銅版画の面白さ

d0094416_10153216.jpg
8月末日、友人と国立西洋美術館へ。
薄の着物に白赤の博多帯で。
何かと話題の美術館でしたが、思っていたよりも人出が少なく、逆にびっくり。
此方のドイツ銅版画展だったのですが、派手じゃないからかしら、かなりのんびり鑑賞出来ました。
小さな作品が多いので、寄って見ないと楽しさがなかなか分からない。だから良かったです、ゆっくり出来て(笑)。
コピー作品も多く手掛けていたメッケネム、その対比も面白かったです。
そしてこれも久々に、常設展も観てきました。
モネ、あれだけ並ぶとやっぱり良いなあ。
建物も堪能、確かにあの明りの入れ方は美しい。
d0094416_102319100.jpg
ロダン。
ただ、ゆっくり鑑賞するには、暑かった…。




d0094416_10243123.jpg
夜。
予定が飛んでしまったので、一人飲み。
地元の気になっていたお店へ。ちょとどきどき。
料理はフレンチ、日本酒多種!
ちょっとあまり見ない新政を頂きました。
酒を再度酒で仕込む再仕込み貴醸酒、本当に貴腐ワインのような甘さ、でもしつこくはなく、美味しかったです。
これは、うーーん、新政、流石と言うか…。
d0094416_10284599.jpg
そして霧降。
これも美味しかったなー。
目も胃も満足な日でした。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-09-12 00:00 | 観ること | Comments(2)
Commented by hibinosara at 2016-09-18 19:30
ただいま、日本酒古典技法大全を飲みながら施基さんにコメントしてます。
おいしいね。
Commented by shiki_cappa_m at 2016-09-19 07:42
◆ricaさんへ
おはようございます。
すごいタイトルの本だー。と思ったら。
ん??飲みながら?
美味しそうです。

施基


<< ほどほどにね 葉月着物帖 >>