2006年 10月 21日 ( 1 )

大切にしたいこと

d0094416_237830.jpg

たまにはこんな空も…。
抜けるような青空だけじゃないですものね。
ブログを始めて一ヶ月以上過ぎましたが、最近思います。
「毎日同じことの繰り返しなんて有得ない」
毎日同じように過ぎてはいきます。朝ごはんを作り、片付けて仕事に向かい、帰って来てまた夕食の支度をし、食べて片付けて。作業は一緒。でも同じことではない。少しずつ何かが違っているから。大まかには同じことかもしれないけれど、感じていることは違う筈。だから毎日を楽しめるのかな、と。今日見たものと明日見るものは同じものでは有得ない。だって今日の蕾は明日咲いているかもしれない。そういうこと、かな。

今日の買い物は音楽。
d0094416_23144326.jpgIL DIVOMAKSIM
ちょこっとクラシックな彼ら。
前者は思わず泣きそうになってしまいます(笑)。元々テノールの声は大好きなのですが、ここのバリトン、カルロスの声は素敵です。流石スペイン!!日本女性は弱いのではないでしょうか…。私はKOでした(笑)。そして、私は、なのですが、英語を聴いているよりもイタリア語やラテン語を聴いているほうが音楽の場合は落着きます。昔の習性でしょう。
後者はピアノです。クラシックをアレンジしたピアニスト。クロアチア出身。っぽくないジャケット写真でしょう?でもこれはこれでいいです。
んー、例えば、フジコ・ヘミングを聴いて「この人の音楽は凄い!涙が出る!」というのとは少し違う意味で、いいです。私は彼女も好きです。生の彼女の演奏はやっぱり何度でも聴きたいし、テクニックという意味でも表現するという事においても感動はしました。彼の演奏はまだ生で聴いたことはないですけれど、聴いてみたいです。
クラシックって聞くと敷居が高く感じてしまう方もいるようで、それで敬遠しちゃうと勿体無いなと思ってしまう私です。
難しくはないと思うのです、一つのジャンルと思ってしまえば。結構面白い。今年はモーツァルトyearで色々聴く機会もありましたが、やっぱり面白かったです。だって、クラシックって言ったって当時の娯楽なんだから。難しく教えちゃうから面倒臭くて面白くなくなってしまう気がします。楽しく教えれば聴く人も増えるんじゃないかな、と。
なんてね(笑)。苦手な人は苦手なままかな。
一人でワイン飲んで気持ち良くなっている時に彼らを聴くと、ほんわかして涙が出てしまうかもしれません(笑)。
そんなの私だけかしら?


だから私はいつでもここにいますから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2006-10-21 00:00 | 音を聴く | Comments(4)