっと首傾げながら。まあ、ちょっと不思議だったんでしょうね。しゃがみ込んで地面にカメラ向けてる人なんて(笑)。でもニコニコ笑って「じゃあね」と言って行ってしまいました。
ちょっとした不審者だったのかしら、私?

こんなのも…
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-27 00:00 | 色々な風景 | Comments(8)

極楽極楽!!

d0094416_22584875.jpg

ここは今までに行った温泉の中では格段に居心地の良かった貸切風呂でした。
抑えた照明の温泉に、テラスのような縁側。その先には池のある庭、そして山!この季節に行くのが一番ですね。だって、冬はかなり寒いだろうし、夏は虫がいっぱいいそうで…。
これで檜の風呂だったら言うことありません(笑)。
規定の時間よりもちょっと長めに貸して頂けて、かなりのんびりしてしまいました。制限がなければもっとのんびりしてしまったでしょう。でもこの後には美味しいお食事が待ってるんです。美味しいお酒を連れて(笑)。彼らを蔑ろには出来ませんもの!
私が宿を選ぶ基準。
まず大きすぎないこと。どちらかといえば小さな宿が好みです。そして、料理重視。やっぱり美味しいものを頂きたいですからね。そんなこんなで、一番のお気に入りは、でも今のところやっぱりこちらでした。今度は冬に行こうと画策中(笑)。

d0094416_23224466.jpg
ここは今回お世話になった玉樟園新井さんの中庭へ通じる中門。
平日なのに、結構混んでいました。でも、和風のロビーでゆっくりソファでチェックイン出来るのは良かったかもしれません。待たされている感があまり感じませんし。でも仲居さんたちはわたわたしてましたね(笑)。ちょうど一気にお客さんが到着しちゃったようで。
こちらは私が選ぶ宿にしては大きめ。31室ありました。どうしても10室ほどの宿を選ぶ傾向が強い私です。
それでも、今までに外したなっていう宿はないので、それなりに嗅覚は働いているようですよ(笑)。宿とレストランを選ぶ嗅覚。これはかなり発達しているようです。ここだけは褒めていただけます(笑)。良い事、でしょうか…。まあ、他に何もないよりは、いいかな。

ここの見所だったのは…
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-26 00:00 | 旅先のこと | Comments(12)

何もしたくなかったんです

伊豆旅行の朝。この日もこんな空でした。
d0094416_0225323.jpg

雲が多くて。
でもやっと取れた休みでした。何もしない贅沢をしに、西伊豆へ。
d0094416_025355.jpg
d0094416_0251986.jpg

靄がかかってしまって、水平線が綺麗に見えなかったのがちょっと残念。
折角海沿いの道を走ったのにね。でも、これはこれでよかったかな。

どんどん行って…
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-25 00:00 | 旅先のこと | Comments(6)

会いたかった

随分遠くまで来てしまいました。
d0094416_22145882.jpg
d0094416_2215197.jpg

もうすぐこの花の季節も終わってしまいますね。儚い雰囲気の花です。
息抜きと休暇で、西伊豆まで行きました。
温泉に入って美味しい食事と何もしない時間を満喫してきました(笑)。その時に、私の家の近所では何故か見つからなかった秋桜、見つけました。結構すぐにいるものですね(笑)。
海辺の港に咲いていました。生憎の曇天でしたが、空も泣き出さずに待ってくれました。
やっと出会えたのに、最後の力を振り絞って咲いている感じがしました。まだまだ花は咲いているのに。
d0094416_2224432.jpg



君が来るのをずっと待ってた
そう言ってくれる人を
今もずっと待っています
待っていては誰にも会えないことは分かっているのに…


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-24 00:00 | 旅先のこと | Comments(12)

Terima Kasih!

d0094416_23401575.jpg

さあ、ここは何処でしょう?
私にとって、初海外の写真です。
去年の2月に行った、マレーシア。首都のクアラルンプールです。
とても頑張っている国、という印象でした。2020年までに先進国になる、という明確な目標があるそうです。
クアラルンプールには最後の1泊しかしなかったのですが、面白い街でした。
いろんな国の人が混ざり合って作っている文化。如実に現れていたのは食文化でした。
世界中、何処に行っても存在する中華街。彼らの逞しさって…。地元マレー料理と中華の合作文化のニョニャ料理。結構いけました(笑)。
ここの国王は交代制で、5年交代なんだそうです。9つの州の長が交代で国家元首になるそうです。そういうのも面白いな、と思いました。
初海外にして唯一の海外旅行(笑)。
アジアならではなのでしょうか。クアラルンプールの空港から目的地のランカウィ島に行く飛行機が何の連絡も表示もなく数時間遅れ、現地での両替が儘ならないままの到着でした…。
でも、またいきたいなと思う島でした、ランカウィは。


走って走って走って
やっと辿り着いたのが
自分の庭だったら
貴方は如何しますか?


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-22 00:00 | 旅先のこと | Comments(12)

大切にしたいこと

d0094416_237830.jpg

たまにはこんな空も…。
抜けるような青空だけじゃないですものね。
ブログを始めて一ヶ月以上過ぎましたが、最近思います。
「毎日同じことの繰り返しなんて有得ない」
毎日同じように過ぎてはいきます。朝ごはんを作り、片付けて仕事に向かい、帰って来てまた夕食の支度をし、食べて片付けて。作業は一緒。でも同じことではない。少しずつ何かが違っているから。大まかには同じことかもしれないけれど、感じていることは違う筈。だから毎日を楽しめるのかな、と。今日見たものと明日見るものは同じものでは有得ない。だって今日の蕾は明日咲いているかもしれない。そういうこと、かな。

今日の買い物は音楽。
d0094416_23144326.jpgIL DIVOMAKSIM
ちょこっとクラシックな彼ら。
前者は思わず泣きそうになってしまいます(笑)。元々テノールの声は大好きなのですが、ここのバリトン、カルロスの声は素敵です。流石スペイン!!日本女性は弱いのではないでしょうか…。私はKOでした(笑)。そして、私は、なのですが、英語を聴いているよりもイタリア語やラテン語を聴いているほうが音楽の場合は落着きます。昔の習性でしょう。
後者はピアノです。クラシックをアレンジしたピアニスト。クロアチア出身。っぽくないジャケット写真でしょう?でもこれはこれでいいです。
んー、例えば、フジコ・ヘミングを聴いて「この人の音楽は凄い!涙が出る!」というのとは少し違う意味で、いいです。私は彼女も好きです。生の彼女の演奏はやっぱり何度でも聴きたいし、テクニックという意味でも表現するという事においても感動はしました。彼の演奏はまだ生で聴いたことはないですけれど、聴いてみたいです。
クラシックって聞くと敷居が高く感じてしまう方もいるようで、それで敬遠しちゃうと勿体無いなと思ってしまう私です。
難しくはないと思うのです、一つのジャンルと思ってしまえば。結構面白い。今年はモーツァルトyearで色々聴く機会もありましたが、やっぱり面白かったです。だって、クラシックって言ったって当時の娯楽なんだから。難しく教えちゃうから面倒臭くて面白くなくなってしまう気がします。楽しく教えれば聴く人も増えるんじゃないかな、と。
なんてね(笑)。苦手な人は苦手なままかな。
一人でワイン飲んで気持ち良くなっている時に彼らを聴くと、ほんわかして涙が出てしまうかもしれません(笑)。
そんなの私だけかしら?


だから私はいつでもここにいますから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-21 00:00 | 音を聴く | Comments(4)