カテゴリ:鎌倉にて( 75 )

私の満足を満たした日

d0094416_16215375.jpg
意外と江ノ島に電車で来るのは久し振りだ。
と言っても、島内に行った訳ではなく、ちょっと寄り道しただけなんだけれど。
d0094416_16231134.jpg
寄り道先は此方、Quiche Yoroizuka
d0094416_16281293.jpg
綺麗に陳列、と思ったら、これらはサンプルでした(笑)。


此方が本命
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-05-25 00:00 | 鎌倉にて | Comments(0)

たからの庭はまさにたからもの

d0094416_9563566.jpg
終わりました、GW。
今年は遠出をしなかったので、近場をふらリ、まずは鎌倉、たからの庭さんのイベントへ。
d0094416_9565621.jpg
北鎌倉、人の賑わいを離れて緑の中は鳥の声が心地良い。
d0094416_958654.jpg
いい場所なんです。
d0094416_9585876.jpg
d0094416_959252.jpg
こんな木の下で
d0094416_9595066.jpg
浄智寺和尚の恵温カレーを頂く幸せ。
d0094416_102352.jpg
勿論此方も!
d0094416_1023279.jpg
こんなものも美味しかった。
d0094416_103514.jpg
鎌倉だなあ、という庭。
d0094416_1033676.jpg
あ、豆~!
d0094416_104692.jpg
苔の階段も綺麗。
のんびり、いい時間でした。


そのあとは
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-05-06 00:00 | 鎌倉にて | Comments(0)

贅沢な夜の前には満たされた時間があるのでした

d0094416_951191.jpg
贅沢な夜を過ごしたのは、贅沢に楽しんだ時間を持てたから。
鎌倉のvuoriさんで、うるしさんの金継ぎ展示。
友人が是非に、とご案内をくれて、いそいそと仕事終わりに出掛けていきました。
いいですね、金継ぎ。
金継ぎされた器の方が存在感もあり、寧ろ展示品を購入したくなるくらいでした。
あの四角いお皿と、蕎麦猪口と、あれ、欲しいなあ(笑)。
d0094416_15342928.jpg
vuoriさんは1階はカフェ、2回は道具屋さんなのですが、素敵な空間です。
お皿を持って、あっちうろうろ、こっちうろうろ、並べて比べて唸ってまた戻って。
d0094416_956475.jpg
散々迷った挙句に選んだのはこの子たち。
知らずに選んでいたのですが、偶然にも同じ作家さんの作品でした。
実はもう一つ迷っていた白い丸皿があったのですが、それも同じ作家さんのものだそうです、好みってあるんだな、と。
黒いお皿のデビューは我家で筍ペペロンでした。
d0094416_959478.jpg
せっかく長谷に来たんだから、と、途中で購入。
石渡商店さんで乾物を。
鯛煮干で炊き込みご飯を作りたい!きっと美味しい筈!!
と、素材任せ(笑)。
d0094416_1014440.jpg
そのうち此処にも来たいなあ、と思いながら、あのお店へ急ぐのでした。
良い一日だ。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-11 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)

厄を祓えたのでしょうか

d0094416_2351982.jpg
昨年よりもちょっと早いタイミングで出掛けた鎌倉です、寒いけれど気持ちよく晴れた日でした。
ちょっと早めの時間だったからか、祈祷待ちの人が待合所から溢れていてびっくり!
そうか、いつもはもう少し遅い時間だから人出も落ち着いていたのかな。
d0094416_23541531.jpg
いつものように厄を祓っていつものようにおみくじを。
ちょっとね、筒を振って番号を告げた時にね、ちょっとだけだけれど違和感のような、ちょっとした予感のようなものはあったのですよ、本当に。
だから案の定と言うか…。
分かりました、今年は大人しく過ごします!
d0094416_23573130.jpg
白梅が咲いていました。
やっぱり此処も今年は早い、梅、綺麗だ。
d0094416_23585630.jpg
さ、立直りも早いのです(笑)。
相方さんは中吉、まずまずで良かった。
せめて私が足を引っ張らないように今年は慎ましく生きよう、なんて無理かしら?


この日のお召し物
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-01-25 00:00 | 鎌倉にて | Comments(0)

鎌倉厄払い

d0094416_14512187.jpg
よく晴れた日でした。
昨年に引き続き恒例の厄払い。
d0094416_14512876.jpg
午後からのんびり出掛けたので、昨年よりもやや少なめな人。
たまたまかな?
それでも、相方さんは「人が多い」と言っていました。
でもねえ、新年早々にお払いに行くととんでもなく混んでいて詰め詰めになるので、これくらい余裕があって、且つ早く順番が回ってくるこの時期がやっぱりいいのだ。
d0094416_14543569.jpg
これもいつもの。
d0094416_14551433.jpg
弁天様の裏手の梅はちらほらと咲き出していた。
今年は紅い梅。
d0094416_1456929.jpg
やっぱり好きな花、好きな枝だ。


今年の出で立ち
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-02-05 00:00 | 鎌倉にて | Comments(0)

