丘の上のチーズ教室

d0094416_1744913.jpg
前回此方に伺った時は桜が終わったばかりの頃。
今は紫陽花が美しい季節、窓から流れ込む爽やかな風が気持ち良い。
実は今回、前回誘ってくれた友人が講師として開催されたチーズ教室に行ってきました。
チーズ盛りだくさん、ちょこっとワインと楽しい時間でした。





d0094416_178414.jpg
ふわん、と良い匂い。
d0094416_1785230.jpg
季節を選ぶ珍しいチーズ、セージ・ダービー。
このグリーンはほうれん草のエキスと、セージから出来ているんです。
d0094416_17103246.jpg
大好きなシェーブルは、サント・モール・ドゥ・トゥーレーヌ。
くらくらしちゃうくらい良い匂いでそれだけで幸せ。
d0094416_17114687.jpg
この木はオリーブの木だそうです。
折れたオリーブの枝を切って、1年間干して、オイル塗ってまた干して。
存在感がすごいです、エネルギーもまだ満ちてます。
d0094416_17131937.jpg
パンは勿論藤野先生のパン!
d0094416_17142843.jpg
ピクルスやサラダ、デザートまで、チーズに合わせて。
d0094416_17153483.jpg
ペコリーノトスカーノはちょうどよくしっとりと口の中に広がる。
d0094416_17163584.jpg
ガレ・ド・ラ・ロワール!とろんとろんウォーッシュ!
これが先生のパンとぴったりなんです、クラッカーじゃバランスが合わないのです。
少しずつ、でもおかわりオッケー(笑)、勿論おかわり。
d0094416_17184088.jpg
砕いて食べるのと削って食べるのとでは食感も味も少し変わる、パルミジャーノレッジャーノ。
いいなあ、チーズ。
ワインもちょこっと頂いて、ほろほろと良い気分。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-06-21 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)


<< 一人の夜はキャンドルを 房総から我家で芽吹き >>