クレープは食事になります

d0094416_559438.jpg
こんな線路はなんだか懐かしいような。
折角の鎌倉散策、暫しのお付き合いを。
腹が減ってはなんとやら。お昼も過ぎていたので軽く腹ごしらえを。
d0094416_611127.jpg
この大きなフランス国旗が目印の、クレープリー・アルモリック。
メインの方からちょっと外れた路地にあります。
d0094416_663686.jpg
こじんまりした店内ですが、空間があって、気持ちの良い場所です。なんだか椅子も可愛らしい。つい先程まで、ご近所のおじいちゃんがお一人で来てました。
「悪いね、一人で場所とっちゃってて」
私たちが一つのテーブルに座ると声がかかりました。
「いいえ。ゆっくりしてて下さいね」
d0094416_6102723.jpg
シンプルに、ハムとチーズと玉子のガレットと
d0094416_611814.jpg
春キャベツとピリ辛トマトソースと玉子のガレット。これ、春キャベツを丸ごと一つ使っているのです!
友人と二人で半分こ。
どちらも美味しかったですね。
でもこのキャベツが甘くてトマトソースがちょっとスパイシーで、美味しかった。
結構これでお腹は満足してきました。
d0094416_6144310.jpg
忘れてはいけません、シードル(笑)。
折角だもの。ガレットを頂きながらちょこっと。こちらも久し振りのシードル、美味しかったですよ。
d0094416_617133.jpg
窓の外。
お天気が良ければ、もっと陽の光が入って気持ち良かったのでしょう。テラス席もあったし。これから暖かくなればテラスが気持ち良いですね。
これから向うイタリア気分の前に、フランス気分をちょこっとだけ味わって。
でもその前に行きたいお寺か…!
でも一先ず、お腹も満足。
足取り軽く鎌倉散策始めましょうか。


誰もいない
誰もいない
其処にはただ
1匹の黒猫が
私のことなど気付きもせずに
その肢体を伸ばしている


施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2007-04-25 00:00 | 食道楽なこと


<< 愛でる視線は其々に 鎌倉に行った筈なのに、其処はま... >>