鎌倉山のギャラリーへ

d0094416_16423192.jpg
綺麗に晴れて風も穏やかなある月曜日。
本当はRさんと一緒に行く筈だったけれどお互いの予定が折り合わず、それぞれで訪ねたギャラリー。
こんなに良いロケーションに建つGallery招山、展示品も見事なものだった。
伊藤久仁子さんの敷物展だ。
駱駝や山羊、羊の毛を織り上げていく。
自然の色は光で随分と印象が変わる。
最初のごわっとした手触りも踏んで踏んで転がって使い込んでいくうちに、余計なものが落ち、柔らかくしなやかに変わっていくと言う。
確かに腰掛けた座布団のようなクッションはこなれた感じが暖かくて心地良い。
「踏むのがもったいないなあ」なんて呟いてしまったら、「どんどん踏んだ方がどんどん良くなるの」と、いづみさんは言う。
確かにそうだ、使わないことの方がもったいない。
大きな敷物、あったら素敵だろうなあ。
駱駝の織物が私はちょっと気になっている。
敷物を手で撫でながら、のんびりといづみさんとお話をするけれど、思えばこの日が初対面なのに、私は勝手に随分と寛いでしまっていた。
初対面な気がしなかったのは、似た空気の人を知っているから、かな。


織物と言えばこれも織物
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-01-26 00:00 | 鎌倉にて | Comments(4)

少し遅れた誕生祝を

d0094416_1854253.jpg
よければ「施基さんも来ないかなあって」
そんな風に言われたら嬉しくってほくほく行っちゃう。
鎌倉のTさん宅へ2度目の訪問、今度はbellママバースデー!
本当はもうちょっと前だったようだけれど、お祝いはお祝い、気にしないで賑やかにお祝い!
d0094416_190098.jpg
此処の家はとても居心地が良い。
最初から、初めて来た時から穏やかで優しい空気に満ちている。
壁掛け時計や黒電話、古い箪笥、木と土の匂い。
そしてそして、美味しい料理に美味しいお酒。
行きがけに買っていった手土産の日本酒も思いの他旨い日本酒だったことも嬉しい。
d0094416_194596.jpg
Tさん目利きの魚たち、烏賊も鯖も宴を彩ってくれる。
それぞれに持ち寄った料理たちもそれぞれらしく喧嘩しないで仲良く並ぶ。
Rさんの栗のスープ、絶品だったなあ。
Yさんのローストビーフ、また是非とも作って貰おう。
そしてbellママ、主賓の筈なのに一番立ち働いてくれていて、酔っ払いの私は申し訳ないやらその姿が素敵でなんだか嬉しいやら(笑)。
野菜の炊き合わせ、野菜っていいなあ、と再認識する。
私とRさんの笑い声がご近所迷惑ではなかったかしら、とちょっと反省しつつ(笑)、また楽しい夜。
静かな家がすべてを包んでくれる夜。


お衣装
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-10-24 00:00 | 鎌倉にて | Comments(6)

祝いの席の幸せな時間

d0094416_1653239.jpg
ほろ酔いで訪れたのは、rさんの友人宅。
その友人tさんのパートナーの誕生日祝いの席に初対面の私も同席してしまう展開。
tさん自ら腕を振るって魚を捌く。
心地良い酔っ払いの私たちは勝手にハッピーバースデーを歌う(笑)。
d0094416_16102324.jpg
美しいサヨリ。
d0094416_16105850.jpg
そしてほうぼう。
これを煎り酒で頂く。
煎り酒、江戸の頃には醤油よりも一般的に使われていたとも言う調味料、初めて刺身を煎り酒で頂いたのですが、これがまた美味しい。
後日、早速自宅で作ってみた。
しばらくはこれにはまりそうな予感。
d0094416_16132260.jpg
そしてとびうおのたたき。
柚子と胡麻が利いてこれもお酒に合う。
魚って美味しい。
他にも、蓮根煮、こづゆ、豆腐の味噌漬け、ああ、等々卓に乗り切らないほどいっぱいのご馳走。
楽しく沢山飲んで食べて、なんだかとても満たされた時間を過ごしました。
心地良かったなあ。
ちくたく響く壁時計の音も何処かノスタルジックで薄明るい灯りがまた色々なものをやわらかくしてくれていた。



うすぼやけて行く貴方の背中
記憶なんてどこまでも頼りにはならない儚い頼みの綱なのに
すがりたくなるのは私の弱さ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-04-01 00:00 | 鎌倉にて | Comments(4)

蕎麦屋に行ったのに!

d0094416_1616272.jpg
随分と久し振りに会うrさん。
酔っ払ってくれるメールが本当可愛らしくて愛おしい(笑)。
そんな彼女とほぼ1年ぶりに会う。
当初の予定とはくるくると回転するように変わり、まずは鎌倉の蕎麦屋へ行くことに。
これがまた大正解な一日の始まり。
由比ガ浜で待ち合わせ、松原庵へ


蕎麦飲み
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-03-29 00:00 | 鎌倉にて | Comments(4)

たまにはパンケーキとやらでも

d0094416_1638066.jpg
ちょっと時間は逆戻り。
参拝前に、実は初来訪のイワタ珈琲店。
ずっと鎌倉にあるのに立ち寄ったことはなかった此処。
最近のパンケーキブームもあってかなり並ぶかと思ったけれど、案外そうでもなかった。
この厚みのあるシンプルなパンケーキ、こういうものは相方さんもいいらしいです(笑)。
d0094416_16402965.jpg
シロップトロリ。
いや、とろり。



ただなにもない世界
穏やかで退屈な日々
漣のような時間
たぶんきっとそれはどこかで
貴方にいつか届く波


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2014-02-02 00:00 | 鎌倉にて | Comments(2)