鎌倉ランチは和食で如何? oishii

d0094416_2337474.jpg
鎌倉大町にある和食屋さん祥の家
ちょっとずっと気になっていたんです。
でもいつもタイミングが悪くて…やっと。
でもね、やっぱりちょっとだけタイミングが悪くて、楽しみにしていた日替わりの「ひみつのお弁当」が、前のお客さんで終わってしまいました。
そっかー、残念。
でもいいの。
カウンターに座れたし(笑)。
d0094416_23422426.jpg
ほら、美味しそうでしょう!
シラスと海鮮親子丼。
此方は相方さんセレクト。
「シラスの時期っていつだっけ?」
と言いつつ、ぷりぷりいくらにびっくりでした。
d0094416_23442919.jpg
そして海鮮漬け丼!
ご主人が元々は北海道のご出身だそうで、北海道産地直送の美味しいお魚がたっぷりです。
鰤、縞鯵、真鯛、帆立、生蛸、いくら…色々!
こんなに弾けるいくら、ないなあ。
北海道で食べて以来かも(笑)。
ちょっと甘めの出汁醤油もちょうど良いバランス。
美味しいです、幸せです。
ご主人もなんだか第一印象とはちょっと違う、楽しい方。
写真を撮っていたら、「可愛く撮って下さいね」とにっこり。
暖簾をくぐったときはもう少し、頑固っぽく見えてしまったのです…。
でも色々話せるって、カウンター席の特権ですね、ありがとうございます。
そして何気に気になったのが、ずらっと並んだ「越乃寒梅」。
んー、いつかは是非夜に、来てみたいものです。




d0094416_23504044.jpg
若宮大路の銀杏、綺麗に金色です。
休日はやはり人が多く、歩くのが大変だけれど、上を見ると気持ちの良い晴れた空。
d0094416_23532612.jpg
そしてやっぱり最後はね。
美味しい野菜を買っていきましょう。
珍しい葉っぱもありました(すいません、名前を忘れてしまいました…)。
御浸しにすると美味しかったのです。
加熱するとちょっと粘りが出るような、葉っぱ。
鎌倉、好きだわ、私、やっぱり。
今度はこっそり平日に(笑)。



私は私
貴方は貴方
互いがそう認識すること
それからすべては始まる
同一にはなれないから違うことを認識する
そのほうが優しくなれる


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-12-05 00:00 | 鎌倉にて


<< 遠い国からヒトカケラ 秋から冬への散歩道 >>