旬は美味しい

d0094416_23203266.jpg
初物、筍。
JAの直売所で買う。
「これはね、今掘って来たばっかりだから。筍は掘り立てがいいの、騙されたと思って一番大きいの買ってみて、おっきいの!美味しいから!」
筍を並べながらおばちゃんが言う。
「掘り立ては灰汁抜きしなくていいから、皮剥いてそのまま茹でてね。糠いらない!そのまんま!竹串通ったらそのまま食べれるから、ね!!」
勢いに負ける。
ついつい手に取る2番目に大きい筍(一番大きいのは特大サイズで、隣にいたおじちゃんがかごに入れた)。
「帰ってすぐ茹でてね、私んとこのは美味しいから。覚えて帰ってね!」
…こんだけ喋ってればきっと皆覚えてるよ、おばちゃん、いや、ともちゃん。
d0094416_23265035.jpg
そしてそれは間違っていなかった。
写真にはないけれど、筍ご飯も刺身も柔らかく甘く香り良く、そのままで十分に美味しいのだ。
翌日、若竹煮。
これまた出汁を吸った若布が美味しい、おまけに入れた里芋も美味しい。
筍に木の芽の香りが移ってまた爽やかだ。
やはり鮮度が命。
本当に美味しかった。
来週も買いに行ってしまいそうな自分がいる。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2016-04-05 00:00 | 食道楽なこと | Comments(0)


<< 一人贅沢な夜 お花見DRIVE >>