一人贅沢な夜

d0094416_15162189.jpg
「これから一人で伺っていいですか?5分で着きます」
と思い立って急遽伺った鎌倉の割烹波と風さん。
奥様(女将)がバーテンダーということでちょっと珍しく興味深々だったのですが、残念ながら、いやおめでたいことに産休に入られたとのこと。
なので、おとなしくスパークリングワインで。
d0094416_15202367.jpg
アラカルトでお願いして、先付に明石の手長蛸の旨煮。
頭も丸ごと頂けるこの蛸、頭が美味いです、ほんとに。
d0094416_15214930.jpg
そして穴子のお造りは、皮目だけ香ばしく炙ったものです。
これがねー、塩がいいです私、山葵と塩!
ふんわりと香ばしく甘みはきゅっとちゃんと穴子なのです。
d0094416_15235254.jpg
「お勧めは何ですか?」と聞いたところ、暫し迷って、「すっぽんの玉蒸し、茶碗蒸しなんですけどね、天然のすっぽんが久し振りに入ったんで。美味しいですよ、珍しいし」と仰る。
これがねー、びっくりぽん!
こんなに力強い茶碗蒸しは初めてです、私。
どかん!だけどやわらかく優しい卵で包んでくれる、なんとも言えなく美味しい。
明日はきっと肌とゅるんとゅるんです(笑)。
d0094416_15275325.jpg
天然山菜天、蓮根プラス。
行者にんにくに、蕗の薹、たらの芽、うこぎ、あと一つ、何だっけ…?
さくっと軽やかなこの揚げ具合、流石です。
此処、先程の穴子とは違う塩を出してくれましたが、この塩も手作りだそうです。
塩になんとか、という何かを加えてさらっさらな塩にしていまして、このさらっさら具合が天麩羅の軽さに丁度いいのです、要するに美味しい。
d0094416_15323150.jpg
で、蕎麦で〆。
「最後に蕎麦、是非食べて行って頂きたいんですよね」なんて言うから、山菜天と蕎麦。
入口隣に石臼があり、十割で蕎麦を打っているそうで、いやだから美味しいんです(笑)。
そして十割だからこその濃い蕎麦湯!蕎麦湯だけでも飲みたくなります!
ちょっと食べすぎた感あり、ちょっと怖い。
アラカルト、お値段書いてないからね(笑)。
でも私の想定内、ではありました、ぎりぎりではありましたけどね、いや、ちょい出?いやいや、クオリティを見れば不服はございません。
ちなみに、コースは¥6000、¥8000、¥10000です。
女将復活したら、ちょこっと来ようかな。
頻繁には来られないけど、一人贅沢にはいいかもね。
d0094416_15383858.jpg
さ、帰ります。
でもね、まだこんな時間なのですよ。




d0094416_15392138.jpg
そんな訳で2軒目です(笑)。
湘南ファームさんで、美味しいワインとチーズです。
d0094416_15411633.jpg
共働学舎笹雪、二世古ミモレット、江丹別の青いチーズをセレクトして頂きましたが、しまった、どれも大好きだ。
d0094416_1544818.jpg
そしてもっとしまった!やちゃった!!
すんごく美味しい、このワイン。
「今はこれがダントツ絶品です。だってほら」と店主が言うからー。
しかも、このワイン、来年以降は作らないかもしれないらしい。
人づてだけど、この葡萄の木を伐採しちゃったらしいとか?
なーんでもったいなーーーーーーーーい!!
d0094416_15471794.jpg
ものすっごく、大事に飲みました(笑)。
この品種がすごいのかなあ。
この品種の他のワインも飲みたくなりました。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-07 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)


<< 筍アレンジ 旬は美味しい >>