紅葉という名の

d0094416_19415631.jpg
「行きたいお店があるんだけど、其処でもいい?」
そう言って友人に連れられて行ったレストラン。
道すがら聞いたのは、其処が彼女の元同僚が出した店だということ。
パティシエの勉強をしていた彼女、当時の仕事先の同僚で、イタリアンの勉強をしていた彼が今年、結婚と時を同じくして開いた店。
「tinta autunnale」
これからの時期にぴったりな名前です。
d0094416_1948010.jpg
ご自身も手伝った内装は、赤が基調のこざっぱりと落ち着いた印象。
華やか過ぎず、けれど明るく。
d0094416_19502856.jpg
すぐ通り沿いなのですが、オリーブの木がいい目隠しで。
d0094416_19515036.jpg
では早速!




d0094416_195318.jpg
まずは前菜の盛合わせ。
テリーヌ、これがあるのがまず嬉しい。
大好きですもの。
でも、その隣、黄色いムースのようなもの。
人参のスフォルマートというそうですが、これがふわっふわで!
人参の甘さがこんなにやさしく出るんだなあ、と。
パプリカのマリネも適度な酸味が心地良くて美味しい。
フォカッチャもあるし、前菜だけでもお腹いっぱいになりそうです(笑)。
d0094416_19575478.jpg
私が頂いたのは、仔羊とひよこ豆のラグートマトソースペンネ。
このね、にくにくしいトマトソース(笑)。
ペンネだし、ちょっとワインが欲しくなっちゃうけれど…。
d0094416_2011160.jpg
友人は散々悩んだ結果、鯖とパプリカのトマトソースに。
焼いた鯖の香ばしさとパプリカの甘さで、トマトソースだけどまた違う風味。
此方の方が少しだけど、さっぱりした感じでしょうか。
どちらも好きですけれど、私(笑)。
d0094416_2032841.jpg
デザートはしっかり濃厚プリン。
とろけるようなプリンではなく、しっかりとスプーンですくって、手応えのあるプリン。
甘さが控えめの苦味の効いたカラメル。
たっぷりのバニラビーンズが嬉しいですね。
濃厚デザートで、本当にお腹がいっぱいです。
d0094416_2055829.jpg
友人は此方。
バジルと檸檬のセミフレッド。
不思議な味わい。
もの凄くバジルなんだけど、口の中をさっぱりとした檸檬が広がる。
これは、食後にはいい!
美味しい。
満腹満足!
気付けば一番ゆっくり居座ってしまいました(笑)。
友人も久し振りに会った彼と彼の奥様と、楽しく話が出来たみたい。
そうね、此処には今度、夜、来てみたい。
ゆっくりワインを飲みながらつまんでみたい。
だってそう思わせる黒板とワインが…(笑)。
ふふ、楽しみ。
この後、たっぷり二駅分、のんびり散歩しながら帰りました。
その散歩もなんだか楽しいものでした。
またゆっくり、こんな時間を過ごせるといいなあ。



想像よりも自分はずっと歳を重ねていたんだ
ずっと年取ってたんだ
ショックではないけれど
重く受け止めなければいけないことなんだなあ


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2008-09-16 00:00 | 食道楽なこと


<< 他愛のない風景 糧 >>