美味しい時間の過ごし方

d0094416_23312074.jpg
記憶を懐かしく辿ってみました。
思い出せるでしょうか…。
友人に連れられて行った、というか、ノープランでお任せしてしまった私です(笑)。
だって、現地で美味しいものを知りたい時は現地の方にお任せするのが確かだと思って。
正しかったです。
前菜は美味しいスモークサーモンで。
量もしっかり、野菜もきちんと。
嬉しいですね、いくら添えです(笑)。
大好きなケーパーも。
d0094416_23365451.jpg
メインは牛肉のタルタル!
迷わず、これで!!
なかなか美味しい牛のタルタル、巡り会えないのです。
なので、どうしても食べたくなりました(笑)。
付け合わせがフライドポテトだったのですが、これも大盛。
奥にちょこっと見えるでしょう?
ちょこっとじゃないんですから!
そして何故かこのポテト、とっても甘かったんです。
本当に芋の甘さだけ?と考えてしまうような。
お聞きしたのですが、この時期のお芋が甘いのですよ、とのこと。
そう聞いてもやっぱり甘いよね?甘いなあ、と友人と二人(笑)。
一人じゃ食べきれないくらい。
でも満足。
赤ワインが助けてくれました(笑)。
d0094416_23423961.jpg
デザートは、グレープフルーツのタルト。
さっぱり。
タルト地がしっとりほんのり甘くて。
これを食べ終わる頃はおなかが膨れてしまい大変でした(笑)。
でも幸せ。





d0094416_23453946.jpg
エスプレッソで。
濃い深い珈琲は胃をすっきりさせてくれます。
本来は紅茶派な私。
ティータイムには美味しいケーキと、たっぷりのミルクとちょっとお砂糖で甘くしたアールグレイを。
でも食後に頂くのは珈琲が多いです。
私の中で其々に役目があるのですね。
眠る前、ブランデーをちょこっと入れた珈琲もいいものです。
やっぱり、親しい人と囲む食卓は幸せなことです。
美味しいものも楽しい時間も幾倍かになります。
一人の時間も楽しいけれど、それはこういう時間を楽しむ為に楽しめるのかもしれません。
ここは何処のビストロ?
さて、私の大好きな古都にあるビストロ、とだけ。



毎日毎日必ず
欠かさずに口にする
それはもしかしたら洗脳?
でもそれは大切なこと
きちんと誰かに思いを伝えること
貴方は大切な人です、と
言葉にしないと伝わらないこともあるのだから


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-11-12 00:00 | 食道楽なこと


<< 風が吹いたから行きたくなりまし... その花よりもその存在感が私は好きです >>