青紅葉を求めて~むろまちのカウンターで

d0094416_18291841.jpg
今回行きたかったお店、むろまち 加地さん。
カウンター8席と個室が一つ、こざっぱりと落ち着く空間です。
ちょっと行ってみたくて「一人でもいいですか?」と予約しました(笑)。
京都の楽しい夜です。





d0094416_1834542.jpg
まずはの八寸、これが素敵。
枝豆を炊いたものとサーモンの和え物、あまごのから揚げ、とうもろこしの天ぷら、青菜にからすみ雲丹のせ、もずくの中華風、これだけでも目に楽しい、勿論胃も喜ぶ。
d0094416_18371480.jpg
飲兵衛だもの、仕方がないでしょ、ほやとこのわたの塩辛(笑)。
爽やかな香り、綺麗なお仕事で風味も抜群、お酒が進んじゃう。
d0094416_18384082.jpg
ほらほら(笑)。
色々とお気遣い頂き、お酒も料理も程好い量で提供してくれました、ハーフサイズくらいで色々食べたいでしょ、と。
そんな訳で、会話しながら色々相談しつつ迷いつつ。
d0094416_18413761.jpg
我儘第一弾は鱧尽くし。
お造りはいいので、鱧と鯖寿司は食べたいです、と申し入れましたら、鱧3種に鯖寿司、鬼灯に魚そうめんと水茄子。
鱧3種は嬉しいですね、刺身に落としに炙り。
今年の初鱧は明石の鱧、勿論美味しく頂きましたが、この鬼灯もとても美味しかった!
d0094416_18451661.jpg
和風グラタン、と言っていましたが、クリームやチーズは使っていないので、変り茶碗蒸し、と言った感じでしょうか。
出汁がね、鮑の煮汁と海老味噌なんですよ、これがふわあっと口に広がるんです。
はあ、幸せ。
d0094416_18483647.jpg
そして鶏の肝煮。
量は調整して頂いています。
しっとりと柔らかい。
ふふ、満足です。
あ、その前にホワイトアスパラガスを頂いたのでした。
これも実に太くて甘くて良いホワイトアスパラガスでした。
流石にご飯2合は頼めないなあ、なんて。実はね、お隣り合わせたご夫婦とポツリポツリとたまにお話していたのですが、生姜ご飯をお裾分けして頂きました!嬉しい!ありがとうございます!!
そろそろね、お席を次の方に譲らないとね(笑)。
お話していたら、店主は同い年と言うことも判明、勝手に親近感で居心地良くなってしまいました。
楽しかった!
ぐじを食べていないのがちょっと心残りだけれど、それはまた次回のお楽しみにしておきましょう。
さて。
さてさて?
楽しい夜はこれでお仕舞い?
此処は五条、ふふ、とホテルとは反対方向に道を下り、携帯電話を手にした私でした。



施基
[PR]
by shiki_cappa_m | 2015-06-23 00:00 | 京都にて | Comments(0)


<< 青紅葉を求めて~ホワイトアスパ... 青紅葉を求めて~御寺から >>