FRANCEへ~アーティスティック sanpo

d0094416_0173642.jpg
アートが似合う街、でもありますよね。
似合うというか、生活の中にある一部、というか。
これはモンマルトルの広場の画家さんの道具。
ちょっと撮らせて頂いちゃいました。
いいなあ、絵の具って。
d0094416_01908.jpg
此処はたくさんの方が画を描いていました。
勿論、描くだけではなく販売も。
生活と近い場所にあるんですね。
d0094416_0215858.jpg
マレを歩いていた時にも。
笑ってくれました。
でもちょっと眩しそう?
それとも困ったのかな?
でも「メルシィ」と言ったら手を振ってくれたので、ま、いいか(笑)。





d0094416_025076.jpg
モンマルトルは場所柄なのか、パフォーマーも多かった。
日本では限られた場所だけだけど、此方では色々な場所で見かけた気がします。
彼女のハスキーな声、歌っている時の笑顔、素敵でした。
いいな。
こういう雰囲気。
d0094416_026744.jpg
サクレ・クールのすぐ横、音楽に合わせてギターを弾くマリオネット。
これ、結構大変なんですよね。
d0094416_0291934.jpg
同じくサクレ・クール。
ラテンな感じの歌でした(笑)。
このお兄さん二人とも、良い声で。
人も沢山集まっていました。
路上のパフォーマンス、私はしたことはないけれど、していた友人のことを思い出したりして。
d0094416_0321478.jpg
パリ市内にも。
この時は「フィガロの結婚」の序曲だったかな?
コメディ・フランセーズの前で。
ついつい立ち止まってしまう。
ああ、いいなあって。
そうそう、この時に声掛けられたんだわ、知らない人に。
「オー、あなたニッポン人ですか?ナツカシイです!ワタシ東京住んでましたよ。アナタ、知り合いの女性によく似ています、彼女は添乗員サンね!!」
と、通りすがりに(笑)。
いやあ、お上手な日本語で!
陽気に「バイバーイ」と去って行きました。
d0094416_037245.jpg
彼は巻き込み形のパフォーマー。
ノートルダムの塔に登る列に並んでいる時、私たちを楽しませてくれてました。
そう、あのマスクを被って通行人にちょっかい出すのです。
ふっと何事もなかったように通行人と並んで歩いてびっくりさせたり、手を繋いでみたり、肩組んでみたり。
反応は人其々。
小さく叫び声をあげたり、笑ってしまったり、泣きそうな子供もいましたね。
d0094416_0432580.jpg
素顔は素敵な紳士でした。



何かを始めよう
停滞した時間を動かさないと
脳裏からこの影を消さないと


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2009-04-26 00:00 | 海の向こう | Comments(2)
Commented by belgium44 at 2009-04-28 00:53
施基さん、こんばんは~♪
施基さんが撮られたフランスの色々な方々、みんないい表情しているね~!
絵を描いているのはわかるけれど、でもパフォーマーの方々も多いのね。
絵描きさんがいい顔しているわ~。
知らない人に、しかも上手な日本語で話しかけられるなんて、これもまた
楽しい旅の思い出ですね!
Commented by shiki_cappa_m at 2009-05-01 00:16
◆さおりさんへ
こんばんは。
ね、なんだかいい表情でしょう?
パフォーマーが多いのはなんだか嬉しいんです。
街中で普通に音楽が流れてたり、夜でもけっこういますから。
それがまた普通に似合うんですよね。
文化だなって。
そうそう、日本語で話しかけたおにーさん(?)!!
何だ、ナンパ??と思って、びっくりしちゃいました(笑)。
でもなんだか良い思い出。
ちょっと楽しかったですよ。

施基


<< 奈良へ思いを馳せてみて FRANCEへ~ボンジュー!マ... >>